「みやだい」の日記

みやだい日記 * タグ[演奏会後記]の日記一覧

60件中 15件目の記事

■投稿日時:2018/06/18(月) 14:03  ■カテゴリ:MUSIC

土曜日に演奏会を終えました。基本的にオーケストラのサウンドにこだわった団体ですが、今回は1部に吹奏楽的な曲もありました。今回の演奏会を通じてのオーケストラと吹奏楽の違い等の感じた事として書いてみます。

・演奏会プログラム
演奏会プログラム演奏会プログラム
1部、ファンファーレと山寺。降りだったのでこの団体で純吹奏楽曲をやるとどんな風に聞こえるかと思っていましたが、やはりいつものオケ風サウンドとは違った元気な感じで新鮮でした。ただコントラバスが3本なのでベースはその印象が強いですね。イングリッシュホルンも存在感があり、オプション的な扱いですがサウンドが変わることを実感しました。静かな所では低音の音の中にファゴットの成分もしっかり感じる事が出来ました。よく吹奏楽ではファゴットが聞こえないと言われますが、編成バランス、サウンドバランスが適正であれば聞こえます。もちろんいたずらに騒がしい曲でなければ。

パヴァーヌは金管についてはホルン2本のみであとは降りという思い切った編成。1人1人の音がより聞き取りやすいすっきりしたサウンドでオーケストラのような繊細なサウンドを作っていました。一般的に吹奏楽はオーケストラと比べて編成や作品自体に「全員参加」的なニュアンスを感じる事があるのですが、こういう曲もぜひ取り入れて挑戦してほしいなと思います。金管が暇ならロビコンでアンサンブルをやる手もありますね。いずれも少人数でのアンサンブルは良い経験になります。

・ステージ上のコントラファゴット
ステージ上のコントラファゴットステージ上のコントラファゴット
出番の2部、大学祝典序曲と三角帽子、サウンドががらりと変わります。吹奏楽と比べてオーケストラの曲は音が薄く、弱奏部分の割合が多いです。弦楽器のサウンドを木管楽器中心に演奏し、金管楽器はあまり吹かないアレンジにすることで弱奏の雰囲気を作り、盛り上がるところと音量のメリハリが付きます。バスクラやバリサクはチェロパートですが、ユーフォなどを無理に加えないほうがすっきりしますね。ベースもチューバは大きい所だけで終始コントラバスが支配し、そこに補強的にコントラファゴット(今年は居ませんが例年はコントラバスクラ、バスサックスも)が加わります。こんなサウンドなのでファゴットの音もよく通ります。それぞれの楽器が難しい曲ですが、経験豊富な大人が多くプロの方も入っているので、良い演奏ができたと思います。

いつも思うのはお客さんの客層がどういう方々なのかということ。楽章間や曲の途中の盛り上がった後で拍手が入る場合もあります。あくまで吹奏楽団の演奏会なのでオーケストラの曲について詳しくないからかもしれませんが、ちょっと気にはなります…。

自分がファゴット吹きということもあり、吹奏楽の元気すぎてお互いを殺し合うサウンドはあまり好きではなく、この団体のようなオーケストラサウンド、原調、全楽章というコンセプトはすごく良いと思っています。軍楽隊が元になっている吹奏楽は音量が大きくオーケストラとは別物ではありますが、表現の幅を広げるにはオーケストラのサウンドも参考の1つになると思います。吹奏楽でもファゴットとコントラバスによるベースサウンドが可能だし、Fl,Ob,Cl,Fgのアンサンブルのサウンドも可能です。そのためには全体の音量を「落とす」、編成を「減らす」などの意識的な調整が必要になります。パヴァーヌは分かりやすい例で、1人1人の主体性が必要で負担が大きくなりますが、良い経験になります。吹奏楽の可能性はもっと大きいものなので、ぜひこういうスタイルの演奏も広まるといいなぁと思います。

・演奏会ホール
演奏会ホール演奏会ホール

東京リサーチ合奏団 第44回定期演奏会


【日時】2018年6月16日(土) 開場14:00/開演14:30
【場所】練馬文化センターこぶしホール
【指揮】鈴木 聡
【入場料】1,500円
【曲目】
・M.ファリャ:バレエ音楽「三角帽子」第1組曲、第2組曲
・C.ウイリアムズ:ファンファーレとアレグロ
・M.ラベル:亡き王女のためのパヴァーヌ
・福島 弘和:山寺にて-奥の細道の奥-
・J.ブラームス:大学祝典序曲
アンコール:
・マスカーニ:カヴァレリア ルスティカーナより間奏曲
・近藤雅俊:バースデーマーチ
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会後記 吹奏楽 管弦楽 コントラファゴットコメント(0)

■投稿日時:2018/05/21(月) 23:51  ■カテゴリ:MUSIC

土曜日はアンサンブル・アルページュの第15回演奏会でした。

主催者兼Vn奏者の山内敏彰さんが本番1週間前に亡くなり、とても悲しく辛い状況で臨んだ演奏会でした。この団体は山内さんそのものであるし、追悼も込めて絶対に良い演奏にしたいという想いで臨みました。

開演すると客席にはほぼ満席に見える大勢のお客さん。客席の暗闇の中にスポットをあびるきれいな木のステージ。自分たちの番はモーツァルトのセレナード12番、様々な想いがよぎりながらも良い緊張感と集中力の中で良い演奏ができたと思います。他チームは急きょ代奏を務めた方がそれを感じさせない素晴らしい演奏をしました。

アンコールでは他の出演チームも加わり、椅子に置かれた山内さんの遺されたVnと共に皆でWaltzing Catを演奏しました。アレンジは故人の中学生のご子息、終演後の写真撮影では彼がそのVnを持つ姿に胸を撃たれました。

今回は皆が特別な想いで臨んだ演奏会でした。打ち上げではそれぞれの涙ながらに語られる無念な想いを聞いて、改めて悔やまれると共に、本当に沢山の人に慕われていた素晴らしい方だったんだと実感しました。これほどの集客ができているのも地域の方々にも親しまれている証拠です。

翌日には沢山の人と共にお通夜に参列し、感謝と演奏会の成功を伝えました。素晴らしい演奏会に関わることができたことに感謝すると共に、山内さんの遺志を引き継いでこれからもこの団体が続き、皆の心の中で山内さんが生き続ける事を願っています。

・本番演奏中
本番演奏中本番演奏中
・アンコールは遺されたVnと共に
本番演奏中2本番演奏中2
・ホールの外
ホールの外ホールの外
・ホール入口
ホール入口ホール入口
・ホール内
ホール内ホール内
・リハーサルのステージ上
リハーサルのステージ上リハーサルのステージ上

アンサンブル・アルページュ 第15回演奏会


【日時】2018年5月19日(土) 13:30開場/14:00開演
【場所】府中の森芸術劇場ウィーンホール
【入場料】入場無料
【曲目】
W.A.モーツァルト/フルート四重奏曲第4番イ長調 KV 298
W.A.モーツァルト/セレナード第12番ハ短調「ナハトムジーク」KV 388(384a)
L.v.ベートーヴェン/弦楽五重奏曲ハ長調 作品29
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会後記 室内楽 ファゴットコメント(0)

■投稿日時:2018/03/26(月) 20:12  ■カテゴリ:MUSIC

横浜市立桜丘高校 第7回OB・OGジョイントコンサートを無事盛大に終えました。

ホームグラウンドのみなとみらいホールに約200人が集まり、今回も桜丘らしい温かい演奏会を作り上げました。指揮は足立先生(他校へ離任後現在本校副校長)、小澤先生(前顧問)、椛澤先生(現顧問)の歴代3人の顧問でつないだ、桜丘オールスターの演奏会でした。足立先生の作り上げたあの温かい和やかな雰囲気、サウンド、人間性、それを受け継いでつながっているというのを感じられました。それを各先生方と現役・OBOGと世代を超えて共有できて良かったです。皆演奏スキルが高くてサウンドよく調和して安心感があり、ファゴットの皆も本当に上手くて頼りになります。

・リハーサルの様子
みなとみらいホールの客席みなとみらいホールの客席みなとみらいホールのステージみなとみらいホールのステージ
♪各曲について:

・1部:現役ステージ
ローマの祭り、他(裏に居たので聞けてない)

・2部:OBOGステージ(約140人)
セレモニアルマーチ、ファンファーレで華やかに始まるマーチ、6人のファゴットで奏でるトリオの旋律が良かったです。
カンタベリーコラール、美しくも緊張感の連続で難しい曲。ファゴットも目立つので緊張し少し消極的になりましたが頑張りました。
もののけ姫、冒頭の緊張感のある静けさの中の豊かな残響に始まり、大人数で作る豊かな響きが本当に美しかった。
ブラボーブラス、スタンドプレイや傘を使った演出もあり桜丘らしいはじける楽しいポップスになりました。

・3部:ジョイントステージ(約200人)
ゴジラ、巨大編成の中でコントラファゴットで重厚に力強くバリバリ吹いて楽しみました。一番ゴジラっぽい楽器ですから。でもちょっと張り切りすぎたかな(^^;)
春の猟犬、コントラファゴットにて。当時の顧問の足立先生の指揮で感慨深く、音1つ1つ丁寧に感情を込めて演奏できました。
サザンオールスターズ、こちらも桜丘ポップスで楽しみました。
さくら(合唱)、本気で歌いました。桜丘吹は合唱もやっていて、洗練された澄んだ声がホールに響きました。歌詞は切なくも素直で前向きで清々しく、桜丘にぴったりの曲で温かい空気になったと思います。
ディスコキッド、掛け声とかアドリブやったりとか、とにかく思い切り楽しみました。

アンコールは桜丘定番の木陰の散歩道。仲の良さが感じられる演出のある素朴な曲で一体感を楽しみました。ダブルアンコールで急遽2回演奏し、指揮者は椛澤先生から足立先生にバトンタッチし、盛大に終演しました。

世代を超えた一体感、本当に楽しい演奏会で幸せな時間でした。温かく優しい雰囲気に包まれて居心地が良く、清々しい気持ちでした。社会に出てからはなかなか味わえない素直で純粋な感覚です。素晴らしい母校を持てて本当に幸せです。先生方、運営スタッフの方々、現役の子達、OBOGの皆さん、素晴らしい演奏会をありがとうございました。自分の大切な音楽の原点として、これからも大切にしていきます。

・演奏会を終えたみなとみらいホール
みなとみらいホールのステージみなとみらいホールのステージ
そして足立先生は、二度とないと思っていた青ブレの前での指揮がまたできて幸せだとおっしゃっていましたが、4月から再び他校へ移られます。でも今回は、前回の離任の時の悲しい雰囲気とは違い、先生の幸せそうな姿が見られて良かったです。足立先生は今後もずっと桜一家の一員です!

大盛り上がりの打ち上げでの過去の演奏会の映像。今は減りましたがピーク時は現役がこんな大人数の時代もありました。ファゴットも1学年2~3人!
高校の演奏会高校の演奏会
P.S.参加したOBOGの中でも自分はほぼ最年長世代となってしまいました。同学年は0で近い学年もほぼ居ない、とても寂しい状況でした。今後の機会にぜひご参加下さい!

横浜市立桜丘高校 第7回OB・OGジョイントコンサート


【日時】2018年3月24日(土) 開場17:30 開演18:00
【場所】みなとみらいホール 大ホール
【指揮】椛澤風太、小澤哲朗、足立昭夫
【入場料】S席:600円、A席:500円、P席:200円
【曲目】
・第1部 現役ステージ
虹色の未来へ
ローマの祭り
トゥッティ
キューティーハニー
・第2部 OB・OGステージ
セレモニアルマーチ
カンタベリーコラール
もののけ姫セレクション
ブラボーブラス
・第3部 ジョイントステージ
ゴジラファンタジー
春の猟犬
サザンオールスターズコレクション
さくら
ディスコキッド
・アンコール
木陰の散歩道(2回)
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会後記 吹奏楽 ファゴット コントラファゴット 横浜コメント(0)

■投稿日時:2018/01/22(月) 12:20  ■カテゴリ:MUSIC

プリモアンサンブル東京 第30回定期記念公演を無事盛大に終演しました。今回もホールを埋める沢山のお客さんの中で演奏ができました。集客力が強いのもこの楽団の特徴の1つです。

・文京シビックホール
文京シビックホール文京シビックホール文京シビックホール文京シビックホール
30回記念ということで演奏した「山に祈る」。演奏に朗読と合唱が加わる編成でした。遭難した息子を想う悲しい曲で、死を目前にした場面の「おかあさん、ごめんなさい」は演奏していてもうるうるしてしまいます。吹雪を表すウィンドマシンが効果的でした。音楽は喜怒哀楽様々な感情を表現・共有することができます。悲劇を繰り返してほしくないという作者のメッセージが伝わればと思います。朗読も合唱も素晴らしかったです。

ベルキスは再演奏のリクエストが多かったため選曲されたそうです。ベルキスは中学時代から聞いていた個人的にも好きな曲で、その当時から持っているイメージからすると大人な演奏ができた気がします。ファゴットのハーモニーにイングリッシュホルンのソロという中東の雰囲気が魅力的です。本来チェロが弾いている超ロングトーンを吹くのは大変でしたが…。4楽章の舞台裏はトランペットの版が多いですが今回はソプラノサックスでした。

モンタニャールの詩は山に暮らす人たちの自然、戦争、統治者を表現した曲で、多彩かつ壮大な曲でした。変拍子のリコーダーアンサンブルというルネサンス期の音楽を思わせるような場面もありました。吹奏楽オリジナル曲では珍しく(委嘱作品に多いパターンですが)コントラファゴットも深みを増したり暗い深い響きを作ったり、効果的に使われていました。

アンコールは真島俊夫編曲の「あの日聞いた歌」、「哀愁のアダージョ」、「マーチ『一度っきりの人生』」を演奏しました。終演後2つの楽器を片付けてから行ったロビーにはまだ大勢の人だかり。本当にお客さんとの繋がりを感じられる愛されてる楽団だと思います。

ホールのファゴットとコントラファゴットホールのファゴットとコントラファゴット
ご来場いただいた方々、ありがとうございました。今回も長くてハードでしたが(第20回の時はもっと長かったですが)、無事終わったのが何よりです。打ち上げでは今回受付やバンダ等でお手伝いしてくれた東海大吹研の現役生と話もできました。活発に音楽活動をしているOBとしてたまには大学にも顔を出さなきゃと思います。

文京シビック・打ち上げ会場文京シビック・打ち上げ会場

プリモアンサンブル東京 第30回定期記念公演


【日時】2018年01月21日(日) 12:30開場/13:30開演 (13:05よりロビーコンサート)
【場所】文京シビックホール 大ホール
【入場料】一般:1,000円 小学生以下:無料 (全自由席)
【指揮】上原 圭詞
【朗読・司会】片桐 八千代
【曲目】
ドミートリイ・ショスタコーヴィチ/祝典序曲
オットリーノ・レスピーギ/バレエ音楽「シバの女王ベルキス」より
清水脩/合唱組曲「山に祈る」
ヤン・ヴァン=デル=ロースト/交響詩「モンタニャールの詩」
あの日聞いた歌
哀愁のアダージョ
マーチ『一度っきりの人生』
※HP:http://www.primoensemble.tokyo/concert/index.html
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会後記 吹奏楽 ファゴットコメント(0)

■投稿日時:2017/12/17(日) 21:07  ■カテゴリ:MUSIC

横浜大さん橋での第九(4楽章)演奏を無事に盛大に終えました。

当日の横浜は風は冷たいが天気は心地よい晴れ、冬特有の澄んだ青空や空気が気持ち良かったです。一眼レフ持っていけばよかったと後悔したぐらいです。
快晴・飛鳥II快晴・飛鳥II快晴・みなとみらい快晴・みなとみらい
昼のリハーサルの終盤、開場前から既に入場の行列!開演してみると自分たちで設営した300以上の席が埋り、さらに後ろに立ち見の壁が続く光景に驚きました(スタッフによると約700人という話も!)。地区センターの時もですが、演奏会ホールとは異なり立ち見が可能なので、演奏者側からも新鮮な風景です。

・演奏した大さん橋入出国ロビー
大さん橋入口大さん橋入口
・細長い大さん橋内。突き当りで演奏し、このクリスマスツリーまで立ち見が続いたらしい!
大さん橋・クリスマスツリー大さん橋・クリスマスツリー
演奏は目前にお客さんの壁もあり、さらにライブ配信をするとのことでカメラが設置され、いつも以上に緊張しました。そんな中で重要なオブリガードのあるファゴットの1stを頑張って吹きました。今期の集大成でもあるし、リハーサル時よりしっかり表現したい意識を高めて臨みました。今回も100人の大迫力の合唱、豪華な歌ソリスト達(後述)とオーケストラで熱演し、ブラボーの声も飛び盛大に終えました。全体的に前回の地区センターよりもさらにパワーアップした演奏ができた気がします。今回は第九の4楽章と横浜市歌だけということもありあっという間の感覚でした。

・リハーサル時の演奏風景
大さん橋でファゴット演奏大さん橋でファゴット演奏大さん橋でファゴット演奏大さん橋でファゴット演奏
今回は奥の「大さん橋ホール」ではなく、人々が行き交う手前の「入出国ロビー」でのこのようなイベント企画は初めてとのことでした。大さん橋を含む横浜港は約160年前の1859年(安政6年)に開時して様々な西洋文化が入ってきた場所で、関内駅から歩く途中にも様々な「発祥の地」の石碑があり横浜生まれの自分でも驚きました。西洋音楽・管弦楽もその1つであり、そのような場所で演奏できたことは貴重であり縁を感じます。横浜市歌は1909年(明治42年)に開港50周年を記念して作曲されましたが、森鴎外が作詞した当時と比べてここ大さん橋や停泊する飛鳥IIのように今はさらに大きな港になっている事も感慨深いです。

前回の地区センター、今回の大さん橋とソリストの方々と共演しましたが、本当に凄い方達なんです。プロオケとしか共演しないような方々で、プロフィールの長い実績の羅列を見て驚きます。団長が持っているヨコハマ・ベイ・フィルの熱いコンセプト、その意欲的な取り組みにやりがいを感じて頂いて共演が実現していると聞きました。みなとみらいホールを満員にするという近い目標に向かって、さらに沢山の人と関わり合い貴重な充実した活動をしていきたいです。

大さん橋には先週のリハ同様豪華客船「飛鳥II」が停泊していました。調べるとその日の夕方に出港した後、名古屋、神戸を経て再びここ母港に戻ってきたようです。まるで巨大な建物がそこに建っているかのような客船です。いつかこの船の中で演奏できたら…というのは難しそうですが。ちなみに船のクルーの人も聞きに来てくれたようです。
巨大な豪華客船飛鳥II巨大な豪華客船飛鳥II
そしてファゴットと飛鳥II、ベイブリッジ、山下公園(マリンタワー、氷川丸)で記念撮影しました。これもなかなか実現できない共演ですね。

・飛鳥II
ファゴットと飛鳥IIファゴットと飛鳥II
・横浜ベイブリッジ
ファゴットと横浜ベイブリッジファゴットと横浜ベイブリッジ
・山下公園(マリンタワー、氷川丸)
ファゴットと山下公園ファゴットと山下公園
演奏と片付けを終えた帰り、夕暮れで表情を増す飛鳥II、みなとみらい。大さん橋は解放感が気持ち良くて港街の風景が美しい、本当に魅力的な場所です。今後も大さん橋で演奏する機会があると思いますので横浜観光と併せてぜひお越し下さい。
夕暮れの飛鳥II夕暮れの飛鳥II夕暮れのみなとみらい夕暮れのみなとみらい

横浜ベイフィルハーモニー Winter Concert 2017(横浜・大さん橋)


【日時】平成29年12月17日(日)開演:14:00
【場所】横浜港大さん橋国際客船ターミナル ※大桟橋ホールより手前の室内です
【指揮】松本宗利音
【ソリスト】S:佐藤優子、A:布施奈緒子、T:城宏憲、Br:増原英也
【合唱】YBP第九合唱団2017
【入場料】無料
【曲目】
ベートーヴェン/交響曲第九番 第四楽章
アンコール:横浜市歌
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会後記 管弦楽 ファゴット 横浜コメント(0)