篳篥(ヒチリキ)

篳篥(ヒチリキ)は雅楽等で使われる、中国を起源とする日本のダブルリード楽器。本体は竹製で、ダブルリードの葦を差し込んで演奏する。ヨーロッパのオーボエ等の楽器と比べるとシンプルな構造で、音程も自由に揺らしやすい。大きな音量と渋さを持ち、速い動きよりゆったりと落ち着いた叙情的な演奏を得意とする。音域は1オクターヴと2~3度程度と狭い。雅楽の奏法ではタンギングはせず、低い音程から発音して本来のピッチへ上げていく。同じ音が続くときはタンギングせず、穴を一度ふさいで音程を変えて戻す。篳篥の舌(シタ=リード)は、筒状の葦の先端を潰して薄く削っただけのシンプルな構造で、責(セメ)と呼ばれる籐の輪をはめて開きを調整する。リードは演奏前にお茶に浸ける習慣がある。雅楽では篳篥・龍笛・笙の3つを三管と呼ぶ。これらは雅楽演奏家の東儀秀樹氏の活躍で近年広まっている。

写真

篳篥本体。 舌と呼ばれるリード。
楽器本体。指孔が表側に7つ、裏側に2つあいている。右手親指の孔は原則開かない。 舌と呼ばれるリード。筒状の葦の先端を潰して削ったシンプルな構造をしている。責(セメ)と呼ばれる輪をはめ込んで開きを調整する。