近江神宮 〔近畿地方

2018年7月、滋賀・福井旅行に行きました。近江神宮は大津市にある神社で、第38代天皇である天智天皇(中大兄皇子)が天智天皇6年(667年)に飛鳥から大津へ遷都したことを由緒として、皇紀2600年を記念して昭和15年(1940年)に天智天皇を祭神として創祀されました。日本で最初の水時計・漏刻を採用した事から時の守護神とも言われ、境内には時計館宝物館があります。百人一首の第1首を詠んだ天智天皇にちなみ競技かるたの大会が開催され、漫画「ちはやふる」の舞台としても知られています。

近江神宮(23枚)
撮影時期2018年7月
所在地滋賀県大津市神宮町1−1
アクセス京阪石山坂本線「近江神宮前」駅徒歩9分
地図

近江神宮

階段の上に朱色の楼門。
階段の上に朱色の楼門。

階段の上に朱色の楼門。


階段脇に手水舎。
階段脇に手水舎。

階段脇に手水舎。


きれいな朱塗りの楼門。
きれいな朱塗りの楼門。

きれいな朱塗りの楼門。


美しくて品格を感じます。
美しくて品格を感じます。

美しくて品格を感じます。


正面には外拝殿。大きな建物です。
正面には外拝殿。大きな建物です。

正面には外拝殿。大きな建物です。


左には時計館宝物館と日時計。
左には時計館宝物館と日時計。

左には時計館宝物館と日時計。


右には神符授与所。きれいな境内。
右には神符授与所。きれいな境内。

右には神符授与所。きれいな境内。


境内の木々。
境内の木々。

境内の木々。


外拝殿から右側、自然の中の朱色屋根の参拝順路へ。
外拝殿から右側、自然の中の朱色屋根の参拝順路へ。

外拝殿から右側、自然の中の朱色屋根の参拝順路へ。


栖松遙拝殿(せいしょうようはいでん)。
栖松遙拝殿(せいしょうようはいでん)。

栖松遙拝殿(せいしょうようはいでん)。


栖松遙拝殿の解説。天皇家とのご縁が深い。
栖松遙拝殿の解説。天皇家とのご縁が深い。

栖松遙拝殿の解説。天皇家とのご縁が深い。


北神門。塀にはかるたが並ぶ。
北神門。塀にはかるたが並ぶ。

北神門。塀にはかるたが並ぶ。


神楽殿。
神楽殿。

神楽殿。


まるで枯山水庭園のような境内の石。
まるで枯山水庭園のような境内の石。

まるで枯山水庭園のような境内の石。


外拝殿。
外拝殿。

外拝殿。


古代中国で使われたとされる古代火時計、ロレックス社が奉納。
古代中国で使われたとされる古代火時計、ロレックス社が奉納。

古代中国で使われたとされる古代火時計、ロレックス社が奉納。


天智天皇の水時計・漏刻、オメガ社総代理店奉納。
天智天皇の水時計・漏刻、オメガ社総代理店奉納。

天智天皇の水時計・漏刻、オメガ社総代理店奉納。


天智天皇の水時計・漏刻、オメガ社総代理店奉納。
天智天皇の水時計・漏刻、オメガ社総代理店奉納。

天智天皇の水時計・漏刻、オメガ社総代理店奉納。


心地よい水の流れ。
心地よい水の流れ。

心地よい水の流れ。


左側の朱色の廊下屋根。
左側の朱色の廊下屋根。

左側の朱色の廊下屋根。


自動車清祓所。
自動車清祓所。

自動車清祓所。


きれいな境内。
きれいな境内。

きれいな境内。


時計の神様、かるたの聖地の神社でした。
時計の神様、かるたの聖地の神社でした。

時計の神様、かるたの聖地の神社でした。




【タグ】滋賀  神社  滋賀・福井旅行2018