法亀寺の桜 〔北海道

2018年4月、北海道旅行に行きました。法亀寺は嘉永2年(1849年)に箱館・実行寺第十五世金子日能師が大野村東下町に法亀庵(ほっきじ)として許可したのが始まりとされている寺院で、1889年(明治22年)に現在地に移転しました。境内には樹齢約300年、高さは約12mの北海道最大級のシダレザクラが1本だけあり、太い幹から大きく広げた枝に沢山の桜が見事に咲き誇ります。北斗市を代表する桜の名所の1つで、5月上旬の桜の時期には桜見物の観光客が多く訪れ、夜にはライトアップされます。大野川沿いの桜並木、松前藩戸切地陣屋跡の桜と共に「北斗桜回廊」に属しています。

【タグ】北海道      北海道旅行2018

法亀寺の桜(15枚)
撮影時期2018年04月
所在地北海道北斗市向野1丁目14-13
アクセスJR「新函館北斗」駅より車約10分
地図

法亀寺

新函館北斗駅から車で約10分、大きなシダレザクラが現れます。
新函館北斗駅から車で約10分、大きなシダレザクラが現れます。

新函館北斗駅から車で約10分、大きなシダレザクラが現れます。


桜は法亀寺というお寺の敷地にあります。北斗桜回廊の1つで車や人が多く行き交います。
桜は法亀寺というお寺の敷地にあります。北斗桜回廊の1つで車や人が多く行き交います。

桜は法亀寺というお寺の敷地にあります。北斗桜回廊の1つで車や人が多く行き交います。


本堂は比較的新しい。何か工事をしています。
本堂は比較的新しい。何か工事をしています。

本堂は比較的新しい。何か工事をしています。


境内の巨大なシダレザクラ!枝も左右へと幅広く伸びています。
境内の巨大なシダレザクラ!枝も左右へと幅広く伸びています。

境内の巨大なシダレザクラ!枝も左右へと幅広く伸びています。


見る角度によって姿を変えます。
見る角度によって姿を変えます。

見る角度によって姿を変えます。


見る角度によって姿を変えます。
見る角度によって姿を変えます。

見る角度によって姿を変えます。


密度の濃い桜の花びら。
密度の濃い桜の花びら。

密度の濃い桜の花びら。


太い幹から伸びる枝からダイナミックに流れ落ちる。
太い幹から伸びる枝からダイナミックに流れ落ちる。

太い幹から伸びる枝からダイナミックに流れ落ちる。


本当に迫力があります。
本当に迫力があります。

本当に迫力があります。


境内では出店や記念撮影も。
境内では出店や記念撮影も。

境内では出店や記念撮影も。


たった1本ながら北海道最大級の堂々とした姿が惹きつける。
たった1本ながら北海道最大級の堂々とした姿が惹きつける。

たった1本ながら北海道最大級の堂々とした姿が惹きつける。


見上げる巨大な桜の木。
見上げる巨大な桜の木。

見上げる巨大な桜の木。


可憐な桜の花びら。
可憐な桜の花びら。

可憐な桜の花びら。


お寺の塀を優に超える桜。
お寺の塀を優に超える桜。

お寺の塀を優に超える桜。


とても立派な桜の木でした。
とても立派な桜の木でした。

とても立派な桜の木でした。




【タグ】北海道      北海道旅行2018