みやだい日記

意外と手間をかけている、写真コンテンツ掲載枚数が1万枚を超えた!

■投稿日時:2018/09/15(土) 11:48  ■カテゴリ:PHOTO

写真コンテンツ掲載の写真枚数が1万枚を超えました!

撮影場所も450箇所を越えてサイトとしてもかなりのページ数になりました。撮影場所の地図を見てもらえればその数を実感してもらえると思います。

節目ということでこれを期にどのように写真ページが作られているかを紹介します。結構手間がかかっている力作である雰囲気を感じてもらえればと思います。

事前調査


撮影しに行く前にその場所について事前にある程度調べます。それは撮影すべき主要スポットを外さないためや、自然で効率的な巡回ルートで撮影するためです。ガイドブックを読んだり、ネットで調べたりGoogleMapやストリートビューで見たりします。その上で実際に現地に行った時には臨機応変に対応することになります。

写真を仕上げる


作業工程としては、セレクト、RAW現像、掲載用セレクト、掲載用サイズに出力、という流れです。

セレクトも結構悩ましい作業です。一度除外するともう載ることはないし、後で必要だったかもと悩むこともあり、なかなか確定できません。後で行う詳しい調査をしてからでないとその真価も分からないので、ちょっと不安が残る作業ではあります。

RAW現像は1枚ずつ行います。大体は明るくする、暗くする、霞みがかったものをクリアにするという感じで、トーンカーブを感覚で直接いじります。ここは技術がいるところで、経験を重ねて徐々に品質向上しつつあると思います。現像が気に入らなくてやり直しもあり、どうしても手戻りが発生します。ファイルサイズが大きいので読み込みや加工も時間かかり、かなり時間を割く工程です。一カ所あたり1時間以上かかる場合もあります。また色の見え方や目の疲れの関係で日中にしか作業をできないという制約もあり、なかなか進みません。

行った場所について調べる


概要文章と写真コメントを書くために調査しますが、主にガイドブックとネットで調べます。どこかの本のページやサイトのコピペにならないように必ず自分の文章に書き直しています。載せるからには正しい情報でなければならばいので正確さも重要です。主要事項については必ず触れないといけないし、そのためにはその場所について関心を持った上でちゃんと理解していないとできません。何気なく写したものが何であるかを1つ1つ調べますが、情報が全然ない場合もあり苦労します。正直あまり関心がなく通り過ぎるように撮影した場所もあるのですが、それらをすべてちゃんと調べるのは想像以上に労力がいります。

例として三井寺は良く分からないまま撮影して回りましたが、写っているものを調べながら写真コメントを書くだけで2時間かかっています。神社、お寺、お城は特に苦労します。

掲載ページには何気なくここは何だ、これは何だと書いてますが、最初はほとんど何もわからず、かなり調べた挙句に書いています。気力がないとできない作業です。ミスがないとはいえませんが、結構頑張って正確な情報となるように努力しています。

まとめ


撮影以外にも現像・調査とこのようにかなり苦労して時間をかけて写真ページは作られています。好きなことのはずなのに手間がかかるので結構気力がないと作業する気にならないぐらいです。昼間しか現像できないという時間的制約もあり、進めたくてもなかなか進まないのも悩ましいです。写真のクオリティや情報の正確さも大事だし、一度作って終わりということはなく何度も見直したり改善したりもします。納得いっていないページもあり、常に悩ましい存在です(笑)。

撮影場所当たりの掲載枚数は増える傾向にありますが、こうして1万枚、450ページを超えたことはチリが積もって大きな山になったことです。撮影場所マップに立てるピンも日々地道に増えているのも励みになります。正確さも意識して色々調べたことで、各地について随分詳しくもなった事も副産物として良かったです。これからもある程度の品質の上に全国を網羅する巨大なコンテンツを作ることを目指していきます。

※たまたまですがこのタイミングでカメラをランクアップしました!
新しいカメラ新しいカメラ



タグ:写真コメント(0)


← 次の記事[ヴァイオリンのように肩にかかえて弾くチェロ、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ

小田急線登戸駅とJR南武線登戸駅の乗り換え(中央改札編)]前の記事→



コメント一覧

この記事へのコメント一覧

コメントがありません。


コメントを書く

この記事へのコメントを投稿

記入者(*)

コメント(*)

(*)は入力必須項目