みやだい日記

新入生必見、先輩も要確認、顧問にも知ってほしい!ファゴットを扱う上で重要な3つの注意点

■投稿日時:2018/04/17(火) 13:34  ■カテゴリ:MUSIC

4月になり吹奏楽部、管弦楽部で新入生が入る時期になりました。そこで改めてファゴットの扱い方のおさらいをしましょう。特に置き方について重要な3つの注意点があります。

1.角への立て掛けは禁止。倒れて破損します。
ファゴットは角への立て掛けは禁止ファゴットは角への立て掛けは禁止
2.椅子や机に横に置くときは必ず底にたまった水を抜く。防水加工になってないベル側の管が腐ります。(U字管を外すか、分解しダブルジョイント細い側から水を出す)
ファゴットを横に置くときは水を抜いてからファゴットを横に置くときは水を抜いてから
3.水分がたまった状態ではベル側に水が流れないように持つ。(持ったりひざの上に置くときもベルは下向けない)
ダブルジョイントの太い側に水を流してはいけないダブルジョイントの太い側に水を流してはいけない
ファゴットを扱う上でとても重要な基本事項です。先輩がやってしまっている事もあるでしょうが、これを機会に直して下さい。高い楽器でもあるので、壊したり腐らせたりして弁償することにならないよう、正しく大切に扱いましょう。

この手間を軽減するのがスタンドです。ハーキュレスのバスクラリネット/ファゴット兼用のスタンドが安くて6000円で売ってるのでぜひご検討を。



・ファゴットのスタンド(リーズンスタッフ製)
ファゴットはスタンドを使うべきファゴットはスタンドを使うべき
また顧問の先生はこういう手間のかかる楽器だという事をぜひ理解してあげて下さい。ファゴットは大切に扱えば長く使える楽器です。大修理をしたり買い換えたりすると大きな出費になりますので、大切に受け継いでいって下さい。



タグ:音楽 ファゴット ファゴットの扱い方コメント(0)


← 次の記事[岐阜県下呂市生まれ、処分予定だった猫たちを引き取り10歳を迎えた

金管楽器からサックスが生まれる過渡期?オフィクレイド型バリトンサックス]前の記事→



コメント一覧

この記事へのコメント一覧

コメントがありません。


コメントを書く

この記事へのコメントを投稿

記入者(*)

コメント(*)

(*)は入力必須項目