千葉ポートタワー 〔関東地方

2018年2月、千葉を訪れました。千葉ポートタワーは千葉県民500万人突破を記念して1986年(昭和61年)に開館したポートタワーです。高さは125.15m(避雷針高137.25m)で菱形の断面形状になっています。展望室からは京葉工業地帯や東京湾、東京湾アクアラインや東京スカイツリー等の風景を望むことができます。

千葉ポートタワー(38枚)
撮影時期2018年02月
所在地千葉県千葉市中央区中央港1丁目ポートパーク内
アクセスJR京葉線「千葉みなと」駅徒歩15分またはバス
地図

千葉ポートパーク・ビーチプラザ

京葉線千葉みなと駅から海側に15分歩きます。
京葉線千葉みなと駅から海側に15分歩きます。

京葉線千葉みなと駅から海側に15分歩きます。


千葉ポートパークに建物本体高125.15mの千葉ポートタワーがそびえ立つ。
千葉ポートパークに建物本体高125.15mの千葉ポートタワーがそびえ立つ。

千葉ポートパークに建物本体高125.15mの千葉ポートタワーがそびえ立つ。


菱形の断面。
菱形の断面。

菱形の断面。


ビーチプラザの砂浜。海風が強い。
ビーチプラザの砂浜。海風が強い。

ビーチプラザの砂浜。海風が強い。


波が押し寄せる砂浜。
波が押し寄せる砂浜。

波が押し寄せる砂浜。


対岸は工業地帯の雰囲気。
対岸は工業地帯の雰囲気。

対岸は工業地帯の雰囲気。


タンクが立ち並ぶ。
タンクが立ち並ぶ。

タンクが立ち並ぶ。


貨物コンテナ。ヨットに乗る人が。
貨物コンテナ。ヨットに乗る人が。

貨物コンテナ。ヨットに乗る人が。


砂浜から見上げるタワー、こちら側が美しい。
砂浜から見上げるタワー、こちら側が美しい。

砂浜から見上げるタワー、こちら側が美しい。


周囲は工業的な風景。隣の敷地は造成中。
周囲は工業的な風景。隣の敷地は造成中。

周囲は工業的な風景。隣の敷地は造成中。


千葉ポートタワー

タワー前のバス停。
タワー前のバス停。

タワー前のバス停。


タワーの建物へ入場します。
タワーの建物へ入場します。

タワーの建物へ入場します。


エレベーターで4階の展望室へ。
エレベーターで4階の展望室へ。

エレベーターで4階の展望室へ。


展望室へ。南東側、街の先の地平線はなだらかで平均標高が低い千葉県らしい。
展望室へ。南東側、街の先の地平線はなだらかで平均標高が低い千葉県らしい。

展望室へ。南東側、街の先の地平線はなだらかで平均標高が低い千葉県らしい。


周囲は倉庫が立ち並ぶ港湾地域。
周囲は倉庫が立ち並ぶ港湾地域。

周囲は倉庫が立ち並ぶ港湾地域。


生々しい臨海工業地帯。
生々しい臨海工業地帯。

生々しい臨海工業地帯。


足元の千葉ポートパーク。
足元の千葉ポートパーク。

足元の千葉ポートパーク。


東側、千葉ポートサイドタワー、千葉県庁。
東側、千葉ポートサイドタワー、千葉県庁。

東側、千葉ポートサイドタワー、千葉県庁。


海沿いに京葉線が走る。
海沿いに京葉線が走る。

海沿いに京葉線が走る。


北東側は鋭角、千葉駅方面。
北東側は鋭角、千葉駅方面。

北東側は鋭角、千葉駅方面。


建物が多い千葉駅方面。
建物が多い千葉駅方面。

建物が多い千葉駅方面。


北西側、稲毛方面。
北西側、稲毛方面。

北西側、稲毛方面。


千葉みなと駅周辺。
千葉みなと駅周辺。

千葉みなと駅周辺。


北側、マンションが立ち並ぶ。
北側、マンションが立ち並ぶ。

北側、マンションが立ち並ぶ。


北西側も工業地帯の雰囲気。
北西側も工業地帯の雰囲気。

北西側も工業地帯の雰囲気。


奥には海浜幕張のビル群。
奥には海浜幕張のビル群。

奥には海浜幕張のビル群。


工業地帯の埠頭。塔の向こうにうっすらと東京スカイツリー。
工業地帯の埠頭。塔の向こうにうっすらと東京スカイツリー。

工業地帯の埠頭。塔の向こうにうっすらと東京スカイツリー。


工業地帯の埠頭の先端部、奥に東京湾。
工業地帯の埠頭の先端部、奥に東京湾。

工業地帯の埠頭の先端部、奥に東京湾。


高栄丸の模型。
高栄丸の模型。

高栄丸の模型。


南西側。
南西側。

南西側。


こちらも生々しい工業地帯。
こちらも生々しい工業地帯。

こちらも生々しい工業地帯。


海岸沿いに工業地帯が続く。
海岸沿いに工業地帯が続く。

海岸沿いに工業地帯が続く。


ビーチの先のクレーン、コンテナ船。
ビーチの先のクレーン、コンテナ船。

ビーチの先のクレーン、コンテナ船。


生々しい工業地帯。
生々しい工業地帯。

生々しい工業地帯。


千葉ポートパーク。
千葉ポートパーク。

千葉ポートパーク。


京葉工業地帯が印象的な眺望でした。
京葉工業地帯が印象的な眺望でした。

京葉工業地帯が印象的な眺望でした。


二階は恋人の聖地。
二階は恋人の聖地。

二階は恋人の聖地。


タワーを見上げる。
タワーを見上げる。

タワーを見上げる。




タグ:千葉  臨海地区  タワー  展望台      工業地  千葉散策2018