松山城1・東雲口~本丸 〔四国

2017年10月、四国旅行に行きました。松山城は愛媛県松山市の中心部、勝山(標高132m)に立つお城です。関ヶ原の戦いでの戦功により20万石に加増された加藤嘉明により、慶長7年(1602年)に築城開始されました。大天守など21棟の現存建造物が国の重要文化財に指定され、建造物の現存数は二条城(京都府)の28棟に次いで多く、大天守は日本の12箇所に現存する天守の一つです。姫路城・和歌山城とともに、日本三大連立式平山城の一つであり、国の史跡、日本100名城に指定されています。

【タグ】愛媛  観光地    歴史  四国旅行2017

松山城1・東雲口~本丸(38枚)
撮影時期2017年10月
所在地愛媛県松山市丸之内1
アクセス伊予鉄道城南線「大街道」停留所徒歩5分
地図

松山城・東雲口~太鼓門

ロープウェイ東雲口駅付近に築城主の加藤嘉明の像。
ロープウェイ東雲口駅付近に築城主の加藤嘉明の像。

ロープウェイ東雲口駅付近に築城主の加藤嘉明の像。


「松山城山ロープウェイ・リフト」、リフトはスキーのリフトみたい。
「松山城山ロープウェイ・リフト」、リフトはスキーのリフトみたい。

「松山城山ロープウェイ・リフト」、リフトはスキーのリフトみたい。


リフトからも松山城が顔を出します。
リフトからも松山城が顔を出します。

リフトからも松山城が顔を出します。


もうすぐ終点。ロープウェイの車両が居ます。
もうすぐ終点。ロープウェイの車両が居ます。

もうすぐ終点。ロープウェイの車両が居ます。


山上の長者ヶ平駅、ここからお城までさらに歩いて登って行きます。
山上の長者ヶ平駅、ここからお城までさらに歩いて登って行きます。

山上の長者ヶ平駅、ここからお城までさらに歩いて登って行きます。


見上げる石垣の上の櫓。
見上げる石垣の上の櫓。

見上げる石垣の上の櫓。


坂を上りつつもさらに高い石垣が印象的。
坂を上りつつもさらに高い石垣が印象的。

坂を上りつつもさらに高い石垣が印象的。


角度が急になっていく石垣。
角度が急になっていく石垣。

角度が急になっていく石垣。


揚木戸門跡の石垣。
揚木戸門跡の石垣。

揚木戸門跡の石垣。


大手門跡の石垣。
大手門跡の石垣。

大手門跡の石垣。


黒い太鼓櫓。奥には大天守、まだ遠い。
黒い太鼓櫓。奥には大天守、まだ遠い。

黒い太鼓櫓。奥には大天守、まだ遠い。


太鼓櫓下をUターンし、重要文化財の戸無門をくぐった。
太鼓櫓下をUターンし、重要文化財の戸無門をくぐった。

太鼓櫓下をUターンし、重要文化財の戸無門をくぐった。


既に標高が高く見晴らしが良い。西側は市街地と丘の先に海。
既に標高が高く見晴らしが良い。西側は市街地と丘の先に海。

既に標高が高く見晴らしが良い。西側は市街地と丘の先に海。


南西側、観覧車は伊予鉄道の松山市駅。街の音も聞こえます。
南西側、観覧車は伊予鉄道の松山市駅。街の音も聞こえます。

南西側、観覧車は伊予鉄道の松山市駅。街の音も聞こえます。


東南東方面。
東南東方面。

東南東方面。


戸無門からUターンして筒井門へ。
戸無門からUターンして筒井門へ。

戸無門からUターンして筒井門へ。


(調査中)
(調査中)

(調査中)


太鼓門。
太鼓門。

太鼓門。


太鼓門をくぐると太鼓櫓。右側が本丸。
太鼓門をくぐると太鼓櫓。右側が本丸。

太鼓門をくぐると太鼓櫓。右側が本丸。


松山城・本丸

本丸に到着。ここまでも門や櫓が沢山ありました。
本丸に到着。ここまでも門や櫓が沢山ありました。

本丸に到着。ここまでも門や櫓が沢山ありました。


本丸は標高が高くさらに良い眺め。こちらは西側。
本丸は標高が高くさらに良い眺め。こちらは西側。

本丸は標高が高くさらに良い眺め。こちらは西側。


南西側の市街地。
南西側の市街地。

南西側の市街地。


太鼓櫓付近からは天守や櫓が4つ同時に見られます。
太鼓櫓付近からは天守や櫓が4つ同時に見られます。

太鼓櫓付近からは天守や櫓が4つ同時に見られます。


北東側。ひめぎんホールの先に道後温泉。
北東側。ひめぎんホールの先に道後温泉。

北東側。ひめぎんホールの先に道後温泉。


深さ44mの井戸は2つの峰を埋め立てた谷底の泉を利用。後ろには食事処の城山荘。
深さ44mの井戸は2つの峰を埋め立てた谷底の泉を利用。後ろには食事処の城山荘。

深さ44mの井戸は2つの峰を埋め立てた谷底の泉を利用。後ろには食事処の城山荘。


本丸の広場から天守建物群を望む。
本丸の広場から天守建物群を望む。

本丸の広場から天守建物群を望む。


本丸の石垣の上に建つ小天守(左)・大天守(右)。
本丸の石垣の上に建つ小天守(左)・大天守(右)。

本丸の石垣の上に建つ小天守(左)・大天守(右)。


重要文化財の大天守。渡櫓で囲われています。
重要文化財の大天守。渡櫓で囲われています。

重要文化財の大天守。渡櫓で囲われています。


松山城・本壇の周り

小天守、南隅櫓。紫竹門をくぐり本壇を一周していきます。
小天守、南隅櫓。紫竹門をくぐり本壇を一周していきます。

小天守、南隅櫓。紫竹門をくぐり本壇を一周していきます。


西側は切り立った石垣の上に乾門東続櫓、乾櫓。
西側は切り立った石垣の上に乾門東続櫓、乾櫓。

西側は切り立った石垣の上に乾門東続櫓、乾櫓。


北隅櫓を見上げる。
北隅櫓を見上げる。

北隅櫓を見上げる。


西端、重要文化財の乾櫓。
西端、重要文化財の乾櫓。

西端、重要文化財の乾櫓。


隣に重要文化財の野原櫓。
隣に重要文化財の野原櫓。

隣に重要文化財の野原櫓。


北側(北隅櫓)。
北側(北隅櫓)。

北側(北隅櫓)。


天神櫓を見上げる。
天神櫓を見上げる。

天神櫓を見上げる。


塀の先に一ノ門南櫓
塀の先に一ノ門南櫓

塀の先に一ノ門南櫓


東側に艮門東続櫓。
東側に艮門東続櫓。

東側に艮門東続櫓。


一周して多くの櫓がありました。次は本壇に上がります。
一周して多くの櫓がありました。次は本壇に上がります。

一周して多くの櫓がありました。次は本壇に上がります。


「松山城1・東雲口~本丸」の周辺地図


近隣の写真ページ(2km以内・近い順)
松山城2・本壇(41枚)  |  道後温泉(11枚)  |  湯築城跡(道後公園)(39枚)


← 前に戻る 次に進む →
今治城の写真ページへ

今治城(45枚)

松山城2・本壇の写真ページへ

松山城2・本壇(41枚)

松山城1・東雲口~本丸と関連すると思われる「四国旅行2017」に関する日記があります。


「松山城1・東雲口~本丸」に関連する写真ページ

「松山城1・東雲口~本丸」のタグ 愛媛 観光地 歴史 四国旅行2017 と類似したタグを持つ写真ページです。