「みやだい」の日記

みやだい日記 * タグ[神奈川]の日記一覧

6件中 15件目の記事

■投稿日時:2017/05/10(水) 22:37  ■カテゴリ:PHOTO

4月の桜が満開の時期に小田原城に行きました。写真は桜2017の写真ページにまとめました。

町田から小田原へはロマンスカーで小旅行気分を味わいました。

青いロマンスカーに初めて乗車。
青いロマンスカー青いロマンスカー
新しくてきれいな車内でくつろぐ。
ロマンスカー車内ロマンスカー車内
徐々に山が迫ってくる風景に変化していきます。
ロマンスカーからの風景ロマンスカーからの風景
■小田原城址公園・小田原城
小田原城は小田原市にあるお城で、周辺は小田原城址公園として整備されています。15世紀に大森氏が築いた城郭を元にして北条早雲に始まる小田原北条氏の拠点となりました。上杉謙信、武田信玄の侵攻を防いだ難攻不落の城でしたが、1590年に豊臣秀吉の小田原征伐により開城しました。1870年(明治3)に廃城されましたが1960年に鉄筋コンクリート造で再建され、2016年には天守閣などの平成の大修理が完了しました。桜の名所であり「日本さくらの名所100選」に選ばれています。

小田原駅から歩くと堀沿いに桜のアーチが続きます。
小田原城の桜小田原城の桜
満開の桜の元を歩く。沢山の人が行き交います。
小田原城の桜小田原城の桜
いくつかの門をくぐり天守閣へ向かいます。
小田原城の桜小田原城の桜
城内の美しい桜の木々。
小田原城の桜小田原城の桜
本丸広場に鎮座する大きなお城。昨年の大修理で白くきれいに。
小田原城と桜小田原城と桜
天守閣からは良い眺望、二色の青い海がきれい!
小田原城天守閣からの展望小田原城天守閣からの展望
■報徳二宮神社
報徳二宮神社は1894(明治27)年に創建された小田原城址内にある神社で、小田原が生地である二宮尊徳(金次郎)を祀っています。美しく手入れされた自然があふれる境内にはお神社とは思えない洒落なオープンテラスのカフェやレストランもありました。

お城の横にある神社です。
報徳二宮神社報徳二宮神社
ここでも桜が楽しめます。カフェでくつろぐも良し。
報徳二宮神社の桜報徳二宮神社の桜
祀られている二宮尊徳の像と解説。
報徳二宮神社の二宮尊徳像報徳二宮神社の二宮尊徳像
我が家から比較的近い、最も近いお城ですが今回が初訪問でした。桜の名所ということもあり二重に楽しむことができました。平成の大修理が終わった直後だったのもラッキーでした。ロマンスカーで行ったこともあり小旅行気分を味わえました。

【関連】桜2017の写真ページ



タグ:写真 神奈川 コメント(0)

■投稿日時:2016/03/02(水) 23:33  ■カテゴリ:PHOTO

昨日神奈川県西部にある松田山ハーブガーデンの早咲き桜、河津桜を見に行きました。少し葉桜になりかけている所もありますが遊歩道の斜面に美しい桜のアーチが広がり、鮮やかな黄色の菜の花とよくマッチしたきれいな自然風景でした。快晴だったので富士山もクリアな姿を見せ、高台からは桜越しに平野部の街や相模湾までの開放的な風景が広がり、期待以上の風景を堪能できました。

・新松田駅からの富士山!
新松田駅からの富士山新松田駅からの富士山・鮮やかな河津桜と菜の花
松田山の河津桜松田山の河津桜・東名高速の大井松田IC周辺の開放的な風景
松田山の河津桜松田山の河津桜・桜越しに酒匂川
松田山の河津桜松田山の河津桜・快晴できれいな富士山!
松田山からの富士山松田山からの富士山松田の河津桜2016の写真ページにまとめました。

★アクセス:小田急線「新松田駅」より北側へ徒歩約25分、「まつだ桜祭り」(3/13まで)の表示に沿って行けます。またはJR「松田」駅北口よりバス有。



タグ:写真 神奈川 富士山 松田の河津桜2016コメント(0)

■投稿日時:2015/06/30(火) 22:58  ■カテゴリ:DIARY

腰痛めました…座ってばかりいるからかな…。

箱根山の噴火


今日は午前中に地震が多いと思っていたら、箱根で800年ぶりの噴火、噴火警戒レベルが2から3に上がった。箱根はあじさいが見ごろで先週行こうと思っていたし、しばらく行けないと思うと残念ですorz 各地で火山噴火がおきていますが、人間は広大な自然の上のちっぽけな存在なのだと痛感させられます。大きな地球の脈動の事情の表面上に、あくまで人間が土地を借りているだけ。大きな被害が出ないことを願うことしかできません。箱根駅伝への影響も気になります。

イメージ:箱根・大涌谷(火山活動活発化前)

東海道新幹線内での事件


もう1つ今日の神奈川の大事件、東海道新幹線での焼身自殺。新幹線自体は無事故でとても安全・安心な乗り物なのですが、乗客が事件を起こす可能性もあると思うとぞっとします…。密閉構造で窓が開かなかったりスプリンクラーがなかったりするので、煙の充満が怖いと感じました。日本が安全だからこそ性善説で成り立っていたことですが、それも変わっていかなきゃいけない時代なのかなぁと。新幹線はフェスタや旅行で欠かせないし、特に夏の旅行を計画している今はちょっと不安感が出てしまいました。またこの人は年金が月12万円で不満とのことですが、同じ保険料を払っても我らがもらえる年金はもっとずっと少ない。老後や年金についても不安を提起した事件となりました…。

イメージ:新幹線(去年の博多駅)

じめじめな季節( -_-)。晴れていても空色も薄く写真が映えない。そんな中であじさいには癒されます。

そしてなぜかそばが食べたくなる

P.S.またニュース記事で写真を使ってもらえる話が来ました!

【関連】箱根の写真ページ



タグ:時事ネタ 災害 神奈川 雑記コメント(0)

■投稿日時:2015/05/27(水) 23:16  ■カテゴリ:DIARY

台風一過の日に江ノ電沿線散策に行きました。今年は台風が極端に多く、この日の前日も5月ながら台風6号が通過。むしろチャンスと思い、予想通り気持ち良いぐらいの快晴の中で散策ができて恵まれた散策となりました。

写真ページ


江ノ島・片瀬東浜海水浴場
藤沢駅からレトロ感のある江ノ電に乗り江ノ島駅へ街中をぬうように走ります。江ノ島駅からは名物しらす料理やサーフショップなどがある「すばな通り」を歩き、江ノ島入り口にある有名な海岸「片瀬東浜海水浴場」へ。海岸に近づくほど潮の香りと共に強い風が吹き付けます。季節はずれの台風一過の快晴で開放的な広い砂浜に、押し寄せる波を眺め波音を聞き強く涼しい風が気持ちよい場所でした。平日と時期からかサーフィンをする人は少なく、江ノ島へはたくさんの人が歩いていました。

腰越・満福寺
江ノ島駅から江ノ電に乗り隣の腰越駅で下車。腰越駅は道路線路共用区間との境にあるホームの短い駅で、住宅街に挟まれた街と密着した駅でした。駅周辺は閑静な雰囲気で、名物しらすのお店などがあります。腰越駅から少し歩くと源義経が兄頼朝に宛てた「腰越状」で有名な、真言宗大覚寺派の満福寺があります。満福寺は江ノ電の踏み切りの先の坂の上にあり、住宅街をぬうように走る江ノ電を見下ろすことができます。

小動神社
小動(こゆるぎ)神社は腰越の南側、海に突き出た小動岬の丘の上に立つ神社。源平合戦の際に佐々木盛綱が近江から八王子宮を勧請したものと伝えられる。階段を登るとトンビが飛ぶ静かな広場に社殿と、周りに金刀比羅宮、稲荷社などの鳥居が囲う。さらに登ると江ノ島や腰越漁港が眺められる小さな展望台があります。海岸沿いに鎌倉高校前駅方向へ歩くと海岸風景が広がり、迫力ある荒波を横に感じながら歩く心地よい道でした。

鎌倉高校前
腰越方面から波音、涼しい海風、潮の香りを感じながら心地よい海岸沿いを歩き鎌倉高校前駅へ。駅は渋滞する道路を挟んで広い海岸を見渡せる開放的な眺望を持ち人気のスポットです。特に踏み切りのある坂はテレビ等でも良く使われ、この日もたくさんの人が江ノ電が来るのを待って撮影し続けていました。快晴という条件にも恵まれ、潮の香り、波の音の心地良さと共に素晴らしい景色を堪能しました。

極楽寺坂・由比ガ浜
鎌倉高校前から江ノ電に乗り内陸に向かった所にある極楽寺駅で下車。のどかな田舎風景で静かで空気も全く違い澄んでいて、近くなのに遠くに来たような大きな変化を感じます。東側には鎌倉七口の1つである極楽寺坂切通があり、涼しく静かな坂を下り住宅街を抜けると再び海岸風景の由比ガ浜へ。

長谷寺
由比ガ浜から長谷駅を抜けて長谷観音として親しまれる長谷寺へ。近くにある大仏の高徳院と併せて人の多いスポットです。長谷寺は天平8年(736年)に創建されたとされる古寺で、坂東三十三ヵ所霊場の第四番札所です。御本尊は十一面観音菩薩像で、奈良の長谷寺と同じ像容をしています。境内は平地部分と高台に分かれ、平地部分には2つの池がある回遊式庭園、階段で高台に登ると観音堂、阿弥陀堂、鐘楼、宝物館、経蔵があります。南側の見晴台からは鎌倉や由比ガ浜を見渡すことができます。

所感


鶴岡八幡宮等にも行きたかったのですが、体力と若宮大路の工事のため(笑)、また今度にすることにしました。身近な場所であってもし遠くに住んでいたらいつもように旅行として訪れていたであろう場所。箱根もそうですが本当に素晴らしい神奈川県の名所ですので、ぜひ訪れてみて下さい!

【関連】写真タグ:江ノ電散策2015



タグ:写真 神奈川コメント(0)

■投稿日時:2015/03/31(火) 00:11  ■カテゴリ:PHOTO

桜撮りは今週がベストかなと思い、今日は神奈川県大和市の桜の名所、引地川の千本桜へ。天気にも恵まれました。小田急江ノ島線の桜ヶ丘駅から高座渋谷駅の間に西側にあります。静かな住宅街の川沿いに続く満開の桜のアーチがきれいで心地よい場所でした。春休みの子供達からお年寄りまで、たくさんの人が花見に来ていました。

※より詳細な写真やコメントは引地川の桜の写真ページを参照。

桜ヶ丘駅周辺


・小田急線桜丘駅から出発
小田急桜ヶ丘駅付近の桜小田急桜ヶ丘駅付近の桜
・桜丘駅周辺の桜
小田急桜ヶ丘駅付近の桜小田急桜ヶ丘駅付近の桜小田急桜ヶ丘駅付近の桜小田急桜ヶ丘駅付近の桜小田急桜ヶ丘駅付近の桜小田急桜ヶ丘駅付近の桜

引地川・千本桜



・引地川へ、心地よい川を覆う桜のアーチ、南下していきます
引地川・千本桜引地川・千本桜引地川・千本桜引地川・千本桜引地川・千本桜引地川・千本桜引地川・千本桜引地川・千本桜引地川・千本桜引地川・千本桜
・千本桜さくらまつり付近は人でにぎわう
引地川・千本桜引地川・千本桜

常泉寺・高座渋谷駅周辺



・川から離れて常泉寺
常泉寺常泉寺
・高座渋谷駅下の新幹線
高座渋谷駅・新幹線高座渋谷駅・新幹線
・高座渋谷駅にも桜の木
高座渋谷駅・桜高座渋谷駅・桜
心地よい川沿い桜散策でした。桜って本当にきれいですね♪

※より詳細な写真やコメントは引地川の桜の写真ページを参照。

【関連】写真ページタグ:桜2015



タグ:写真 神奈川コメント(0)