みやだい日記 * タグ[コントラフォルテ]の日記一覧

「みやだい」の日記

2件中 12件目の記事

  • 前のページ
  •  
  • 1
  •  
  • 次のページ

■投稿日時:2017/11/17(金) 21:51    ■カテゴリ:MUSIC

何度か紹介していますが、コントラファゴットの改良型コントラフォルテ(Contraforte)という楽器があります。

見た目は遠目には黒いバリサクみたいですが、ファゴット属のメイプルでできていて管長もコントラファゴットのLowAモデルと同じ長さがあり、コンパクトに巻かれています。

管が太くてダイナミクスレンジが広いのが特徴です。

また、メーカーのWolf社のHPによると4オクターヴ半も出せるとのことです。→http://www.guntramwolf.de/englisch/f_modern.html

したがって下記動画のようにハルサイ(ストラヴィンスキー/春の祭典)冒頭のファゴットの高音域までカバーしてしまいます…!

最初に聞いたときは耳を疑いました。オクターヴ高く編集しているのではないかと。

4オクターヴ半というと、バリサクでソプラノサックスの最高音域を出すようなものです。

楽器名としてももはや1つの音域名では収まりきらない音域幅です。

実はカレヴィ・アホという作曲家のコントラファゴット協奏曲にもこの音域が出てきます。

元々FOXの特注の楽器でないと吹けない曲でしたが、コントラフォルテでも吹けることになりますね。

そういえばギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団が来日した時に聴きに行きましたがこの楽器を使っていました。

並ファゴットはバソン(フランス式)なのにコントラはコントルバソンではなくヘッケル式のコントラフォルテなのは不思議な感じはしますが。

それなりのお値段はするでしょうが、少しずつ世界に増えているのでしょう。


【関連】Wolf社のファゴットの改良型 Bassoforte(バッソフォルテ)



タグ:音楽 動画 コントラフォルテ ファゴットコメント(0)

■投稿日時:2013/06/26(水) 20:58    ■カテゴリ:MUSIC

古楽器や、現代楽器を大胆に改良した新しい楽器まで、意欲的に製作している木管楽器メーカーのWolf社。コントラファゴットを改良したコントラフォルテ(Contraforte,Kontraforte)に続き、ファゴットを改良したBassoforte(バッソフォルテ)という楽器についての記事を見つけました。

http://www.br.de/radio/bayern2/sendungen/regionalzeit-franken/basso-forte-fagott-100.html

大まかに翻訳してみました(間違ってたらすいません):
───────────
ファゴットはオーケストラの中で金管楽器群にかき消されます。特にBlasmusik(吹奏楽)では。Wolf社は全く新しいファゴットのプロトタイプを開発しました。ファゴットのような形状でさらに太く長く、本質的にファゴットのような音がする。全く新しい楽器で、大きな音量も出せてTubaにも負けないし、静かに演奏もできる。正確な音のための音孔設計を研究し、息の通りなどをテストし、よりダイナミクスのある新しい楽器を製造した。トーマス・キーファーがテストした結果、指位置は音響学によって正確です。現代科学の後に作られるこれらの楽器は、キーと音孔の配置関係の改善がされています。それは全く新しい経験で、とても快適で、気楽さに驚きます。
───────────

基本的にはコントラフォルテ同様のコンセプトで、管を太くしてダイナミクスを増し、キー機構や配置も最適なものに改善した、ということだと思います。管が太くなっていて、その分キーパッドも大きくなっていて随分と印象が違いますね。親指側の反対側の写真がないですが、オクターヴ機構もより自動化されているのでしょうね。

こちらで音のサンプルを聴きましが、サリュソフォーン(特にバリトン)に近づいたような、太くて存在感のある響きがありつつも荒々しさもある音という印象。一言で言うと、ファゴットを強くした感じですね。サンプルは低い音ばかり出しているので高音域は不明ですが、ファゴット独特の繊細で滑らかな感じとはやはり印象が違いますね。

とても興味深いですが、ファゴットとしてオーケストラで吹くには音量や音質面で調和するかどうか疑問です…。バソンからファゴットに変わった時も少なからず似たような事はあったとは思いますが(^^;)吹奏楽で派手な曲をやる場合や、ジャズ等ファゴットでは弱すぎてしまうジャンルでは威力を発揮しそうですね。基本的にはHeckelphone、Contraforte、Lupophoneのような亜種という位置づけとは思いますが、今後の動向が気になります。

追記:こちらのサイトにも解説と写真があります。
http://kingkristopher.com/2013/10/06/bassoforte/



タグ:音楽 ファゴット バッソフォルテ コントラフォルテ 希少楽器コメント(0)

  • 前のページ
  •  
  • 1
  •  
  • 次のページ