みやだい日記 * タグ[吹奏楽コンクール]の日記一覧

「みやだい」の日記

10件中 15件目の記事

■投稿日時:2018/03/23(金) 00:27    ■カテゴリ:MUSIC

普門館といえば一昔前まで吹奏楽コンクール全国大会の中学と高校の部が開催されていた施設です。そのため「吹奏楽の甲子園」とも言われて親しまれている吹奏楽の聖地です。そんな普門館が解体されるという悲しいニュースが昨日22日に飛び込んできました。

普門館は東京都杉並区にある宗教法人「立正佼成会」が所有するホールで、1970年4月28日に落成しました。約5000人という巨大なキャパシティを持っています。音楽用ホールとして設計された訳ではないが、カラヤン指揮のベルリンフィルらが来日公演を行っています。吹奏楽コンクール全国大会でも1972年と1977年から2011年まで(2005年を除く)使用されています。

普門館は東日本大震災をきっかけに耐震調査を行った結果、震度6以上で天井の崩落の恐れがあることが明らかになり、2012年から使用を中止していました。その間、中学・高校の全国大会の会場は同じく巨大なホールである名古屋国際会議場センチュリーホールにその場を移しています。そして昨日、立正佼成会から今年の冬に解体する事が発表されました。

吹奏楽関係が多い私のFacebookにも解体を惜しむ声があふれています。私は高校では東関東大会までしか出場していませんが、大学の東京都大会(地方大会相当)で普門館で演奏したことがあります。空間がかなり広大で音が吸い込まれるデッドな響きという感じで、一般的なホールとは演奏感覚が大きく異なるので戸惑いました。あの黒い床も独特な雰囲気を作っています。演奏環境としては最適とはいえないかもしれませんが、コンクールの最上級クラスとしての風格がありました。

実はそんな「普門館の床」を持っています。とある吹奏楽関係者からもらいました。これはますます貴重な宝物になりそうです。
普門館の床普門館の床
普門館が吹奏楽コンクールの目標、憧れとして果たしてきた役割はとても大きいです。沢山の生徒が青春をかけてきた想いが詰まっています。そのシンボルが解体されるというのは悲しいことです。これを期に久しぶりに元吹奏楽員で集まって語り合ってみてはいかがでしょうか。普門館世代で語り継いで心の中に残していきたいですね。

【関連】日記「吹奏楽コンクールの新たな聖地?~名古屋国際会議場」



タグ:音楽 吹奏楽 東京 吹奏楽コンクールコメント(0)

■投稿日時:2017/10/28(土) 20:23    ■カテゴリ:MUSIC

本日倉敷で行われた全日本吹奏楽コンクール(全国大会)にて、

母校の東海大学吹奏楽研究会ゴールド金賞を受賞しました!

本当におめでとうございます!

OBとして後輩たちの頑張り、活躍はとても嬉しいです。

音楽で豊かに生きている人間として、自分ももっと頑張らなきゃと励みにもなります。

ファゴットとコントラファゴットでさらに精進します!
ファゴットとコントラファゴットファゴットとコントラファゴット



タグ:音楽 吹奏楽 吹奏楽コンクールコメント(0)

■投稿日時:2014/10/19(日) 10:15    ■カテゴリ:MUSIC

東海大学吹奏楽研究会、全日本吹奏楽コンクールにて
三年連続ゴールド金賞、おめでとう\(^o^)/


現役当時はまだ都大会に行けない年もあったぐらいなので全く別物というぐらいにすっかり変わりましたね。

今の姿は当時は全く想像もできないぐらいで本当に大きな快挙です。

自分自身も彼らに負けないぐらい、今後も濃すぎる音楽生活を過ごしていきます!


P.S.そんなこんなで年末年始も演奏本番が4~6個と大充実です♪
ちょっと危機感も(^^;)でもがんばります!

ちょっと暗いですが以前ミューザ川崎で演奏したときの舞台裏



タグ:音楽 吹奏楽 吹奏楽コンクールコメント(0)

■投稿日時:2013/11/16(土) 11:27    ■カテゴリ:MUSIC

吹奏楽コンクール中高生部門の全国大会が開催され、吹奏楽の甲子園として親しまれる普門館。仏教団体の立正佼成会が所有する5000人以上のキャパを持つ巨大なホールです。

普門館耐震性の問題があるため、吹奏楽コンクール全国大会の開催地は近年名古屋国際会議場センチュリーホールに移されていますが、そんなさなかに、普門館が耐震補強や建て替えを断念したとのニュースが飛び込んで来ました。それは全国大会がその場所で開催されなくなることを意味します。

長年に渡り中高生にとって憧れの地、聖地だっただけにとても残念なニュースです。少なくとも来年は今年同様に名古屋のセンチュリーホールで開催されるようですがその後は未定とのこと。同規模の巨大なキャパを持つ演奏用ホールは数少ないので、新しい聖地になるのかもしれません。大学、職場・一般部門は毎年全国の様々な場所を転々としていますが、やはり一箇所の聖地がある方がいいですね。

普門館では私も大学の都大会で演奏したことがありますが、とにかくステージも客席も巨大で驚きました。黒い床に上下に幅広い客席、響きはデッドで、近くの人の音もよく聴こえず、心理的にも難しい独特な場所でした。「普門館対策」とでも称すべきか、一般の音楽ホールとは違うその場所のための慣れが必要です。元々音楽ホールとして設計されたわけではないことが一因と思います。とはいえ大人数が入るホールは都内にも少ない(国際フォーラムぐらい?)ので仕方なかったのかなと思います。言い換えればそれほど多くの人で賑わう大規模な大会だということですね。日本の吹奏楽人口の多さは世界でも有数なので嬉しい悩みなのかもしれません。

・普門館へのアクセス
東京メトロ丸の内線「方南町駅」から徒歩7分

【関連】日記:吹奏楽コンクールの新たな聖地?~名古屋国際会議場



タグ:音楽 東京 吹奏楽コンクールコメント(0)

■投稿日時:2013/08/02(金) 12:19    ■カテゴリ:MUSIC

名古屋国際会議場・センチュリーホール


名古屋国際会議場・センチュリーホールといえば全日本吹奏楽コンクール(全国大会)の会場にもなっている巨大なホールですね。3000人収容という非常にキャパシティを持ち、ステージも奥行きがとても長い、巨大なホールです。普門館が耐震関係で使えなくなって、同様のレベルのキャパシティを持つホールは他に稀なので、「聖地」はここに定着するのかもしれませんね。ホール内で聴いたことはありませんが、普門館のデッドな響きよりは吹きすいのではと想像します。

そんな漠然としか知らなかったのですが、以前名古屋旅行で熱田神宮や熱田神宮公園を訪れた時に、川の向こうに大きな建物が見えて何だろうと思って調べたら、それが名古屋国際会議場でびっくりしました。周辺は川や住宅街で大きな建物がないので本当に大きくて異様に目立ちます(^^;)

名古屋国際会議場・センチュリーホール名古屋国際会議場・センチュリーホール
中庭にある像は、レオナルド・ダ・ヴィンチの幻の作品「スフォルツァ騎馬像」だそうです。
スフォルツァ騎馬像スフォルツァ騎馬像

名古屋国際会議場へのアクセス


最寄り駅は名城線「西高蔵」駅と名港線「日比野」駅で、施設は2駅のちょうど中間付近、両駅から徒歩10分弱程度の場所にあります。

名古屋国際会議場・センチュリーホールへのアクセス名古屋国際会議場・センチュリーホールへのアクセス
【名古屋駅から行く場合】

・名古屋市営地下鉄 東山線「名古屋駅」駅~「栄」駅(5分) ※藤が丘方面
 ↓乗り換え↓
・名古屋市営地下鉄 名城線「栄」駅~「西高蔵」駅(10分) ※「左回り」方面

のルートだと初乗りが1回なので安いです。

名港線への直通に乗った場合は「日比野」駅で降りて下さい。

周辺


施設周囲は川沿いの公園になっていました。ホール周辺の広いスペースといえば、結果発表後にホール周辺でミーティングしている様子を思い浮かべます。泣いたり喜んだり、今年もここでたくさんの熱い思い出がうまれるのでしょう。
名古屋国際会議場名古屋国際会議場
【近くの観光名所】熱田神宮の写真熱田神宮周辺の地図

※2018/03/23追記
【関連】日記『吹奏楽関係者悲報:「吹奏楽の甲子園」こと「普門館」の解体が決定』



タグ:音楽 吹奏楽 名古屋 吹奏楽コンクールコメント(0)