みやだい日記 * タグ[広島旅行2017]の日記一覧

「みやだい」の日記

6件中 15件目の記事

■投稿日時:2017/09/16(土) 12:46    ■カテゴリ:PHOTO

広島旅行3日目・前半に続き後半も尾道の続きで、千光寺から下っていきます。

千光寺


■千光寺
千光寺千光寺千光寺は806年に創建された真言宗系の寺院です。斜面にある境内からは尾道や向島等を一望することができます。

文学のみちを下り千光寺の裏口から入ります。急斜面上にあり狭い岩場に囲われた通路を抜けると展望台同様に良い景色が広がります。狭い境内にたくさんの人がひしめき、高い標高に朱色のお寺の建物があるのが独特です。地上から高さはありますが時折踏切や電車の音が聞こえてきます。

・狭い岩場から出た先の鐘楼
千光寺・鐘楼千光寺・鐘楼
・鐘越しの尾道の風景
千光寺・鐘越しの尾道の風景千光寺・鐘越しの尾道の風景
・くさり山の途中からの開放的な風景
千光寺・くさり山の途中からの開放的な風景千光寺・くさり山の途中からの開放的な風景
・斜面にある境内
千光寺・斜面にある境内千光寺・斜面にある境内
・鎖で上るくさり山は恐くて登れず
千光寺・鎖で上るくさり山は恐くて登れず千光寺・鎖で上るくさり山は恐くて登れず
・地面の謎な記号が何か神秘的
千光寺付近・地面の謎な記号千光寺付近・地面の謎な記号

猫の細道


■猫の細道
猫の細道猫の細道猫の細道は狭い坂道の路地に福石猫や猫のモチーフが集まる場所です。どこか懐かしい雰囲気が漂います。

千光寺から尾道らしい坂道を下っていきます。工事中のため迂回して少し迷いつつ猫の細道に到着。さきほどの艮神社のすぐ脇でした。狭くて少し暗い坂道の路地に猫に関するお店やオブジェが続き、そのに人に慣れた猫たちがのんびりと過ごす姿はどこか幻想的で、まるでジブリの世界のような別世界な感じがしました。

・坂を下ると三重塔、脇に猫の細道の入口
猫の細道付近の三重塔猫の細道付近の三重塔
・猫と関わりのある建物が現れる
猫の細道付近猫の細道付近
・艮神社脇の細道を行く
猫の細道・艮神社脇猫の細道・艮神社脇
・福石猫のある幻想的なエリア
猫の細道・福石猫猫の細道・福石猫
・狭い道に悠々自適に過ごす猫たち
猫の細道の猫猫の細道の猫猫の細道の猫猫の細道の猫猫の細道の猫猫の細道の猫猫の細道の猫猫の細道の猫
そのまま道を下ると再びロープウェイ乗り場に出て、大分疲れたので道の向かいの「ロープウェイ前ええもんや」にて休憩しました。この辺りは公衆トイレもあり坂道散策の拠点になる場所でもあり、有名人も訪れるお店のようです。はっさくソフトクリームが名物のようですがこの時はコーヒーにしました。

高架線路沿いを歩くといくつか踏切があり、詳しくはないですが映画やドラマ等で撮影されている場所のようです。
尾道・ドラマ撮影地となった踏切尾道・ドラマ撮影地となった踏切

千光寺新道


■千光寺新道
千光寺新道千光寺新道千光寺新道は昔ながらの民家や石垣の間の狭い石畳の階段状の坂道です。まっすぐ市街地を見下ろした風景は観光ポスターにも採用され、坂の街尾道を代表する風景です。

土堂2丁目交差点からガード下を下った先の坂道は千光寺新道と呼ばれています。住宅街にある石畳の階段が続く静かな場所で、ここにも猫がいました。脇には志賀直哉旧居があります。石垣横を上り切って道が曲がるところから振り返って街を見下ろした風景は有名な撮影スポットで、坂の街尾道らしい風景を楽しみました。

・住宅街にある石畳の坂道の千光寺新道、振り返った風景(上の写真)が有名
千光寺新道千光寺新道

尾道本通り商店街


■尾道本通り商店街
尾道本通り商店街尾道本通り商店街尾道本通り商店街は東西1kmに延びるアーケードの商店街です。昔ながらのレトロなお店やおしゃれな雑貨屋、飲食店などが並びます。

尾道駅へと戻る途中に取った長いアーケードの商店街。シャッターを閉じた店が多く静かでお世辞にも栄えてるとはいえませんが、レトロな雰囲気のお店や新しいお店などが混在しているの眺めながら楽しみました。
尾道本通り商店街尾道本通り商店街尾道本通り商店街尾道本通り商店街

尾道駅前


■尾道駅前
尾道駅前の海沿いは来た時よりも天気が良く、青いきれいな海を見られました。向島からのフェリーには学生さん達が行き来して生活路線なんだなと実感。海風の心地よさに吹かれながら旅の終盤を名残惜しむ。
尾道駅前尾道駅前尾道駅前尾道駅前
信号機トラブルのため電車は遅延し少しそわそわした雰囲気。1本先の電車が先に来て乗車し、福山へ向かいます。
尾道駅尾道駅

福山・帰り


■福山駅
福山駅福山駅福山駅は福山市の中心駅で、JR西日本の山陽本線、福塩線、山陽新幹線が乗り入れています。駅のすぐ北には福山城があります。

ダイヤが乱れて少し到着が遅れつつも福山駅に到着。新幹線ホームからは北側に福山城が間近に見られました。城郭内に堀を埋めて作った駅ということでとても珍しい光景ですね。いずれまた訪れたいです。新幹線が行き交うのを眺めながら乗る列車を待つ、毎度の名残惜しさです。
福山駅福山駅福山駅福山駅
夕食は車内で浜吉の「福山ばら寿司」、バラの街にちなんでいるそうです。海鮮好きなので美味しく食べました。
福山ばら寿司福山ばら寿司
今回もお世話になりました新幹線。
新幹線新幹線

旅行を終えて


平和記念公園を訪れて原爆投下時に広島でどれほど悲惨な事が起きていたのか、原爆がいかに非人道的な兵器であるかを強く実感することができました。過ちを二度と繰り返してはいけない、そのリアリティを伝えていかなければならない。人生観が変わる出来事の1つとなり、平和を願う気持ちの裏付けがより強く鮮明になりました。そして世界中の沢山の人がヒロシマを訪れ、何かを感じて持ち帰ってほしいです。

今は大きく栄えた広島の街。全国各地を訪れてもその土地にしかない特有の雰囲気があり、広島でも大都市の中を路面電車が走る風景が印象的でした。広島駅自体工事中で、駅前もタワーマンションが建ったりして風景がどんどん変化していくのかなと思いました。平和を発信する街としてこれらかも発展していってほしいです。

最近お城が好きで100名城スタンプも押し始めているので、広島城、岩国城に行けて良かったです。時間があれば福山城にも行きたかったです。錦帯橋も宮島・厳島神社も日本らしさを感じられる素晴らしい所でした。尾道は海も山もありのどかな雰囲気でとても心地よい場所でした。広島名物のお好み焼きや牡蠣、もみじ饅頭、尾道ラーメンも堪能できました。

天気が良くて写真撮影としては恵まれていましたが、夏の炎天下で体力を奪われ、思っていた以上に疲労がたまりました。その結果行程を削ったりすることもあり、余裕を持ったスケジュールにすることが反省です。とはいえ観光面、社会勉強面共に総合的に、期待以上のとても充実した旅行となりました。半年前から計画して一時は諸事情により中止も考えましたが行ってよかったです。

P.S.今回はタイムラグ短縮のため写真ページを作る前にまとめ記事を書きました。かなり圧縮してまとめたので写真ページにさらに多くの写真を掲載し細かい事も書いていきます。

【関連】広島旅行2017の日記一覧広島旅行2017の写真ページ



タグ:旅行 旅行まとめ 写真 広島 広島旅行2017コメント(0)

■投稿日時:2017/09/16(土) 11:59    ■カテゴリ:PHOTO

広島旅行2日目・後半に続き3日目。この日は呉と尾道に行く予定でしたが前日のスケジュール詰め過ぎの反省から尾道だけに行くことにしました。山陽本線で約1時間半ローカルな山間を通り、三原の次の糸崎で乗り継ぐと海沿いの風景に変わり尾道へ。

・糸崎まではのどかな山間風景の山陽本線
山陽本線広島・尾道間山陽本線広島・尾道間
・糸崎駅でのんびり乗り継ぎ待ち
糸崎駅で乗り換え糸崎駅で乗り換え

尾道海岸通り


■尾道海岸通り
海岸沿いの公園海岸沿いの公園海岸通りは尾道水道沿いに整備された遊歩道です。海の心地よさを感じながら行き交うフェリーを眺めたり、周囲には倉庫をリノベーションしたカフェなどがあります。

今回の旅では工事中の駅が多いですが尾道駅も同様でした。仮設の改札を出て海岸沿いを歩きます。海のすぐ先には向島がありまるで川のように隔てられていて、複数の場所で小型フェリーが頻繁に行き来して歩行者と自転車、自動車を渡していました。船の音や対岸の造船所の音が響き、海風が吹くと心地よい。潮の香りと船のガソリンのにおいが漂う。静かでのんびりな時間が過ぎていきました。(今思えばフェリーで対岸に渡って撮影すればよかった)

・尾道駅前のロータリー
尾道駅尾道駅
・心地よい海沿いを歩く
心地よい海沿いを歩く心地よい海沿いを歩く
・何箇所か見かけた向島へ渡す小型フェリー
向島への小型フェリー向島への小型フェリー
・連続テレビ小説「てっぱん」の舞台
連続テレビ小説「てっぱん」の舞台連続テレビ小説「てっぱん」の舞台
・海に突き出た爽快な休憩スペースでのんびり休憩
海に突き出た爽快な休憩スペースでのんびり過ごす海に突き出た爽快な休憩スペースでのんびり過ごす
昼食は「麺や 雑兵」にて尾道ラーメンを食べました。
尾道ラーメンの麺や雑兵尾道ラーメンの麺や雑兵ダシがきいているスープ、素朴な味の自家製麺、柔らかいチャーシュー、たくさん浮いている背脂、美味しくてスープもほとんど飲みました。
尾道ラーメンの麺や雑兵尾道ラーメンの麺や雑兵尾道ラーメンを味わった後、再び海の休憩スペースで休憩。次は坂の街を感じられる山の方へ向かいます。

艮神社


■艮神社
艮神社艮神社艮(うしとら)神社は806年に創建された古社で、拝殿の前には樹齢約900年のクスの巨木があります。映画「時をかける少女」のロケ地でもあります。

千光寺ロープウェイの乗り場のすぐ横にあり、ロープウェイが境内の上を通る神社です。境内は細長くコンパクトで、大きなクスノキの木が印象的でした。

・神社の上をロープウェイが通る!
神社の上をロープウェイが通る!神社の上をロープウェイが通る!
・歴史を感じさせる大きなクスノキ
艮神社の大きなクスノキ艮神社の大きなクスノキ

千光寺ロープウェイ


■千光寺ロープウェイ
千光寺ロープウェイ千光寺ロープウェイ千光寺ロープウェイはJR尾道駅から徒歩15分の「山麓駅」から千光寺山頂の「山頂駅」を結ぶロープウェイです。

山の上の千光寺公園へと結ぶロープウェイ。乗り場からも尾道らしい斜面の風景や、途中にある寺院等が見えました。乗車すると尾道や向島の風景が徐々に広がっていき、下には艮神社や千光寺などの上を通過していきました。やはり後方がお勧めです。
千光寺ロープウェイ千光寺ロープウェイ

千光寺公園展望台


■千光寺公園展望台
千光寺公園展望台からの眺望千光寺公園展望台からの眺望千光寺山頂にある展望台で、尾道大橋、尾道市街地、尾道水道、向島などを一望できます。日本さくら名所100選の一つです。

山の上の展望台からは周囲を一望できるとても良い眺望。眼下に広がる尾道の街、向島や連なる島々、島の先の海。特に山並みは島とは思えない雄大な景色でした。
千光寺公園展望台からの眺望千光寺公園展望台からの眺望千光寺公園展望台からの眺望千光寺公園展望台からの眺望千光寺公園展望台からの眺望千光寺公園展望台からの眺望千光寺公園展望台からの眺望千光寺公園展望台からの眺望

文学のこみち


■文学のこみち
文学のこみち文学のこみち文学のこみちは千光寺山頂から約1km続く遊歩道です。自然豊かな道沿いには志賀直哉ら尾道ゆかりの作家による作品を刻んだ25の石碑が点在しています。

千光寺に向かって豊かな自然に囲まれた涼しい急階段の道を降りていきます。険しい岩々に様々な文学作品の石碑がありました。

・正岡子規の句碑
文学のこみち・正岡子規文学のこみち・正岡子規
・岩の間も通る
文学のこみち・岩の間も通る文学のこみち・岩の間も通る
・志賀直哉の暗夜行路
文学のこみち・志賀直哉の暗夜行路文学のこみち・志賀直哉の暗夜行路
・木々の合間から見える尾道の街
木々の合間から見える尾道の街木々の合間から見える尾道の街
広島旅行3日目・後半へ続く☆

【関連】広島旅行2017の日記一覧広島旅行2017の写真ページ



タグ:旅行 旅行まとめ 写真 広島 広島旅行2017コメント(0)

■投稿日時:2017/09/13(水) 23:07    ■カテゴリ:PHOTO

広島旅行2日目・前半に続き、後半は岩国から宮島へ移動します。

宮島フェリー


■宮島フェリー
宮島フェリー(JR)宮島フェリー(JR)本州側の宮島口と厳島(宮島)を結ぶフェリーです。

山陽本線宮島口駅のすぐ海側には2社のフェリー乗り場が並び、右側のJRの方に乗りました。結果的に厳島神社の鳥居により接近する航路の方でした。乗船にはICOCAは使えるけどSUICAとPASMOは使えないようです。フェリーは車も乗り降りして生活の足になっていました。海の風は涼しく心地よかったです。

・船からは宮島のダイナミックな山並み
宮島の山並み宮島の山並み
・海上に浮かぶ厳島神社の大鳥居
海上に浮かぶ厳島神社の大鳥居海上に浮かぶ厳島神社の大鳥居

宮島(表参道商店街・豊国神社)


■宮島(表参道商店街・豊国神社)
宮島・表参道商店街宮島・表参道商店街広島湾の北西部に位置する島で、正式には厳島といいます。松島、天橋立と共に日本三景の1つである景勝地です。厳島神社や弥山は世界遺産に登録されています。

宮島に到着すると奈良公園みたいに鹿が行き来していました。厳島神社までの表参道商店街には名物の牡蠣、アナゴ、もみじ饅頭などのお店が続きにぎわっていました。商店街の一角には宮島の大杓子があり目を引きました。海沿いに出ると波の音や潮の香りがします。商店街の先に出ると丘の上にある朱色の五重塔が印象的で、厳島神社の海上の大鳥居が見える海岸は撮影スポットになっていました。大鳥居をくぐるボートも行き来していましたが、潮位が低いときは歩いて行けるそうです。

・宮島を行き交う鹿、観光客の持つ紙を食べるハプニングも目撃
宮島を行き交う鹿宮島を行き交う鹿
・商店街に巨大な大杓子
巨大な大杓子巨大な大杓子
遅めの昼食は表参道商店街の「たち花食堂」にてカキフライカレーを食べました。生牡蠣ではありませんが思った以上にカキの香り、食べた時の濃厚な風味が広がりました。
宮島「たち花食堂」のカキフライカレー宮島「たち花食堂」のカキフライカレー
・商店街を過ぎるとたぶん豊国神社の鳥居
たぶん豊国神社の鳥居たぶん豊国神社の鳥居
・厳島神社の大鳥居の撮影スポット
厳島神社の大鳥居の撮影スポット厳島神社の大鳥居の撮影スポット
・丘の上に大願寺の五重塔
丘の上に大願寺の五重塔丘の上に大願寺の五重塔

厳島神社


■厳島神社
厳島神社厳島神社厳島神社は厳島(宮島)にある神社で安芸国一宮、全国にある厳島神社の総本社で、世界遺産に登録されています。平清盛により海上の社殿が整備されました。海上沖には高さ16mの大鳥居があります。

海の上に社殿がある独特な厳島神社。この日の潮位は「小潮」で、社殿の真ん中当たりに海との境目がありました。歩くと鳴る床板、その隙間から波の音が聞こえてきます。波がやってこない奥の方は海藻のような緑色の物体が点在していました。風が吹くと涼しく、境内は静かで、海への柵がない部分は少し危なっかしい。外国人も多いのが印象的で、海上の大鳥居に向かって突き出た火焼前(ひたさき)は順番待ちの撮影スポットになっていました。神社を抜けた先は松林と砂浜、鳥居を眺めてのんびりする人もいました。

・海上にある厳島神社、回廊を進む
海上にある厳島神社、回廊を進む海上にある厳島神社、回廊を進む
・海に落ちないように要注意
厳島神社・海に落ちないように要注意厳島神社・海に落ちないように要注意
・突き出た火焼前(ひたさき)からの大鳥居
突き出た火焼前(ひたさき)からの大鳥居突き出た火焼前(ひたさき)からの大鳥居
・海との境目
海との境目海との境目
・先の松林の海岸からの厳島神社
先の松林の海岸からの厳島神社先の松林の海岸からの厳島神社
・砂浜からの大鳥居
砂浜からの大鳥居砂浜からの大鳥居

休憩、宮島からの帰り


思った以上に疲労がたまり時間が遅くなったこともあり、弥山に登るのは断念。神社の内陸側にはミニ鳥居が印象的なお土産屋等のお店が並んでいました。その一角にあった伊都岐珈琲で期間限定のみかんスムージーと八天堂のクリームパンを食べて休憩しました。暑かったので涼しく冷たく快適でした。「伊都岐珈琲」の名は厳島神社が「伊都岐島神社」とも表記されていたことと関係ありそうです。

・伊都岐珈琲
伊都岐珈琲伊都岐珈琲
・伊都岐珈琲、みかんすむーじと八天堂のクリームパン
伊都岐珈琲、みかんすむーじと八天堂のクリームパン伊都岐珈琲、みかんすむーじと八天堂のクリームパン
帰りに表参道商店街で気になって食べた「揚げもみじ」は、硬めのたい焼きみたいな食感で熱々のクリームがとろけで美味しかった。宮島のお土産といえばもみじ饅頭。抹茶、チョコレートなど様々な味のものがあるセットを買いました。商店街をのんびり散策して再びフェリーに乗って夕日を浴びて表情を増した海上の鳥居を眺め、宮島口から広島へと戻りました。

・揚げもみじのお店
揚げもみじのお店揚げもみじのお店
・揚げもみじ、例えると熱々のたい焼きのしっぽ?
揚げもみじ揚げもみじ

夕食


夕食は広島駅新幹線口の1階の飲食店街にある「廣島つけ麺本舗 ばくだん屋」へ。広島つけ麺をごまだれ、2辛で食べました。世の中には様々なつけ麺がありますがここはラーメン同様の細麺を使ったタイプで、具に細切りのきゅうりが入っていたこともあってどこかごまだれの冷やし中華に似た感じがしました。2辛は標準のようですが少し辛めでした。席の真上には、系列の他店のようですが「まいうー」の先輩の写真と色紙を発見(高校の大先輩です)。

・ばくだん屋のつけ麺
廣島つけ麺本舗ばくだん屋のつけ麺廣島つけ麺本舗ばくだん屋のつけ麺
広島駅でもお土産を見ましたが、広島カープに関する商品が多くてカープ愛をすごく感じました。この日記を書いた時点ではカープはマジック2とリーグ優勝に王手です。

広島旅行3日目・前半へ続く☆

【関連】広島旅行2017の日記一覧広島旅行2017の写真ページ



タグ:旅行 旅行まとめ 写真 広島 広島旅行2017コメント(0)

■投稿日時:2017/09/12(火) 23:52    ■カテゴリ:PHOTO

広島旅行1日目・後半に続き2日目。前日は平和記念公園などを訪れて社会勉強という感じでしたが、この日からは通常の観光旅行です。広島から西に向かい山口県東部の岩国へ。左側の席からは途中きれいな青い海を見ることができました。
広島から岩国へ広島から岩国へ
岩国駅に到着。乗った電車は新しい。駅は工事中。
岩国駅岩国駅

錦帯橋


■錦帯橋
錦帯橋錦帯橋錦帯橋は岩国にある錦川に架かる木造のアーチ橋です。1673年に最初に建設されて以来架替えを繰り返し、2004年(平成16年)には「平成の架け替え」を完了しています。日本三大名橋に数えられています。

工事中の岩国駅からバスに乗り錦帯橋へ。幅広い川にかかる木造のきれいな橋、周囲は川の流れる音以外の音がせずのどかな雰囲気。橋の下に下りると岩場は足をとられて歩きづらい、きれいな川の水はさほど冷たくない。橋を渡るとアーチは結構な急角度、橋からは木の香りがします。この日も夏らしい暑さで日差しが強く、日影がなくて暑かった。アーチの上の方では風が涼しい気がしました。橋を渡り切ると以前TVで観た種類の多いアイス屋さんはお休み。周囲は小京都のような雰囲気でした。

・バスを降りるとすぐ錦帯橋
錦帯橋錦帯橋
・錦帯橋の下へ、見上げるもよし
錦帯橋錦帯橋
・木造の錦帯橋と山の上の岩国城
錦帯橋錦帯橋
・木の香りがする錦帯橋、アーチは急角度
錦帯橋錦帯橋
・橋の上の方は景色が良く涼しい
錦帯橋錦帯橋
・渡った先は小京都のような雰囲気
錦帯橋を渡った先錦帯橋を渡った先
・ナニコレ珍百景で見たアイス屋さんはお休み
錦帯橋の先のナニコレ珍百景に出たアイス屋さんはお休み錦帯橋の先のナニコレ珍百景に出たアイス屋さんはお休み

岩国城


■岩国城
岩国城岩国城岩国城は1608年 (慶長13年) に吉川広家が築城されましたが一国一城令により7年で廃城されました。1962年 (昭和37年) に錦帯橋側に移設して外観復元されています。

ロープウェイを上ると山の上は涼しい。セミが鳴く山道を歩き旧天守台を経て自然の中にある岩国城へ。城内は広島城みたいに様々な文化財の展示がありました。中には錦帯橋の模型も。展望台からは主に錦帯橋のある川の下流側の広角の眺望を楽しめました。曲がりくねった川、平地には街、周囲には緑の山。川の河口部にある岩国基地ははっきりとは見えませんでした。ここでも100名城スタンプを押し、今度は二の丸側の斜面側の起伏のある散策路からロープウェイへ戻りました。

・ロープウェイからは錦帯橋が良く見えるので後方がお勧め
ロープウェイから錦帯橋を眺めるロープウェイから錦帯橋を眺める
・涼しい山道を歩き旧天守台が現れる
岩国城旧天守台岩国城旧天守台
・岩国城展望台からの眺望、高さがあり広角の眺望
岩国城からの眺望岩国城からの眺望
・戻りは斜面側の起伏のある散策路へ、この斜面落ちたら大変…
岩国城周辺の散策路岩国城周辺の散策路
地上に戻るとやはり暑く、再び錦帯橋を渡るのも疲れましたが、岩国駅に戻るバスの車内は涼しくて天国でした。
駅の売店で好きなお酒の1つ、獺祭を見つけました。獺祭は岩国のお酒だったんですね!
岩国の獺祭岩国の獺祭岩国を後にして次は宮島へ向かいます。厳島神社の潮位はどのぐらいでしょうか?

広島旅行2日目・後半へ続く☆

【関連】広島旅行2017の日記一覧広島旅行2017の写真ページ



タグ:旅行 旅行まとめ 写真 岩国 広島旅行2017コメント(0)

■投稿日時:2017/09/11(月) 21:41    ■カテゴリ:PHOTO

広島旅行1日目・前半に続き後半は平和記念公園の周辺へ。ノーモア・ヒロシマを願いつつまとめました。

原爆ドーム


■原爆ドーム
原爆ドーム原爆ドーム原爆ドームは原爆投下目標となった相生橋の東側に位置する原爆の惨禍を伝える建物。元は広島県産業奨励館で当時としては珍しいヨーロッパ風の建築デザインでした。負の歴史を伝える世界遺産(文化遺産)に指定されています。

まず目に入ったのは慰霊碑と原爆ドームの背後からの姿。通り過ぎた少年が手を合わせていたのが印象深かった。横の石碑には「人類の戒めとするため(略)これを永久に保存する」と書かれている。正面に回りその生々しい姿を目の当たりにすると、その重苦しいリアルさが強く心を打ち、非常に訴えかけてくるものがある。涙が出てくるし、シャッターを押す手も震えていることに気が付いた。曲がった骨組み、筒抜けの建物、剥がれた壁。空襲でもっと大きな被害を受けた建物は日本中に無数にあったはずだが、この建物の説得力は大きい。原爆投下当時と同じ夏、セミの鳴き声と路面電車の音が聞こえる中、周りの人たちも何かを感じている雰囲気の独特の空気感。外国人向けに語りかけている人もいた。これは絶対に残さないといけない。

・原爆ドーム前停留所
原爆ドーム前原爆ドーム前
・少年が手を合わせていた原爆ドームの慰霊碑
原爆ドームの慰霊碑原爆ドームの慰霊碑
・原爆ドームの石碑「人類の戒めとするため(略)これを永久に保存する」
原爆ドームの石碑原爆ドームの石碑
・重苦しいリアルさが心を打つ原爆ドーム
原爆ドーム原爆ドーム原爆ドーム原爆ドーム原爆ドーム原爆ドーム原爆ドーム原爆ドーム原爆ドーム原爆ドーム原爆ドーム原爆ドーム原爆ドーム原爆ドーム原爆ドーム原爆ドーム
・噴水前では外国人に語り掛ける人がいた
原爆ドーム横の噴水原爆ドーム横の噴水
・建設省職員殉職の碑、公園周辺には様々な慰霊碑、記念碑がある
原爆ドーム原爆ドーム
・近くには原爆投下の標的となったT字型の相生橋
相生橋相生橋

広島平和記念公園


■広島平和記念公園
平和記念公園平和記念公園広島平和記念公園は原爆で被災した中島町の一部を整備し、世界平和を祈念して開設された公園です。広島平和記念資料館や原爆死没者慰霊碑などのほか、多数の原爆に関連する記念碑があります。

Tブリッジ(相生橋、後述)を渡り平和記念公園へ。緑や植物であふれる静かな公園に、たまに何種類かの鐘の音色が響いている。自分も散策しつつ平和の鐘を鳴らし、原爆の子の像の鐘を鳴らし、平和の灯、平和の池の先にある原爆死没者慰霊碑へ。正面に立つとアーチの先には原爆ドーム、平和の灯が一直線上に見え、石碑には「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」と書かれている。再び強く心を打たれ、茫然と立ち尽くし、涙と手の震えがやってきた。周りには外国人も多くいたが、皆が祈りと願いに満ちていた。シャッターを押す時に偶然アーチの上に平和の象徴のハトが止まったことも印象的だった。

・平和記念公園からの原爆ドーム、左にはおりづるタワー
平和記念公園からの原爆ドームとおりづるタワー平和記念公園からの原爆ドームとおりづるタワー
・平和の鐘、定期的に鳴らされて響き渡る
平和の鐘平和の鐘
・沢山の折り鶴
沢山の折り鶴沢山の折り鶴
・原爆供養塔
原爆供養塔原爆供養塔
・折り鶴に囲まれた原爆の子の像
原爆の子の像原爆の子の像
・平和の灯、原爆死没者慰霊碑、平和記念資料館
平和の灯、原爆死没者慰霊碑、平和記念資料館平和の灯、原爆死没者慰霊碑、平和記念資料館
・原爆死没者慰霊碑、茫然と立ち尽くす
原爆死没者慰霊碑原爆死没者慰霊碑
・原爆死没者慰霊碑の石碑「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」
原爆死没者慰霊碑の石碑原爆死没者慰霊碑の石碑
・虹がかかる祈りの泉
祈りの泉祈りの泉

広島平和記念資料館


■広島平和記念資料館
広島平和記念資料館広島平和記念資料館広島平和記念資料館は原爆の惨状を伝えるために開館された博物館です。被爆前後の様子、被爆者の証言、核開発の歴史、被爆後の歩み、被爆者の遺品などの展示があります。

一部工事中のため展示は縮小していたと思いますが、さきほどの2か所以上に、非常に心を揺さぶられることとなりました。最初は原爆投下前の活気ある街の様子、笑顔の子供たち。現在平和記念公園になっている所にも建物があったことも知る。外国人ツアーの解説で相生橋を指して「T-Bridge, TARGET BRIDGE」という不穏な言葉が聞こえてきた。次のエリアに進むと、壁一面に広がる、超広角の壊滅した広島の街の姿・・・。そして上空からの原爆投下前後のシミュレーション映像。たった一発の爆弾で全てが灰燼に帰し、14万人以上が死亡。暗めの室内に紛れて何度も涙が出てきて、なかなか次に進めなかった。被爆者の証言ビデオのコーナー。地上温度3000~4000度、無数のガラス片、放射性物質を含む黒い雨、赤・黒・灰色しかなかった等、実際にその「地獄」に人がいて、何を感じていたのか、そのあまりにも悲惨な状況を知りました。

次に核兵器の開発の歴史の展示。原子力の発見から開発の流れ、原爆の構造、広島・長崎への投下、人体への影響の写真、抑止力として各国がどんどん核開発が進めていること、拡散防止を目指している歴史の流れ。人類を何度も滅ぼせるほどの核を世界が保有している現実。「原子力の争いは人類の破滅と文明の終末を意味する」と書かれたどなたかの言葉が印象的だった。次に広島の復興の歴史の展示。困難な状況でヤミ市から始まり法律に後押しされての都市基盤の整備・各種支援、後遺症による心身障害との闘い、そして継承の問題。最後の展示は被爆した人の服や持ち物、人体への被害の写真などの生々しい展示、そして被災者の言葉など。館内には大勢の人がいるのに不思議なぐらい静かで、皆がその惨状に心を動かされていたと思います。

全体的にとてもショッキングな内容で打ちのめされました。原爆の非人道的さ、核兵器や戦争の恐ろしさ、悲惨さをとてもリアルに感じ心が揺さぶられました。「ノーモア・ヒロシマ」、その言葉の重みを知りました。どんなに平和を願っていてもここに来ないと分からないことがたくさんあるように思いました。平和を語るうえで必要なのは想像力です。外国人も沢山訪れていましたが、世界中のできるだけ多くの人がここに来て何かを感じてほしいと願います。

閉館時間となり暗くなった空の下、その余韻の中で再び原爆ドームと動員学徒慰霊塔の前を通る。世界に平和の意味を発信する平和記念公園を訪れて本当に良かった。あのような悲惨な事は二度と繰り返してはならないし、伝えていかなければならない。奇しくもこの翌朝、北海道沖の太平洋に北朝鮮がミサイルを発射し、後日核実験を実施しました。今だから強く思う、あの国にこそ、核兵器というもののリアルを知ってほしい。

夕食


さて夕食は広島名物・お好み焼きを求め、広島駅ASSEの飲食店街で複数あるお好み焼き屋のうち「貴家。」にて食べました。ヘラをリズミカルにカンカンと音を立てて焼いていき、独特の硬いパリパリ麺の入ったお好み焼きを堪能しました。ソースはもちろんオタフクソース。

・広島駅ASSEのにぎわう飲食店街
広島駅ASSEの飲食店街広島駅ASSEの飲食店街
・広島のお好み焼き
広島のお好み焼き広島のお好み焼き
広島旅行2日目・前半へ続く☆

【関連】広島旅行2017の日記一覧広島旅行2017の写真ページ



タグ:旅行 旅行まとめ 写真 広島 広島旅行2017コメント(0)