「みやだい」の日記

みやだい日記 * タグ[吹奏楽]の日記一覧

109件中 15件目の記事

■投稿日時:2018/06/18(月) 14:03  ■カテゴリ:MUSIC

土曜日に演奏会を終えました。基本的にオーケストラのサウンドにこだわった団体ですが、今回は1部に吹奏楽的な曲もありました。今回の演奏会を通じてのオーケストラと吹奏楽の違い等の感じた事として書いてみます。

・演奏会プログラム
演奏会プログラム演奏会プログラム
1部、ファンファーレと山寺。降りだったのでこの団体で純吹奏楽曲をやるとどんな風に聞こえるかと思っていましたが、やはりいつものオケ風サウンドとは違った元気な感じで新鮮でした。ただコントラバスが3本なのでベースはその印象が強いですね。イングリッシュホルンも存在感があり、オプション的な扱いですがサウンドが変わることを実感しました。静かな所では低音の音の中にファゴットの成分もしっかり感じる事が出来ました。よく吹奏楽ではファゴットが聞こえないと言われますが、編成バランス、サウンドバランスが適正であれば聞こえます。もちろんいたずらに騒がしい曲でなければ。

パヴァーヌは金管についてはホルン2本のみであとは降りという思い切った編成。1人1人の音がより聞き取りやすいすっきりしたサウンドでオーケストラのような繊細なサウンドを作っていました。一般的に吹奏楽はオーケストラと比べて編成や作品自体に「全員参加」的なニュアンスを感じる事があるのですが、こういう曲もぜひ取り入れて挑戦してほしいなと思います。金管が暇ならロビコンでアンサンブルをやる手もありますね。いずれも少人数でのアンサンブルは良い経験になります。

・ステージ上のコントラファゴット
ステージ上のコントラファゴットステージ上のコントラファゴット
出番の2部、大学祝典序曲と三角帽子、サウンドががらりと変わります。吹奏楽と比べてオーケストラの曲は音が薄く、弱奏部分の割合が多いです。弦楽器のサウンドを木管楽器中心に演奏し、金管楽器はあまり吹かないアレンジにすることで弱奏の雰囲気を作り、盛り上がるところと音量のメリハリが付きます。バスクラやバリサクはチェロパートですが、ユーフォなどを無理に加えないほうがすっきりしますね。ベースもチューバは大きい所だけで終始コントラバスが支配し、そこに補強的にコントラファゴット(今年は居ませんが例年はコントラバスクラ、バスサックスも)が加わります。こんなサウンドなのでファゴットの音もよく通ります。それぞれの楽器が難しい曲ですが、経験豊富な大人が多くプロの方も入っているので、良い演奏ができたと思います。

いつも思うのはお客さんの客層がどういう方々なのかということ。楽章間や曲の途中の盛り上がった後で拍手が入る場合もあります。あくまで吹奏楽団の演奏会なのでオーケストラの曲について詳しくないからかもしれませんが、ちょっと気にはなります…。

自分がファゴット吹きということもあり、吹奏楽の元気すぎてお互いを殺し合うサウンドはあまり好きではなく、この団体のようなオーケストラサウンド、原調、全楽章というコンセプトはすごく良いと思っています。軍楽隊が元になっている吹奏楽は音量が大きくオーケストラとは別物ではありますが、表現の幅を広げるにはオーケストラのサウンドも参考の1つになると思います。吹奏楽でもファゴットとコントラバスによるベースサウンドが可能だし、Fl,Ob,Cl,Fgのアンサンブルのサウンドも可能です。そのためには全体の音量を「落とす」、編成を「減らす」などの意識的な調整が必要になります。パヴァーヌは分かりやすい例で、1人1人の主体性が必要で負担が大きくなりますが、良い経験になります。吹奏楽の可能性はもっと大きいものなので、ぜひこういうスタイルの演奏も広まるといいなぁと思います。

・演奏会ホール
演奏会ホール演奏会ホール

東京リサーチ合奏団 第44回定期演奏会


【日時】2018年6月16日(土) 開場14:00/開演14:30
【場所】練馬文化センターこぶしホール
【指揮】鈴木 聡
【入場料】1,500円
【曲目】
・M.ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」第1組曲、第2組曲
・C.ウイリアムズ:ファンファーレとアレグロ
・M.ラベル:亡き王女のためのパヴァーヌ
・福島 弘和:山寺にて-奥の細道の奥-
・J.ブラームス:大学祝典序曲
アンコール:
・マスカーニ:カヴァレリア ルスティカーナより間奏曲
・近藤雅俊:バースデーマーチ
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会後記 吹奏楽 管弦楽 コントラファゴットコメント(0)

■投稿日時:2018/06/13(水) 09:48  ■カテゴリ:MUSIC

今回も例年通り東京リサーチ合奏団の演奏会にコントラファゴットで参加します。オーケストラスタイルにこだわる吹奏楽団で、選曲やサウンド作りなど一般的な吹奏楽団とは違った雰囲気を感じられると思います。曲目的に静かな部分も多く、弦楽器の弱奏部分を管楽器で派手にならないように響かせるサウンドは聴きどころです。そのため埋もれがちなファゴットもよく音が通って活躍します。吹奏楽でもこういうサウンド作りもあるんだと刺激になると思います。また各パートの要所にはプロの人も入っていて、練習でもその素晴らしい表現力にとても刺激になっています。

今回もコントラファゴットを演奏します。出番は多くはありませんが、今回はコントラバスクラやバスサックスがいないので、3人のコントラバスと共にベースサウンドを豊かにしてきます。アレンジの特徴としてベースはチューバはよほど大きい所しか吹かず、コントラバスや木低がメインというアレンジになっています。これも吹奏楽としは珍しいですよね。

・演奏するコントラファゴット
ハードケース内のコントラファゴットハードケース内のコントラファゴットコントラファゴット練習風景コントラファゴット練習風景練習場のコントラファゴット練習場のコントラファゴット
年齢層も高く経験豊かな奏者達によるオーケストラのサウンドにこだわった大人の吹奏楽サウンド、ぜひ刺激を受けに来て下さい!

東京リサーチ合奏団 第44回定期演奏会


【日時】2018年6月16日(土) 開場14:00/開演14:30
【場所】練馬文化センターこぶしホール
【指揮】鈴木 聡
【入場料】1,500円
【曲目】
・M.ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」第1組曲、第2組曲
・C.ウイリアムズ:ファンファーレとアレグロ
・M.ラベル:亡き王女のためのパヴァーヌ
・福島 弘和:山寺にて-奥の細道の奥-
・J.ブラームス:大学祝典序曲
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会案内 吹奏楽 コントラファゴットコメント(0)

■投稿日時:2018/04/12(木) 12:00  ■カテゴリ:MUSIC

今週末に毎年賛助出演している吹奏楽の演奏会があります。

2部のシンフォニックステージで演奏する曲はセドナ、ノーマン・ロックウェル組曲、ミス・サイゴンで、それぞれファゴットに見せ場があります。セドナは後半にクラリネット、ファゴット、フルートによる目立つ絡みがあります。ノーマン~の作曲者の広瀬先生の作品は過去にも演奏し、今回もお越しいただいてご指導も頂きました。3楽章はファゴットのソロのテーマから始まるという珍しい構成になっています。ミス・サイゴンはヨハン=デ=メイらしいオーケストレーションで、ファゴットも1つの色として活かされていてやりがいのある曲です。これほどファゴットを活かせてもらえる曲目なので緊張する場面も多いですが、良い演奏となるように頑張ります。3部はいつものようにびっくりするような衣装で楽しいステージを作り上げます。よろしければお越しください!

・練習風景
ファゴット練習風景ファゴット練習風景

新宿区吹奏楽団 第29回 定期演奏会


【日時】2018年4月15日(日) 13:00開場/13:30開演
【場所】新宿文化センター 大ホール
【指揮】石津 成人
【入場料】入場無料
【曲目】
■第1部 【招待演奏】
新宿区立落合第四小学校 ブラスバンド 顧問:小田 与志子
・ドレミの歌
・ロック・アラウンド・ザ・クロック
・勇気100%
・A列車で行こう …etc.
■第2部 シンフォニック ステージ
・セドナ/S.ライニキー
・ノーマン・ロックウェル組曲/広瀬 勇人
・ミス・サイゴン/C=M.シェーンベルク(編曲:ヨハン・デ・メイ)
■第3部 ポップス ステージ
・ディズニーヴィランズ・メドレー
・コンチェルト・グロッソ (サックスカルテットと吹奏楽のための)
・海の見える街 ~映画「魔女の宅急便」より~
・ウルトラ大行進!
・シャンソン・メドレー ~モンマルトルの小径~
https://www.doremi.or.jp/shinjuku/
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会案内 吹奏楽 ファゴットコメント(0)

■投稿日時:2018/03/26(月) 20:12  ■カテゴリ:MUSIC

横浜市立桜丘高校 第7回OB・OGジョイントコンサートを無事盛大に終えました。

ホームグラウンドのみなとみらいホールに約200人が集まり、今回も桜丘らしい温かい演奏会を作り上げました。指揮は足立先生(他校へ離任後現在本校副校長)、小澤先生(前顧問)、椛澤先生(現顧問)の歴代3人の顧問でつないだ、桜丘オールスターの演奏会でした。足立先生の作り上げたあの温かい和やかな雰囲気、サウンド、人間性、それを受け継いでつながっているというのを感じられました。それを各先生方と現役・OBOGと世代を超えて共有できて良かったです。皆演奏スキルが高くてサウンドよく調和して安心感があり、ファゴットの皆も本当に上手くて頼りになります。

・リハーサルの様子
みなとみらいホールの客席みなとみらいホールの客席みなとみらいホールのステージみなとみらいホールのステージ
♪各曲について:

・1部:現役ステージ
ローマの祭り、他(裏に居たので聞けてない)

・2部:OBOGステージ(約140人)
セレモニアルマーチ、ファンファーレで華やかに始まるマーチ、6人のファゴットで奏でるトリオの旋律が良かったです。
カンタベリーコラール、美しくも緊張感の連続で難しい曲。ファゴットも目立つので緊張し少し消極的になりましたが頑張りました。
もののけ姫、冒頭の緊張感のある静けさの中の豊かな残響に始まり、大人数で作る豊かな響きが本当に美しかった。
ブラボーブラス、スタンドプレイや傘を使った演出もあり桜丘らしいはじける楽しいポップスになりました。

・3部:ジョイントステージ(約200人)
ゴジラ、巨大編成の中でコントラファゴットで重厚に力強くバリバリ吹いて楽しみました。一番ゴジラっぽい楽器ですから。でもちょっと張り切りすぎたかな(^^;)
春の猟犬、コントラファゴットにて。当時の顧問の足立先生の指揮で感慨深く、音1つ1つ丁寧に感情を込めて演奏できました。
サザンオールスターズ、こちらも桜丘ポップスで楽しみました。
さくら(合唱)、本気で歌いました。桜丘吹は合唱もやっていて、洗練された澄んだ声がホールに響きました。歌詞は切なくも素直で前向きで清々しく、桜丘にぴったりの曲で温かい空気になったと思います。
ディスコキッド、掛け声とかアドリブやったりとか、とにかく思い切り楽しみました。

アンコールは桜丘定番の木陰の散歩道。仲の良さが感じられる演出のある素朴な曲で一体感を楽しみました。ダブルアンコールで急遽2回演奏し、指揮者は椛澤先生から足立先生にバトンタッチし、盛大に終演しました。

世代を超えた一体感、本当に楽しい演奏会で幸せな時間でした。温かく優しい雰囲気に包まれて居心地が良く、清々しい気持ちでした。社会に出てからはなかなか味わえない素直で純粋な感覚です。素晴らしい母校を持てて本当に幸せです。先生方、運営スタッフの方々、現役の子達、OBOGの皆さん、素晴らしい演奏会をありがとうございました。自分の大切な音楽の原点として、これからも大切にしていきます。

・演奏会を終えたみなとみらいホール
みなとみらいホールのステージみなとみらいホールのステージ
そして足立先生は、二度とないと思っていた青ブレの前での指揮がまたできて幸せだとおっしゃっていましたが、4月から再び他校へ移られます。でも今回は、前回の離任の時の悲しい雰囲気とは違い、先生の幸せそうな姿が見られて良かったです。足立先生は今後もずっと桜一家の一員です!

大盛り上がりの打ち上げでの過去の演奏会の映像。今は減りましたがピーク時は現役がこんな大人数の時代もありました。ファゴットも1学年2~3人!
高校の演奏会高校の演奏会
P.S.参加したOBOGの中でも自分はほぼ最年長世代となってしまいました。同学年は0で近い学年もほぼ居ない、とても寂しい状況でした。今後の機会にぜひご参加下さい!

横浜市立桜丘高校 第7回OB・OGジョイントコンサート


【日時】2018年3月24日(土) 開場17:30 開演18:00
【場所】みなとみらいホール 大ホール
【指揮】椛澤風太、小澤哲朗、足立昭夫
【入場料】S席:600円、A席:500円、P席:200円
【曲目】
・第1部 現役ステージ
虹色の未来へ
ローマの祭り
トゥッティ
キューティーハニー
・第2部 OB・OGステージ
セレモニアルマーチ
カンタベリーコラール
もののけ姫セレクション
ブラボーブラス
・第3部 ジョイントステージ
ゴジラファンタジー
春の猟犬
サザンオールスターズコレクション
さくら
ディスコキッド
・アンコール
木陰の散歩道(2回)
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会後記 吹奏楽 ファゴット コントラファゴット 横浜コメント(0)

■投稿日時:2018/03/23(金) 00:27  ■カテゴリ:MUSIC

普門館といえば一昔前まで吹奏楽コンクール全国大会の中学と高校の部が開催されていた施設です。そのため「吹奏楽の甲子園」とも言われて親しまれている吹奏楽の聖地です。そんな普門館が解体されるという悲しいニュースが昨日22日に飛び込んできました。

普門館は東京都杉並区にある宗教法人「立正佼成会」が所有するホールで、1970年4月28日に落成しました。約5000人という巨大なキャパシティを持っています。音楽用ホールとして設計された訳ではないが、カラヤン指揮のベルリンフィルらが来日公演を行っています。吹奏楽コンクール全国大会でも1972年と1977年から2011年まで(2005年を除く)使用されています。

普門館は東日本大震災をきっかけに耐震調査を行った結果、震度6以上で天井の崩落の恐れがあることが明らかになり、2012年から使用を中止していました。その間、中学・高校の全国大会の会場は同じく巨大なホールである名古屋国際会議場センチュリーホールにその場を移しています。そして昨日、立正佼成会から今年の冬に解体する事が発表されました。

吹奏楽関係が多い私のFacebookにも解体を惜しむ声があふれています。私は高校では東関東大会までしか出場していませんが、大学の東京都大会(地方大会相当)で普門館で演奏したことがあります。空間がかなり広大で音が吸い込まれるデッドな響きという感じで、一般的なホールとは演奏感覚が大きく異なるので戸惑いました。あの黒い床も独特な雰囲気を作っています。演奏環境としては最適とはいえないかもしれませんが、コンクールの最上級クラスとしての風格がありました。

実はそんな「普門館の床」を持っています。とある吹奏楽関係者からもらいました。これはますます貴重な宝物になりそうです。
普門館の床普門館の床
普門館が吹奏楽コンクールの目標、憧れとして果たしてきた役割はとても大きいです。沢山の生徒が青春をかけてきた想いが詰まっています。そのシンボルが解体されるというのは悲しいことです。これを期に久しぶりに元吹奏楽員で集まって語り合ってみてはいかがでしょうか。普門館世代で語り継いで心の中に残していきたいですね。

【関連】日記「吹奏楽コンクールの新たな聖地?~名古屋国際会議場」



タグ:音楽 吹奏楽 東京 吹奏楽コンクールコメント(0)