みやだい日記 * 2017年08月の日記一覧

「みやだい」の日記

4件中 14件目の記事

  • 前のページ
  •  
  • 1
  •  
  • 次のページ

■投稿日時:2017/08/26(土) 10:39    ■カテゴリ:MUSIC

所属するオーケストラ「ヨコハマ・ベイ・フィルハーモニー」が毎年開催している夏のアンサンブルコンサートを今年も開催します。普段の大人数のオーケストラ編成とは異なり5人から10人ぐらいの少人数編成チームに分かれ、クラシックの名曲からポピュラーまで幅広いジャンルのバリエーションでお届けします。私は過去にはモーツァルトのグランパルティータからの抜粋やジブリの曲を演奏しました。今回は木管五重奏でクラシック系の曲を演奏します。

会場は横浜市鶴見区の潮田地区センターで、ロビー内で演奏していますのでホールと比べても間近に楽器の音を体感することができます。入場無料、入退場自由ですのでクラシックに馴染みのない方やお子様もぜひお気軽にお越しください!

・演奏会場、客席が本当に近いです(笑)
ロビーコンサート会場ロビーコンサート会場
・練習中のファゴット
ファゴット練習中ファゴット練習中
潮田地区センターのアクセス方法はこちら

※12月には同会場の体育館にて、豪華なソリストを迎えベートーヴェンの第九を演奏します!

ヨコハマ・ベイ・フィルハーモニー アンサンブルコンサート


ヨコハマ・ベイフィル・ハーモニー アンサンブルコンサート
【日時】2017年8月27日(日)13:30開演
【会場】潮田地区センター 2階ロビー(入場無料、入退場自由)
【内容】
木管五重奏、弦楽アンサンブル、金管アンサンブルなど
楽団HPはこちら♪



タグ:音楽 演奏会案内 室内楽 ファゴット 横浜コメント(0)

■投稿日時:2017/08/26(土) 10:07    ■カテゴリ:MUSIC

ファゴットアンサンブルなどの耳コピアレンジをやっていてたまに皆で演奏する機会があります(特に吹奏楽団フェスタの年越しアンサンブルでファゴット4~5重奏)。周りの人が多重録音の演奏をUPしているのを見ていつかをやってみたいと思うようになりました。とりあえず何か始めてみようと思い、実際やってみたら様々な事が分かりました。

まずやってみた方法ですが、

・自分でアレンジしたファゴット五重奏(とりあえずコントラファゴットもファゴットで代用)
・1パートずつスマートフォンのデフォルトの録音アプリを使う(m4a形式)
・譜面を見ながら無音にした電子メトロノームの点滅する合図を横目で見ながら吹く
・大してさらってないので全曲吹き通すとミスするので曲を分割して録音

という手軽な方法です。録音パーツをフリーソフトで位置を調整してミックスしていきました。

その結果何が起きたかというと、

『パートごとにテンポが伸縮してかみ合わない』

メトロノームを見てるはずなのにどうしても走ったり遅れたりして音のタイミングが合わないのです。編集ソフトで各パートの波形を見ると縦のずれが明らか…。自分のテンポ感が不安定というのを思い知りましたが、この方法だと合わせるのが厳しいと感じました。

改善策の案としては、イヤホンで少なくとも八部音符など細かいビート音を聞きながら吹くこと。ただ、rit.、accel.、フェルマータなどがある場合はこれだと解決できません。次に考えたのが、イヤホンで音源(元音源や譜面ソフトで再生させた音)を聞きながら吹くことです。これならばテンポも合うし他のパートの音とも合わせられます。

もう1つ気になったのはキーを押したときのカチャカチャ音が目立つこと。これはスマホ(マイク)を遠ざけて吹くしかありませんね。

様々な試行錯誤を重ねていつかYoutubeにアップしたいと思います!



タグ:音楽 多重録音 ファゴット ファゴットアンサンブルコメント(0)

■投稿日時:2017/08/05(土) 12:14    ■カテゴリ:PHOTO

2018.02.17 海浜幕張の写真を追加
再び欅坂46の話になりますが、自分が引き込まれたきっかけは3rdシングルの「二人セゾン」という曲です。サイレントマジョリティーのレジスタンスのイメージとは打って変わって、秋冬の季節に合う儚さと切なさ、バレエを取り入れた雰囲気の上品さ、純粋にそのメロディーの美しさを持つ曲。本当に素晴らしくて好きな曲です。サックスで吹いている動画を見たことがありますが、ファゴットでも思い切り歌ってみたくなります。



MVに出てくる撮影場所は海浜幕張、台場、有明、豊洲などとなっています。その中で多く出てくる有明と海浜幕張を散策時に一眼レフで撮影しているので紹介します。(2018.02.17 海浜幕張の写真を追加

※写真の無断利用を禁止します。

有明・つどい橋


つどい橋は有明の西側にある道路をまたぐ幅広い人道橋です。その先の運河を渡る夢の大橋とも似ていますが短い方です。ここで主に前半と、後半の平手さんソロダンス部分でメンバー達が踊っています。齋藤冬優花さんのソロシーンもここです。海浜幕張のシーンとも似ていますが少し陽が落ち気味で、大きな門のような独特の形をした東京ベイコート倶楽部の建物が目印です。

りんかい線国際展示場で下車。後方には有明コロシアム。
国際展示場駅国際展示場駅
右側に5分ほど歩く。
有明を歩く有明を歩く
緩やかに傾斜している地面、つどい橋へ到着。
二人セゾンのロケ地、つどい橋二人セゾンのロケ地、つどい橋
かなり幅広い人道橋、MV撮影場所はここ。東京ベイコート倶楽部が印象的。
二人セゾンのロケ地、つどい橋二人セゾンのロケ地、つどい橋
橋の上から北側、富士見橋はこの先。左には武蔵野大学有明キャンパス。
つどい橋の上からつどい橋の上から
橋を渡り振り返る。この日も何かの撮影をしていた。
有明で何かの撮影有明で何かの撮影
有明の写真ページより

つどい橋の場所はこちら。


富士見橋


富士見橋は有明の西側と豊洲市場を結ぶ橋で、湾の先にレインボーブリッジや内陸の高層ビル群が見渡せる開放的で気持ち良い所です。終盤で平手さんが走っていますが、実際に行った時も開放的で思わず走りたくなりました。この場所はサイレントマジョリティーの冒頭でも小林由依さんが自転車で走っている所です。両岸は造成中なので今後風景は変化していくと思われます。

さきほどのつどい橋を北上すると富士見橋へ。
二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある
レインボーブリッジが近い。海岸は造成中。
二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある
豊洲市場へ続く。ジョギングしたり自転車で走ったりする人もいた。
二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある
海が開放的で気持ち良い。
二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある
眺望が良くて気持ち良い橋。人目も少ないし本当に走りたくなる。
二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある
レインボーブリッジ。
二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある
後ろを振り返る。右側にはフジテレビ。
二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある
橋を渡ると話題の豊洲市場。
二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある二人セゾンのロケ地、富士見橋。サイレントマジョリティー冒頭の撮影場所でもある
富士見橋の写真ページより

富士見橋の場所はこちら。


どちらも広々としていて気持ち良く、あまりひと気がなくて非日常的な感覚にもなれる場所です。有明(または台場)~富士見橋~豊洲市場は解放感や景色の良さもあり良い散策ルートなのでぜひ歩いてみて下さい。

海浜幕張


2018.02.17 追加(有明だけでしたがアクセス数が多いので海浜幕張も撮りに行きました)
サビ等で使われている海浜幕張のシーンはNTT幕張ビル横の広場のうち北側で撮影されています。背後の日本IBMの建物が目印になります。衣装を着たシーンはここで撮影しているようです。またその北側の階段や東側の歩道橋も使われています。

京葉線海浜幕張駅の北口から出発。
二人セゾンのロケ地、海浜幕張二人セゾンのロケ地、海浜幕張
北西側に進みます。2つのイオンタワーが見えます。
二人セゾンのロケ地、海浜幕張二人セゾンのロケ地、海浜幕張
NTT幕張ビル手前のメッセモール下から歩道橋を登る(直進すると後述の階段や広場に似た場所があるが別の場所)。
二人セゾンのロケ地、海浜幕張二人セゾンのロケ地、海浜幕張
幕張メッセから続く高架の遊歩道メッセモールを進む。
二人セゾンのロケ地、海浜幕張二人セゾンのロケ地、海浜幕張
しばらく進んだ左側に見覚えのある通路と広場が現れる。
二人セゾンのロケ地、海浜幕張二人セゾンのロケ地、海浜幕張
その通路は小林由依さん、今泉佑唯さんのシーンの場所。
二人セゾンのロケ地、海浜幕張二人セゾンのロケ地、海浜幕張
北側へ回ると、こちらも何度か出てくる広い階段。
二人セゾンのロケ地、海浜幕張二人セゾンのロケ地、海浜幕張
階段下。原田葵さんソロシーンの場所でもある。
二人セゾンのロケ地、海浜幕張二人セゾンのロケ地、海浜幕張
階段を上るとサビ部分など衣装を着たシーンで良く出てくるメインの広場。
二人セゾンのロケ地、海浜幕張二人セゾンのロケ地、海浜幕張
海浜幕張のオフィス街の写真ページより

NTT幕張ビル前広場の場所はこちら。※ビルのすぐ右(東)側


幕張メッセの近くの海浜幕張。こちらも広々としていて(平日でないためか)あまりひと気のない雰囲気でした。そういう場所だから撮影ができるのでしょう。幕張メッセでのイベントのついでに訪れてみて下さい。

まとめ


二人セゾンの主なロケ地の有明つどい橋・富士見橋と海浜幕張はこんな感じの場所でした。それぞれ駅から多少歩きますが、あまりひと気がなく広々とした場所で人目も気にする必要がないので、聖地を訪れて名作の生まれたその場所をじっくり味わってみてはいかがでしょうか。また個人的には一眼レフ写真を撮り始めてからこういう雰囲気の場所が好きになり、このMVはまさに自分の好きな所を巡ってくれている事も惹かれた一因かもしれないと思いました。それぞれのより詳細な写真ページは以下です。

有明の写真ページ
富士見橋の写真ページ
海浜幕張のオフィス街の写真ページ

P.S. 「サイレントマジョリティー」のロケ地付近は渋谷駅の写真ページ、「不協和音」のロケ地の山下埠頭付近は 山下公園の写真ページ横浜マリンタワーの写真ページ の各ページに少し含まれています(ロケ地巡りという体裁にはなっていませんが)。

※こんな感じで日本中様々な場所の一眼レフ写真を沢山撮影しています。よろしければ写真コンテンツもご覧ください。

※写真の無断利用を禁止します。


【関連】欅坂46に関する内容は日記タグ「欅坂46」を参照。


♪欅坂46「二人セゾン」(Type-A)のCDはこちら:

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

二人セゾン (Type-A CD+DVD) [ 欅坂46 ]
価格:1608円(税込、送料無料) (2017/11/15時点)




【関連】日記タグ「欅坂46」



タグ:写真 欅坂46 ロケ地コメント(0)

■投稿日時:2017/08/02(水) 09:50    ■カテゴリ:MUSIC

誤解を恐れず、書かずにはいられなかった。

平手友梨奈に思うこと


欅坂46のセンター、平手友梨奈はアイドルとかそういうレベルではなく、表現者として天才の域に達していると思う。狂気、不気味さすら感じさせる圧倒的なダンススキルとそのダークなオーラ、魂の叫び。その強い存在感、カリスマ性、表現力。本当に心揺さぶられるものがある。

・野外ライブ「欅共和国2017」より

これでまだ高校1年生、将来は大物のパフォーマーになるであろう。その才能に刺激を受けるし妬ましく思ってしまう。自分は何をやっているんだろう!

実は少し前から友人の誘いもあって欅坂46に注目しています。先日は富士急ハイランド・コニファーフォレストでの野外ライブ「欅共和国2017」の1日目に参戦、広大な客席が広がる中でステージ目前というおそらく1%にも満たないとても恵まれた席で鑑賞でき、ずっと興奮冷めやらぬ日々が続いています。間近に見る気迫あふれる圧巻のパフォーマンス、その中でもセンターの平手は圧倒的な表現力で、カッコよさ、勇ましさに惹きつけられた。
→野外ライブの様子が書かれた記事

欅坂46とは


欅坂46は乃木坂46の妹分として発足したが、アイドルグループでありながら「サイレントマジョリティー」が代表するような世の中に対するレジスタンスをテーマにした曲が多く、乃木坂46の清楚なお嬢様なイメージとは全く別物の存在だ。そういう曲は衣装もダンスもカッコよく表情も真顔で、従来の女性アイドルのイメージを覆したクールでカッコいい独自の世界観を作り上げている。アイドルというより「カッコいいパフォーマンス集団」であり、「笑わないアイドル」という異名を持ち、アイドルに興味がなかった層を取り込み、ロック界からも注目を浴びている。

・欅坂46のデビューシングル「サイレントマジョリティー」

欅坂46は世界的ダンサーのTAKAHIRO氏の指導を受けながら、楽曲の歌詞の意味を全員が理解し共有することを大事にして表現している。選抜制度がない「全員選抜」であり、メンバー達はセンターの平手を信頼し、平手は他のメンバーを信頼し、1人でも欠けては成り立たないという強い絆を持っている。その点は選抜制度があり個々の主張の争いであるAKB48グループや乃木坂46との違いであり、グループの結束を強めパフォーマンスの一体感、訴求力を増していると言えるだろう。

平手友梨奈のパフォーマンスとは


そんな中でメンバー達は短期間に明らかに大きな成長をしている。衝撃の話題のデビュー作の「サイレントマジョリティー」さえ、4thシングルの「不協和音」のより激しいダンスと曲調によってかわいく見えてしまう。特に平手は作品ごとに大きな成長を遂げている。3rdシングルの「二人セゾン」では最年少ながら誰よりも切なさ、儚さを表情と体で表現し、激しいソロダンスも決めている。当時中学3年生の平手のどこにその表現力が備わっていたのか不思議でならない。(特に3:08~)

・欅坂46の3rdシングル「二人セゾン」


坂道AKBの「誰のことを一番愛してる?」ではAKB48グループ、乃木坂46といった先輩グループの先輩メンバーを圧倒するオーラでセンターを務めている。表情もどこか冷徹さを増し曲の世界観をしっかり体現していて、それはサイレントマジョリティーの時とはもはや別人格だ。縛られて首を切り落とされるようなシーンは鳥肌ものだ。憑依型と言われる平手のパフォーマンススタイルはセンターとしての決意からくるものなのか、元々持っていた才能なのか、短いながら人生経験からくるものなのか。

・坂道AKB「誰のことを一番愛してる?」


グループ結成からまだ2年も経っていない期間で、ごく普通の無邪気だった少女がこれほどの逸材に成長した。グループと共にこれからさらにどんな成長を見せてくれるのだろうか。楽しみと共に恐ろしさの感情も生じさせる。天才が育つ瞬間を目の当たりにしているのだと確信したい。

最後に


こういう内容を書くのはたぶん初めてですね。ジャンルは違えども表現をする音楽をやっている身として、人生を豊かに生きることを目指している身として、知ったからには語らずにはいられない存在です。間違いなく今の10代を代表する天才の1人。ぜひアイドルという先入観なく見てみてほしいです。


♪平手友梨奈がセンターを務める欅坂46の1stアルバム(Type-A)はこちら:




【関連】日記タグ「欅坂46」



タグ:音楽 動画 欅坂46 平手友梨奈コメント(0)

  • 前のページ
  •  
  • 1
  •  
  • 次のページ