「みやだい」の日記

みやだい日記 * 2018年04月の日記一覧

5件中 15件目の記事

  • 前へ
  •  
  • 1
  •  
  • 次へ

■投稿日時:2018/04/17(火) 13:34  ■カテゴリ:MUSIC

4月になり吹奏楽部、管弦楽部で新入生が入る時期になりました。そこで改めてファゴットの扱い方のおさらいをしましょう。特に置き方について重要な3つの注意点があります。

1.角への立て掛けは禁止。倒れて破損します。
ファゴットは角への立て掛けは禁止ファゴットは角への立て掛けは禁止
2.椅子や机に横に置くときは必ず底にたまった水を抜く。防水加工になってないベル側の管が腐ります。(U字管を外すか、分解しダブルジョイント細い側から水を出す)
ファゴットを横に置くときは水を抜いてからファゴットを横に置くときは水を抜いてから
3.水分がたまった状態ではベル側に水が流れないように持つ。(持ったりひざの上に置くときもベルは下向けない)
ダブルジョイントの太い側に水を流してはいけないダブルジョイントの太い側に水を流してはいけない
ファゴットを扱う上でとても重要な基本事項です。先輩がやってしまっている事もあるでしょうが、これを機会に直して下さい。高い楽器でもあるので、壊したり腐らせたりして弁償することにならないよう、正しく大切に扱いましょう。

この手間を軽減するのがスタンドです。ハーキュレスのバスクラリネット/ファゴット兼用のスタンドが安くて6000円で売ってるのでぜひご検討を。



・ファゴットのスタンド(リーズンスタッフ製)
ファゴットはスタンドを使うべきファゴットはスタンドを使うべき
また顧問の先生はこういう手間のかかる楽器だという事をぜひ理解してあげて下さい。ファゴットは大切に扱えば長く使える楽器です。大修理をしたり買い換えたりすると大きな出費になりますので、大切に受け継いでいって下さい。



タグ:音楽 ファゴット ファゴットの扱い方コメント(0)

■投稿日時:2018/04/12(木) 12:15  ■カテゴリ:MUSIC

とても珍しいオフィクレイドの形をしたバリトンサックスを見つけました。

■historical bariton saxophon, shape ophicleide


オフィクレイドとは


オフィクレイドは19世紀前半に開発されたキーを開閉して音を変える金管楽器で、ファゴットのような二つ折りの形をしています。当時はまだピストンヴァルヴが開発されておらず、木管のようにキーを開閉する方式が取られました。この楽器はベルリオーズの幻想交響曲の「怒りの日」のテーマ部分が有名ですね。チューバの前身ですが音域はユーフォニアムぐらいで音色もそれに近く、後に現在のバスチューバ・コントラバスチューバへと置き換わっていきました。

動画の楽器は何?


サキソフォーンはクラリネット奏者でもあったアドルフ・サックスがオフィクレイドにクラリネットのマウスピースを付けたことからアイデアを得たという説があります。この楽器はまさにそれに近い状態で、後に現在の形状になるまでの過渡期の楽器と言えます。指の動きを見ると機構は既にサキソフォーンと同じになっています。形状からするとキーの押す位置とパッドの開閉する位置の関係はむしろサリュソフォーンに近いといえます。音を聞くとなかなか良い音がしますね。最低音はシ(実音D)で管は短く、現在のバリサクより少し明るくて細い音な気がします。金管楽器のオフィクレイドから木管楽器のサキソフォーンが生まれたその歴史を伝える貴重な楽器です。



タグ:音楽 動画 希少楽器 サックス オフィクレイドコメント(0)

■投稿日時:2018/04/12(木) 12:00  ■カテゴリ:MUSIC

今週末に毎年賛助出演している吹奏楽の演奏会があります。

2部のシンフォニックステージで演奏する曲はセドナ、ノーマン・ロックウェル組曲、ミス・サイゴンで、それぞれファゴットに見せ場があります。セドナは後半にクラリネット、ファゴット、フルートによる目立つ絡みがあります。ノーマン~の作曲者の広瀬先生の作品は過去にも演奏し、今回もお越しいただいてご指導も頂きました。3楽章はファゴットのソロのテーマから始まるという珍しい構成になっています。ミス・サイゴンはヨハン=デ=メイらしいオーケストレーションで、ファゴットも1つの色として活かされていてやりがいのある曲です。これほどファゴットを活かせてもらえる曲目なので緊張する場面も多いですが、良い演奏となるように頑張ります。3部はいつものようにびっくりするような衣装で楽しいステージを作り上げます。よろしければお越しください!

・練習風景
ファゴット練習風景ファゴット練習風景

新宿区吹奏楽団 第29回 定期演奏会


【日時】2018年4月15日(日) 13:00開場/13:30開演
【場所】新宿文化センター 大ホール
【指揮】石津 成人
【入場料】入場無料
【曲目】
■第1部 【招待演奏】
新宿区立落合第四小学校 ブラスバンド 顧問:小田 与志子
・ドレミの歌
・ロック・アラウンド・ザ・クロック
・勇気100%
・A列車で行こう …etc.
■第2部 シンフォニック ステージ
・セドナ/S.ライニキー
・ノーマン・ロックウェル組曲/広瀬 勇人
・ミス・サイゴン/C=M.シェーンベルク(編曲:ヨハン・デ・メイ)
■第3部 ポップス ステージ
・ディズニーヴィランズ・メドレー
・コンチェルト・グロッソ (サックスカルテットと吹奏楽のための)
・海の見える街 ~映画「魔女の宅急便」より~
・ウルトラ大行進!
・シャンソン・メドレー ~モンマルトルの小径~
https://www.doremi.or.jp/shinjuku/
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会案内 吹奏楽 ファゴットコメント(0)

■投稿日時:2018/04/07(土) 10:47  ■カテゴリ:PHOTO

先日レインボーブリッジを歩いてきました。実はレインボーブリッジにはレインボープロムナードという1.7kmの遊歩道があり、無料で歩いて渡ることができるのです。

出入口は芝浦口と台場口があり、芝浦口はJR「田町」駅から徒歩15分、台場口はゆりかもめ「お台場海浜公園」駅から徒歩15分の位置にあります。どちらにしても少し歩きますね。今回は芝浦口から台場口へと進みます。

田町駅~芝浦アンカレイジ


JR田町駅芝浦口から道を直進し、東京モノレール、首都高羽田線をくぐるとレインボーブリッジが見えてきます。間近に見る大きなループ線は迫力があります。
芝浦・東京モノレール芝浦・東京モノレール芝浦・レインボーブリッジ芝浦・レインボーブリッジ芝浦・レインボーブリッジ芝浦・レインボーブリッジ
芝浦アンカレイジ(※)という建物が橋の芝浦側の入口です。フロアにはトイレと自販機があり、この先にトイレはありませんのでここで準備を済ませます。
レインボーブリッジ遊歩道・芝浦口レインボーブリッジ遊歩道・芝浦口レインボーブリッジ遊歩道・芝浦口レインボーブリッジ遊歩道・芝浦口
(※)アンカレイジとは、吊り橋のメインケーブルを固定させるブロックのこと。レインボーブリッジでは建物も兼ねた構造になっています。

遊歩道は橋の車線の両側、ノースルートとサウスルートがあり、それぞれ別々のエレベーターで登ります。途中で行き来できないのでどちらを行くかここで決める必要があります(台場寄りに1か所渡れる所がありますがゴールに近い)。

南北の景色の特徴として、

・ノースルートは東京タワー、東京スカイツリー、晴海埠頭、豊洲市場
・サウスルートはお台場、第3・6台場、大井ふ頭、品川ふ頭、天気が良ければ富士山も

という感じです。今回は景色を網羅したいので、ノース→サウス→ノースの順に進みます。

ノースルート


ノースルートのエレベータを上りいざ遊歩道へ。
レインボーブリッジ遊歩道レインボーブリッジ遊歩道歩道は橋の下層の一般道の両脇にあり、車の音、排気ガス、橋の揺れで環境は決して良いとは言えません。一般道だが結構飛ばしている印象を受けます。中央にはゆりかもめが走っています。高さがあり景色が良いですがフェンスがあるので見づらいです。

少し進んで主塔部分に来るとフェンスがないので撮影しやすいです。
レインボーブリッジ遊歩道レインボーブリッジ遊歩道
・東京タワー
レインボーブリッジ遊歩道からの景色レインボーブリッジ遊歩道からの景色
・東京スカイツリー
レインボーブリッジ遊歩道からの景色レインボーブリッジ遊歩道からの景色
・2020年東京オリンピック選手村建設地の晴海埠頭
レインボーブリッジ遊歩道からの景色レインボーブリッジ遊歩道からの景色
・有明方面
レインボーブリッジ遊歩道からの景色レインボーブリッジ遊歩道からの景色
北側の景色を堪能したので、再び芝浦アンカレイジに戻り今度はサウスルートのエレベーターを上ります。

サウスルート


サウスルートへ。橋のループ線部分が印象的です。環境は同じですが、ノースルートは車が後ろから追い越してきてびっくりしますが、サウスルートは前から車が来るのが見えるのでまだましです。歩道は普通に歩く人やジョギングをする人もいます。
レインボーブリッジ遊歩道レインボーブリッジ遊歩道レインボーブリッジ遊歩道からの景色レインボーブリッジ遊歩道からの景色レインボーブリッジ遊歩道からの景色レインボーブリッジ遊歩道からの景色レインボーブリッジ遊歩道レインボーブリッジ遊歩道
進んで行くとすぐ横に第6台場を間近に見下ろせる場所があります。江戸時代末期に外国船を追い払うための砲台跡の1つであり、お台場の名の由来でもあります。そしてお台場のシンボルのフジテレビも見えます。
レインボーブリッジ遊歩道からの景色・第六台場レインボーブリッジ遊歩道からの景色・第六台場レインボーブリッジ遊歩道からの景色・お台場レインボーブリッジ遊歩道からの景色・お台場
台場アンカレイジは芝浦アンカレイジと似たような構造ですが海上にあり、現在は通り抜けるだけで下に降りることはできないようになっています。
レインボーブリッジ遊歩道からの景色レインボーブリッジ遊歩道からの景色
台場アンカレイジの先は徐々に坂を下っていきます。
レインボーブリッジ遊歩道レインボーブリッジ遊歩道
第3台場はお台場から陸続きで人が多い。
レインボーブリッジ遊歩道からの景色・第三台場レインボーブリッジ遊歩道からの景色・第三台場
ゴールに近いP31橋脚で初めてノースルートへの連絡協があります。道路の下をくぐり再びノースルートへ移動します。
レインボーブリッジ遊歩道レインボーブリッジ遊歩道

ノースルート~台場口


橋の中央側を振り返ると、渡ってきた橋は結構距離があります。
レインボーブリッジ遊歩道からの景色レインボーブリッジ遊歩道からの景色
話題の豊洲市場が近い。遊覧船も行き交う。
レインボーブリッジ遊歩道からの景色・豊洲市場レインボーブリッジ遊歩道からの景色・豊洲市場レインボーブリッジ遊歩道からの景色レインボーブリッジ遊歩道からの景色
もうすぐゴール、サウスルートと合流して台場口へ。
レインボーブリッジ遊歩道レインボーブリッジ遊歩道
台場口には管理人がいます。自転車は専用の台車へ載せて手押しのようです。
レインボーブリッジ遊歩道・台場口レインボーブリッジ遊歩道・台場口

まとめ


芝浦から台場までレインボーブリッジを渡ってきました。すぐ横で車が飛ばすのであまり良い環境ではないですが、東京湾上から開放的な景色を眺める事ができる穴場です。夜景もきれいだと思います。芝浦口から渡る方が下りが多くて楽です。所要時間は約30分、歩きやすい靴でぜひ歩いてみて下さい。

■レインボープロムナード芝浦口の地図


■営業・休業
・4~10月が9:00~21:00
・11~3月が10:00~18:00
(最終入場は30分前まで)
・毎月第3月曜日(祝日の場合翌日)・強風の日は通行不可。


さらに詳細や大きな写真はレインボーブリッジ遊歩道の写真ページを参照。


【関連】レインボーブリッジ遊歩道の写真ページ



タグ:写真 東京コメント(0)

■投稿日時:2018/04/03(火) 11:10  ■カテゴリ:MUSIC

バソンとはビュッフェ式(フランス式)のファゴットのことです。現在主流のヘッケル式(ドイツ式)のファゴットと比べると数は圧倒的に少ないですが、現在日本で見かけるメーカーとしてはビュッフェ・クランポン(Buffet Crampon)デュカス(Ducasse)があります。かつてはクランポン同様にサックスやクラリネットで有名なヘンリー(アンリ)・セルマー(Henri Selmer)も製作していましたが現在はラインナップから消え、そこから独立した技術者のブランドがデュカスのようです。

・ファゴット(シュライバー)とバソン(クランポン)の外見の違い
ファゴットとバソンファゴットとバソン
日本でバソンを最も扱っているであろう大阪のアトリエアルファで以前試奏したところ、クランポンの方が音が細くて操作が若干難しく、デュカスの方が音が太くて操作がしやすい感じでした。クランポンは伝統を守っている楽器、デュカスはファゴットに似せて進化させている楽器という印象を受けました。デュカスの特徴としては以下が挙げられます。

・ダブルジョイントにファゴットと同じ親指Bbキーが追加されている
・ダブルジョイントにファゴットと同じ2つのF#キーがある(Fキー連動も)
・ダブルジョイントのLowEホールがカバードキーの仕様もある
・ファゴット同様にハンドレストが付いている

さらにデュカスについて調べたところ、こちらのページに行き当たりました。このデュカスは特注だとは思いますが、面白い動きがあります。
https://www.darynzubke.com/ducasse-french-bassoon/
※リンク先の画像を参照下さい(画像を引用しない主義なので)

・左手小指にあったウィスパーキーとC#キーがファゴットと同じように親指に移動している
・左手親指にあったLowEb,Dbキーがファゴットと同じように小指に移動している

このようにバソン特有の機構が、ずいぶんファゴットに近い機構に変化しているものでした。特に中低音はほぼファゴットと同じ運指で演奏が可能です。ここまでファゴットに寄せた構造にしていることに、正直驚きを感じました。

機構以外にも、試奏した時にはデュカスの方が管が太く、ファゴットに近い柔らかい豊かな響きという印象を受けました。音量の大きさ、音程の正確さを求めてファゴットの方が選ばれてきた時代の流れに沿った変化といえるのかもしれません。機構がファゴットに近いということは、ファゴットからの転向がしやすいということでもあり、バソンに興味がある私にとっても障壁が下がった気がします。

近年オフィクレイド(テューバの前身、ベルリオーズの幻想交響曲などで使用)などピリオド楽器のリバイバルブームが来ているようですが、バソンも注目を集めているのかもしれません。思えばラヴェル、ドビュッシーなどフランスの作曲者はバソンを想定しているはずです。バソンの方が音に主体的な存在感があり、高音域も軽々と歌い上げることができます。現在はフランス料理にドイツの味付けをしているようなもので、本質を求めていずれバソンも使う時代が来るのかもしれません。バソン参入障壁を下げるデュカスがどのぐらい普及するのか、どのように変化していくか、今後も追っていきたいと思います。

・ファゴットとバソンの比較演奏


P.S.ここまでバソンに興味を深めている状況なので、日本バソンの会に入会すべきですかね(^^;

【関連】
・日記:「ファゴット」と「バソン」の違い
・日記:ビュッフェ・クランポンとデュカスのバソンを試奏しました



タグ:音楽 バソン ファゴットコメント(0)

  • 前へ
  •  
  • 1
  •  
  • 次へ