みやだい日記 * タグ[ファゴット]の日記一覧

「みやだい」の日記

184件中 15件目の記事

■投稿日時:2018/04/17(火) 13:34    ■カテゴリ:MUSIC

4月になり吹奏楽部、管弦楽部で新入生が入る時期になりました。そこで改めてファゴットの扱い方のおさらいをしましょう。特に置き方について重要な3つの注意点があります。

1.角への立て掛けは禁止。倒れて破損します。
ファゴットは角への立て掛けは禁止ファゴットは角への立て掛けは禁止
2.椅子や机に横に置くときは必ず底にたまった水を抜く。防水加工になってないベル側の管が腐ります。(U字管を外すか、分解しダブルジョイント細い側から水を出す)
ファゴットを横に置くときは水を抜いてからファゴットを横に置くときは水を抜いてから
3.水分がたまった状態ではベル側に水が流れないように持つ。(持ったりひざの上に置くときもベルは下向けない)
ダブルジョイントの太い側に水を流してはいけないダブルジョイントの太い側に水を流してはいけない
ファゴットを扱う上でとても重要な基本事項です。先輩がやってしまっている事もあるでしょうが、これを機会に直して下さい。高い楽器でもあるので、壊したり腐らせたりして弁償することにならないよう、正しく大切に扱いましょう。

この手間を軽減するのがスタンドです。ハーキュレスのバスクラリネット/ファゴット兼用のスタンドが安くて6000円で売ってるのでぜひご検討を。



・ファゴットのスタンド(リーズンスタッフ製)
ファゴットはスタンドを使うべきファゴットはスタンドを使うべき
また顧問の先生はこういう手間のかかる楽器だという事をぜひ理解してあげて下さい。ファゴットは大切に扱えば長く使える楽器です。大修理をしたり買い換えたりすると大きな出費になりますので、大切に受け継いでいって下さい。



タグ:音楽 ファゴット ファゴットの扱い方コメント(0)

■投稿日時:2018/04/12(木) 12:00    ■カテゴリ:MUSIC

今週末に毎年賛助出演している吹奏楽の演奏会があります。

2部のシンフォニックステージで演奏する曲はセドナ、ノーマン・ロックウェル組曲、ミス・サイゴンで、それぞれファゴットに見せ場があります。セドナは後半にクラリネット、ファゴット、フルートによる目立つ絡みがあります。ノーマン~の作曲者の広瀬先生の作品は過去にも演奏し、今回もお越しいただいてご指導も頂きました。3楽章はファゴットのソロのテーマから始まるという珍しい構成になっています。ミス・サイゴンはヨハン=デ=メイらしいオーケストレーションで、ファゴットも1つの色として活かされていてやりがいのある曲です。これほどファゴットを活かせてもらえる曲目なので緊張する場面も多いですが、良い演奏となるように頑張ります。3部はいつものようにびっくりするような衣装で楽しいステージを作り上げます。よろしければお越しください!

・練習風景
ファゴット練習風景ファゴット練習風景

新宿区吹奏楽団 第29回 定期演奏会


【日時】2018年4月15日(日) 13:00開場/13:30開演
【場所】新宿文化センター 大ホール
【指揮】石津 成人
【入場料】入場無料
【曲目】
■第1部 【招待演奏】
新宿区立落合第四小学校 ブラスバンド 顧問:小田 与志子
・ドレミの歌
・ロック・アラウンド・ザ・クロック
・勇気100%
・A列車で行こう …etc.
■第2部 シンフォニック ステージ
・セドナ/S.ライニキー
・ノーマン・ロックウェル組曲/広瀬 勇人
・ミス・サイゴン/C=M.シェーンベルク(編曲:ヨハン・デ・メイ)
■第3部 ポップス ステージ
・ディズニーヴィランズ・メドレー
・コンチェルト・グロッソ (サックスカルテットと吹奏楽のための)
・海の見える街 ~映画「魔女の宅急便」より~
・ウルトラ大行進!
・シャンソン・メドレー ~モンマルトルの小径~
https://www.doremi.or.jp/shinjuku/
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会案内 吹奏楽 ファゴットコメント(0)

■投稿日時:2018/04/03(火) 11:10    ■カテゴリ:MUSIC

バソンとはビュッフェ式(フランス式)のファゴットのことです。現在主流のヘッケル式(ドイツ式)のファゴットと比べると数は圧倒的に少ないですが、現在日本で見かけるメーカーとしてはビュッフェ・クランポン(Buffet Crampon)とデュカス(Ducasse)があります。かつてはクランポン同様にサックスやクラリネットで有名なヘンリー(アンリ)・セルマー(Henri Selmer)も製作していましたが現在はラインナップから消え、そこから独立した技術者のブランドがデュカスのようです。

・ファゴット(シュライバー)とバソン(クランポン)の外見の違い
ファゴットとバソンファゴットとバソン
日本でバソンを最も扱っているであろうアトリエアルファで以前試奏したところ、クランポンの方が音が細くて操作が若干難しく、デュカスの方が音が太くて操作がしやすい感じでした。クランポンは伝統を守っている楽器、デュカスはファゴットに似せて進化させている楽器という印象を受けました。デュカスの特徴としては以下が挙げられます。

・ダブルジョイントにファゴットと同じ親指Bbキーが追加されている
・ダブルジョイントにファゴットと同じ2つのF#キーがある(Fキー連動も)
・ダブルジョイントのLowEホールがカバードキーの仕様もある
・ファゴット同様にハンドレストが付いている

さらにデュカスについて調べたところ、こちらのページに行き当たりました。このデュカスは特注だとは思いますが、面白い動きがあります。
https://www.darynzubke.com/ducasse-french-bassoon/
※リンク先の画像を参照下さい(画像を引用しない主義なので)

・左手小指にあったウィスパーキーとC#キーがファゴットと同じように親指に移動している
・左手親指にあったLowEb,Dbキーがファゴットと同じように小指に移動している

このようにバソン特有の機構が、ずいぶんファゴットに近い機構に変化しているものでした。特に中低音はほぼファゴットと同じ運指で演奏が可能です。ここまでファゴットに寄せた構造にしていることに、正直驚きを感じました。

機構以外にも、試奏した時にはデュカスの方が管が太く、ファゴットに近い柔らかい豊かな響きという印象を受けました。音量の大きさ、音程の正確さを求めてファゴットの方が選ばれてきた時代の流れに沿った変化といえるのかもしれません。機構がファゴットに近いということは、ファゴットからの転向がしやすいということでもあり、バソンに興味がある私にとっても障壁が下がった気がします。

近年オフィクレイド(テューバの前身、ベルリオーズの幻想交響曲などで使用)などピリオド楽器のリバイバルブームが来ているようですが、バソンも注目を集めているのかもしれません。思えばラヴェル、ドビュッシーなどフランスの作曲者はバソンを想定しているはずです。バソンの方が音に主体的な存在感があり、高音域も軽々と歌い上げることができます。現在はフランス料理にドイツの味付けをしているようなもので、本質を求めていずれバソンも使う時代が来るのかもしれません。バソン参入障壁を下げるデュカスがどのぐらい普及するのか、どのように変化していくか、今後も追っていきたいと思います。

・ファゴットとバソンの比較演奏


P.S.ここまでバソンに興味を深めている状況なので、日本バソンの会に入会すべきですかね(^^;

【関連】
・日記:「ファゴット」と「バソン」の違い
・日記:ビュッフェ・クランポンとデュカスのバソンを試奏しました



タグ:音楽 バソン ファゴットコメント(0)

■投稿日時:2018/03/26(月) 20:12    ■カテゴリ:MUSIC

横浜市立桜丘高校 第7回OB・OGジョイントコンサートを無事盛大に終えました。

ホームグラウンドのみなとみらいホールに約200人が集まり、今回も桜丘らしい温かい演奏会を作り上げました。指揮は足立先生(他校へ離任後現在本校副校長)、小澤先生(前顧問)、椛澤先生(現顧問)の歴代3人の顧問でつないだ、桜丘オールスターの演奏会でした。足立先生の作り上げたあの温かい和やかな雰囲気、サウンド、人間性、それを受け継いでつながっているというのを感じられました。それを各先生方と現役・OBOGと世代を超えて共有できて良かったです。皆演奏スキルが高くてサウンドよく調和して安心感があり、ファゴットの皆も本当に上手くて頼りになります。

・リハーサルの様子
みなとみらいホールの客席みなとみらいホールの客席みなとみらいホールのステージみなとみらいホールのステージ
♪各曲について:

・1部:現役ステージ
ローマの祭り、他(裏に居たので聞けてない)

・2部:OBOGステージ(約140人)
セレモニアルマーチ、ファンファーレで華やかに始まるマーチ、6人のファゴットで奏でるトリオの旋律が良かったです。
カンタベリーコラール、美しくも緊張感の連続で難しい曲。ファゴットも目立つので緊張し少し消極的になりましたが頑張りました。
もののけ姫、冒頭の緊張感のある静けさの中の豊かな残響に始まり、大人数で作る豊かな響きが本当に美しかった。
ブラボーブラス、スタンドプレイや傘を使った演出もあり桜丘らしいはじける楽しいポップスになりました。

・3部:ジョイントステージ(約200人)
ゴジラ、巨大編成の中でコントラファゴットで重厚に力強くバリバリ吹いて楽しみました。一番ゴジラっぽい楽器ですから。でもちょっと張り切りすぎたかな(^^;)
春の猟犬、コントラファゴットにて。当時の顧問の足立先生の指揮で感慨深く、音1つ1つ丁寧に感情を込めて演奏できました。
サザンオールスターズ、こちらも桜丘ポップスで楽しみました。
さくら(合唱)、本気で歌いました。桜丘吹は合唱もやっていて、洗練された澄んだ声がホールに響きました。歌詞は切なくも素直で前向きで清々しく、桜丘にぴったりの曲で温かい空気になったと思います。
ディスコキッド、掛け声とかアドリブやったりとか、とにかく思い切り楽しみました。

アンコールは桜丘定番の木陰の散歩道。仲の良さが感じられる演出のある素朴な曲で一体感を楽しみました。ダブルアンコールで急遽2回演奏し、指揮者は椛澤先生から足立先生にバトンタッチし、盛大に終演しました。

世代を超えた一体感、本当に楽しい演奏会で幸せな時間でした。温かく優しい雰囲気に包まれて居心地が良く、清々しい気持ちでした。社会に出てからはなかなか味わえない素直で純粋な感覚です。素晴らしい母校を持てて本当に幸せです。先生方、運営スタッフの方々、現役の子達、OBOGの皆さん、素晴らしい演奏会をありがとうございました。自分の大切な音楽の原点として、これからも大切にしていきます。

・演奏会を終えたみなとみらいホール
みなとみらいホールのステージみなとみらいホールのステージ
そして足立先生は、二度とないと思っていた青ブレの前での指揮がまたできて幸せだとおっしゃっていましたが、4月から再び他校へ移られます。でも今回は、前回の離任の時の悲しい雰囲気とは違い、先生の幸せそうな姿が見られて良かったです。足立先生は今後もずっと桜一家の一員です!

大盛り上がりの打ち上げでの過去の演奏会の映像。今は減りましたがピーク時は現役がこんな大人数の時代もありました。ファゴットも1学年2~3人!
高校の演奏会高校の演奏会
P.S.参加したOBOGの中でも自分はほぼ最年長世代となってしまいました。同学年は0で近い学年もほぼ居ない、とても寂しい状況でした。今後の機会にぜひご参加下さい!

横浜市立桜丘高校 第7回OB・OGジョイントコンサート


【日時】2018年3月24日(土) 開場17:30 開演18:00
【場所】みなとみらいホール 大ホール
【指揮】椛澤風太、小澤哲朗、足立昭夫
【入場料】S席:600円、A席:500円、P席:200円
【曲目】
・第1部 現役ステージ
虹色の未来へ
ローマの祭り
トゥッティ
キューティーハニー
・第2部 OB・OGステージ
セレモニアルマーチ
カンタベリーコラール
もののけ姫セレクション
ブラボーブラス
・第3部 ジョイントステージ
ゴジラファンタジー
春の猟犬
サザンオールスターズコレクション
さくら
ディスコキッド
・アンコール
木陰の散歩道(2回)
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会後記 吹奏楽 ファゴット コントラファゴット 横浜コメント(0)

■投稿日時:2018/03/22(木) 11:46    ■カテゴリ:MUSIC

昨日は桜丘高校OBOGジョイントコンサートの最後の練習でした。横浜もまさかのガッツリの雪で大変でした。東京は雪でも神奈川は雨というパターンが結構あるので。校内で咲き始めた桜も雪を被っていました。

・校内に積もった雪
雪
・中庭の桜の木にも雪が積もる
雪
練習は現役当時の顧問の足立先生(現在副校長)、今回も幸せなひとときでした。演奏は世代を超えて一体感があり、楽しくてずっと吹き続けていたかったです。本当に素直で優しく清い人達の集まりです。昨日の純粋な涙も忘れません(詳細は演奏会後に)。行くたびに温かい心になって帰っています。本当に素晴らしい先生とメンバーと環境に恵まれていたんだなぁと思います。土曜日はそんな温かい桜丘の雰囲気が伝わるような演奏会にします!

・母校に持ち込んだMy楽器達
ファゴットとコントラファゴットファゴットとコントラファゴット
・並べて撮りたくなります
ファゴットとコントラファゴットファゴットとコントラファゴット
・コックピット、周りは人でひしめき合い暑い
高校で練習高校で練習
・青春を過ごした音楽室
高校で練習高校で練習
・名残惜しい帰り
高校で練習高校で練習
※ここではプライバシーを配慮してひと気のない写真ばかりですが、Facebook(友人向け)には合奏風景等も載せています。

横浜市立桜丘高校 第7回OB・OGジョイントコンサート


【日時】2018年3月24日(土) 開場17:30 開演18:00
【場所】みなとみらいホール 大ホール
【入場料】S席:600円、A席:500円、P席:200円
※チケットの申し込みと残数確認は Twitterアカウント より。
【曲目】
・第1部 現役ステージ
課題曲
ローマの祭り、他
・第2部 OB・OGステージ
もののけ姫セレクション、他
・第3部 ジョイントステージ
ゴジラファンタジー
春の猟犬、他
演奏会チラシ演奏会チラシ
【関連】前回の演奏会の日記



タグ:音楽 練習記 吹奏楽 ファゴット コントラファゴット 横浜コメント(0)