みやだい日記

小田急線登戸駅の新しい北口改札からJR南武線へ乗り換えてみた

■投稿日時:2018/03/15(木) 22:53  ■カテゴリ:PHOTO

小田急線登戸駅は2018/3/17のダイヤ改正に先立つ3/3の1番線利用開始と同時に北口改札が新設されました。北口改札は出口専用で、JR南武線の登戸駅への乗り換え客の混雑を分散するためと思われます。実際に歩いてみましたのでその様子を紹介します。

・下りホームの北口改札への階段。下り各停は2両目の位置。
小田急線登戸駅北口改札小田急線登戸駅北口改札
・真新しい階段はさほど広くない。エスカレーターやエレベーターはない。
小田急線登戸駅北口改札小田急線登戸駅北口改札
・改札機は4つ、出口専用。駅事務室がある。左はJR南武線へ、直進は道路に降りる階段。
小田急線登戸駅北口改札小田急線登戸駅北口改札
・左に曲がって振り返る。中二階といった感じ。出口専用で間違い防止のためか周囲に誘導員が何人か立っている。
小田急線登戸駅北口改札小田急線登戸駅北口改札
・JR南武線へは階段を上る。エレベーターは下の歩道からでバリアフリーにはなっていない。
小田急線登戸駅北口改札小田急線登戸駅北口改札
・JR南武線への距離は中央改札口からとほぼ同じ
小田急線登戸駅北口改札小田急線登戸駅北口改札
・JR南武線登戸駅へ到着
小田急線登戸駅北口改札小田急線登戸駅北口改札
中央改札口と比べ簡素な印象の小さな改札口ですが、上り先頭付近の車両に乗った場合は中央改札口よりも乗り換え距離が近くなり便利になります。ただ階段しかなくバリアフリーになっていないので、それがハードルになる場合は従来通り中央改札口を利用することになります。トイレや売店もありません。逆の乗り換えで入場もできたら便利ですが、出口専用になったのはスペースの関係で通路や階段が狭いからなのかもしれません。



タグ:小田急線 話題の場所コメント(0)


← 次の記事[アンペルマンのポーチ:演奏時に常備しているファゴット用の工具ケース

複々線化と共についに完成した、小田急線登戸駅「1番線」の工事状況の変遷]前の記事→



コメント一覧

この記事へのコメント一覧

コメントがありません。


コメントを書く

この記事へのコメントを投稿

記入者(*)

コメント(*)

(*)は入力必須項目