名古屋城2・天守閣~本丸 〔中部地方

2017年5月、名古屋旅行に行きました。名古屋城は名古屋市にある日本三名城の1つで、国の特別史跡や日本100名城にも選ばれています。「尾張名古屋は城でもつ」と詠われ、名古屋のシンボルとなっています。名古屋城は今川氏、織田氏の那古野城の跡に徳川家康が慶長17年(1612年)に築城し、尾張徳川家の居城となりました。お城は空襲により焼失しましたが昭和34年(1959年)に天守が再建され、平成30年(2018年)には本丸御殿の復元工事が完了予定です。

名古屋城2・天守閣~本丸(32枚)
撮影時期2017年5月
所在地愛知県名古屋市中区本丸1-1
アクセスなごや観光ルートバスメーグル「名古屋城」下車
地図

名古屋城・天守閣

小天守経由で大天守に入ります。
小天守経由で大天守に入ります。

小天守経由で大天守に入ります。


石垣に囲まれた地階。
石垣に囲まれた地階。

石垣に囲まれた地階。


金の鯱。
金の鯱。

金の鯱。


1階には大きなジオラマ。
1階には大きなジオラマ。

1階には大きなジオラマ。


階段を登っていきます。
階段を登っていきます。

階段を登っていきます。


戦災焼失前の名古屋城の写真。今より建物や門が多い。
戦災焼失前の名古屋城の写真。今より建物や門が多い。

戦災焼失前の名古屋城の写真。今より建物や門が多い。


長い火縄銃!
長い火縄銃!

長い火縄銃!


ゆかりの三大名、徳川家康、豊臣秀吉、織田信長。
ゆかりの三大名、徳川家康、豊臣秀吉、織田信長。

ゆかりの三大名、徳川家康、豊臣秀吉、織田信長。


大天守の模型。
大天守の模型。

大天守の模型。


最上階7階の展望室へ。
最上階7階の展望室へ。

最上階7階の展望室へ。


南西側、名古屋駅周辺の高層ビル群。
南西側、名古屋駅周辺の高層ビル群。

南西側、名古屋駅周辺の高層ビル群。


正門方面。
正門方面。

正門方面。


栄方面のテレビ塔。
栄方面のテレビ塔。

栄方面のテレビ塔。


緑の先に官庁街が広がる。
緑の先に官庁街が広がる。

緑の先に官庁街が広がる。


以前より増えた名駅のビル群は目立ちます。
以前より増えた名駅のビル群は目立ちます。

以前より増えた名駅のビル群は目立ちます。


東側の風景。
東側の風景。

東側の風景。


足元には復元工事中の本丸御殿や二の丸庭園。
足元には復元工事中の本丸御殿や二の丸庭園。

足元には復元工事中の本丸御殿や二の丸庭園。


愛知県体育館と特徴的な愛知県庁と名古屋市役所。
愛知県体育館と特徴的な愛知県庁と名古屋市役所。

愛知県体育館と特徴的な愛知県庁と名古屋市役所。


うっすらと見えるナゴヤドーム。
うっすらと見えるナゴヤドーム。

うっすらと見えるナゴヤドーム。


北側の風景。
北側の風景。

北側の風景。


北西側の風景。
北西側の風景。

北西側の風景。


北東側に名城公園。
北東側に名城公園。

北東側に名城公園。


名古屋城・本丸

大天守を下り小天守から出ます。
大天守を下り小天守から出ます。

大天守を下り小天守から出ます。


本丸には新しいミュージアムショップ。
本丸には新しいミュージアムショップ。

本丸には新しいミュージアムショップ。


本丸から大天守を見上げる。
本丸から大天守を見上げる。

本丸から大天守を見上げる。


小天守。
小天守。

小天守。


復元工事中の本丸御殿エリア。
復元工事中の本丸御殿エリア。

復元工事中の本丸御殿エリア。


本丸広場から眺める大天守。
本丸広場から眺める大天守。

本丸広場から眺める大天守。


東一之門跡の石垣。
東一之門跡の石垣。

東一之門跡の石垣。


東二之門の先は工事中。
東二之門の先は工事中。

東二之門の先は工事中。


大きな清正石。
大きな清正石。

大きな清正石。


離れると金の鯱が見えやすくなります。
離れると金の鯱が見えやすくなります。

離れると金の鯱が見えやすくなります。


名古屋城2・天守閣~本丸と関連すると思われる「名古屋」「名古屋旅行2017」に関する日記があります。