みやだい日記

ファゴットのイラストの描き方の例

投稿日時:2013/08/06(火) 23:05   カテゴリ:MUSIC

元々楽器というものが好きなので、よく楽器の簡単なイラストを書いてみたりしています。
なるべくシンプルにしつつそれらしい雰囲気を突き詰めていく楽しさもあります。
今回はファゴットの描き方を紹介します。

こんな感じ
ファゴットの描き方例ファゴットの描き方例
【描き順】
1.ベル
ベルリングを描き、ベルの輪郭を描く。

2.ロングジョイント+テナージョイント
ロングジョイント・テナージョイントの輪郭を描く。
テナージョイントの出っ張り部分がポイント。

3.ダブルジョイント
ダブルジョイントの輪郭を描く。

4.指孔、ボーカル
指孔は左右3つずつ。厳密には右手3番目はキーですが、この方が雰囲気が出る。
ボーカルは90度以上湾曲しているのがポイント。

特徴を捉えることと立体感、この2つでシンプルながらそれらしい雰囲気が出ます。
ずんぐり太く短くするとよりイラストらしく可愛い感じにもなりますね。
是非描いてみてください!

P.S.ついでにテナーサックス
テナーサックスの描き方例テナーサックスの描き方例
【描き方】
1.ベルの輪郭を描く
2.1番管(底のU字管)の底の輪郭を描く
3.2番管(楽器本体)の輪郭を描く
4.ネック、マウスピースを描く
5.ベル・1番管のキーを合計4つ描く。パッドのキーは全部斜め上へ。
6.2番管のキーを描く。上に行くほど小さく。
7.小指キーを描く
ベルのキーをちょっと本体側にはみ出すとそれらしく見えます。

【関連】ファゴットのページ



タグ:音楽 ファゴット サックス 楽器イラスト コメント(0)


←次の記事[夏の食事ネタ

山形土産~さくらんぼ、ラ・フランス]前の記事→



コメント一覧

この記事へのコメント一覧

コメントがありません。


コメントを書く

この記事へのコメントを投稿

記入者(*)

コメント(*)

(*)は入力必須項目