【旅行まとめ】京都旅行1日目-後半(知恩院~清水寺)

        写真-旅行・散策   

京都旅行1日目前半に続き後半です。知恩院から東山沿いを進み清水寺へ進みます。

/diary_picture/201703/023.jpg

午後は東山を南下して清水寺に向かいます。

知恩院

知恩院/diary_picture/201703/015.jpg知恩院は法然上人を開基者とし承安5年(1175年)に創建された浄土宗総本山の寺院です。国宝の三門、本堂(御影堂)をはじめ現在の壮大な伽藍は江戸時代に徳川家のにより造営されました。池泉回遊式の方丈庭園からは斜面にせり出す紅葉を見ることができました。

巨大な三門に始まる広大な敷地のお寺でした。方丈庭園などで紅葉が見られました。/diary_picture/201703/016.jpg

円山神社

円山公園/diary_picture/201703/017.jpg円山公園は八坂神社の東に接する1886年(明治19)に開園した京都市内最古の公園です。回遊式日本庭園を中心に豊かな自然が広がり、特に桜の名所として知られていますが紅葉も見ることができます。

高台寺

高台寺/diary_picture/201703/018.jpg高台寺は豊臣秀吉の正室である北政所(高台院)が秀吉の冥福を祈るために慶長11年(1606年)に建立した臨済宗建仁寺派の寺院です。池泉廻遊式庭園は史跡・名勝に指定され、春の桜、秋の紅葉の時期には、夜のライトアップも行われ、観光客でにぎわいます。

広い境内に自然豊かなお寺で、美しい紅葉の見どころが多く楽しめました。高台からの景色も良かったです。/diary_picture/201703/019.jpg

圓徳院

圓徳院/diary_picture/201703/020.jpg圓徳院は高台寺の塔頭で、北政所(ねね)が慶長11年(1605)に伏見城から化粧御殿と庭園(北庭)を移築し現在の方丈を建立したことから始まります。北書院から眺める名勝の北庭は枯山水庭園で、桃山時代の代表的な庭園としてその姿を今に伝えています。

ねねゆかりの2つの庭園を持つお寺。北庭は日陰時間に注意ですね。

清水の坂道

清水の坂道/diary_picture/201703/021.jpg高台寺付近から清水寺に向かい二年坂(二寧坂)、三年坂(産寧坂)、清水坂と坂道が続きます。石畳と伝統的な建物の町屋の続く京都らしい風情を感じられる美しい街並みで、甘味処、お土産屋などが並び、多くの人で賑わう観光地です。

古都らしい街並みを楽しめるエリア、多くの人でにぎわいます。清水坂の駐車場前で休憩、修学旅行生が多いので懐かしんでいました。/diary_picture/201703/022.jpg

清水寺・紅葉ライトアップ

清水寺・紅葉ライトアップ/diary_picture/201703/023.jpg清水寺は「清水の舞台」で知られる世界遺産の寺院です。宝亀9年(778年)に延鎮上人が音羽の滝の近くに千手観音を祀ったことから始まりとされています。紅葉の時期には夜間にライトアップが行われ、闇夜に紅葉の木々や建物が美しく照らされます。

闇夜に浮き上がる紅葉や建物が本当に幻想的でとても素晴らしい光景でした!/diary_picture/201703/027.jpg/diary_picture/201703/024.jpg

夕食

夕食は清水坂の「めん蔵人」で京都名物のにしんそばを食べました。立地は良いですが入口が奥にあって分かりづらく、隠れ家的な感じでした。/diary_picture/201703/025.jpg

2日目に続く☆

【関連】京都旅行2016の日記一覧京都旅行2016の写真ページ

記事へのコメント

コメントを投稿

名前(*)

コメント(*)

(*)入力必須