「みやだい」の日記

みやだい日記 * 3ページ目の日記一覧

520件中 1115件目の記事

■投稿日時:2018/04/03(火) 11:10  ■カテゴリ:MUSIC

バソンとはビュッフェ式(フランス式)のファゴットのことです。現在主流のヘッケル式(ドイツ式)のファゴットと比べると数は圧倒的に少ないですが、現在日本で見かけるメーカーとしてはビュッフェ・クランポン(Buffet Crampon)デュカス(Ducasse)があります。かつてはクランポン同様にサックスやクラリネットで有名なヘンリー(アンリ)・セルマー(Henri Selmer)も製作していましたが現在はラインナップから消え、そこから独立した技術者のブランドがデュカスのようです。

・ファゴット(シュライバー)とバソン(クランポン)の外見の違い
ファゴットとバソンファゴットとバソン
日本でバソンを最も扱っているであろう大阪のアトリエアルファで以前試奏したところ、クランポンの方が音が細くて操作が若干難しく、デュカスの方が音が太くて操作がしやすい感じでした。クランポンは伝統を守っている楽器、デュカスはファゴットに似せて進化させている楽器という印象を受けました。デュカスの特徴としては以下が挙げられます。

・ダブルジョイントにファゴットと同じ親指Bbキーが追加されている
・ダブルジョイントにファゴットと同じ2つのF#キーがある(Fキー連動も)
・ダブルジョイントのLowEホールがカバードキーの仕様もある
・ファゴット同様にハンドレストが付いている

さらにデュカスについて調べたところ、こちらのページに行き当たりました。このデュカスは特注だとは思いますが、面白い動きがあります。
https://www.darynzubke.com/ducasse-french-bassoon/
※リンク先の画像を参照下さい(画像を引用しない主義なので)

・左手小指にあったウィスパーキーとC#キーがファゴットと同じように親指に移動している
・左手親指にあったLowEb,Dbキーがファゴットと同じように小指に移動している

このようにバソン特有の機構が、ずいぶんファゴットに近い機構に変化しているものでした。特に中低音はほぼファゴットと同じ運指で演奏が可能です。ここまでファゴットに寄せた構造にしていることに、正直驚きを感じました。

機構以外にも、試奏した時にはデュカスの方が管が太く、ファゴットに近い柔らかい豊かな響きという印象を受けました。音量の大きさ、音程の正確さを求めてファゴットの方が選ばれてきた時代の流れに沿った変化といえるのかもしれません。機構がファゴットに近いということは、ファゴットからの転向がしやすいということでもあり、バソンに興味がある私にとっても障壁が下がった気がします。

近年オフィクレイド(テューバの前身、ベルリオーズの幻想交響曲などで使用)などピリオド楽器のリバイバルブームが来ているようですが、バソンも注目を集めているのかもしれません。思えばラヴェル、ドビュッシーなどフランスの作曲者はバソンを想定しているはずです。バソンの方が音に主体的な存在感があり、高音域も軽々と歌い上げることができます。現在はフランス料理にドイツの味付けをしているようなもので、本質を求めていずれバソンも使う時代が来るのかもしれません。バソン参入障壁を下げるデュカスがどのぐらい普及するのか、どのように変化していくか、今後も追っていきたいと思います。

・ファゴットとバソンの比較演奏


P.S.ここまでバソンに興味を深めている状況なので、日本バソンの会に入会すべきですかね(^^;

【関連】
・日記:「ファゴット」と「バソン」の違い
・日記:ビュッフェ・クランポンとデュカスのバソンを試奏しました



タグ:音楽 バソン ファゴットコメント(0)

■投稿日時:2018/03/26(月) 20:12  ■カテゴリ:MUSIC

横浜市立桜丘高校 第7回OB・OGジョイントコンサートを無事盛大に終えました。

ホームグラウンドのみなとみらいホールに約200人が集まり、今回も桜丘らしい温かい演奏会を作り上げました。指揮は足立先生(他校へ離任後現在本校副校長)、小澤先生(前顧問)、椛澤先生(現顧問)の歴代3人の顧問でつないだ、桜丘オールスターの演奏会でした。足立先生の作り上げたあの温かい和やかな雰囲気、サウンド、人間性、それを受け継いでつながっているというのを感じられました。それを各先生方と現役・OBOGと世代を超えて共有できて良かったです。皆演奏スキルが高くてサウンドよく調和して安心感があり、ファゴットの皆も本当に上手くて頼りになります。

・リハーサルの様子
みなとみらいホールの客席みなとみらいホールの客席みなとみらいホールのステージみなとみらいホールのステージ
♪各曲について:

・1部:現役ステージ
ローマの祭り、他(裏に居たので聞けてない)

・2部:OBOGステージ(約140人)
セレモニアルマーチ、ファンファーレで華やかに始まるマーチ、6人のファゴットで奏でるトリオの旋律が良かったです。
カンタベリーコラール、美しくも緊張感の連続で難しい曲。ファゴットも目立つので緊張し少し消極的になりましたが頑張りました。
もののけ姫、冒頭の緊張感のある静けさの中の豊かな残響に始まり、大人数で作る豊かな響きが本当に美しかった。
ブラボーブラス、スタンドプレイや傘を使った演出もあり桜丘らしいはじける楽しいポップスになりました。

・3部:ジョイントステージ(約200人)
ゴジラ、巨大編成の中でコントラファゴットで重厚に力強くバリバリ吹いて楽しみました。一番ゴジラっぽい楽器ですから。でもちょっと張り切りすぎたかな(^^;)
春の猟犬、コントラファゴットにて。当時の顧問の足立先生の指揮で感慨深く、音1つ1つ丁寧に感情を込めて演奏できました。
サザンオールスターズ、こちらも桜丘ポップスで楽しみました。
さくら(合唱)、本気で歌いました。桜丘吹は合唱もやっていて、洗練された澄んだ声がホールに響きました。歌詞は切なくも素直で前向きで清々しく、桜丘にぴったりの曲で温かい空気になったと思います。
ディスコキッド、掛け声とかアドリブやったりとか、とにかく思い切り楽しみました。

アンコールは桜丘定番の木陰の散歩道。仲の良さが感じられる演出のある素朴な曲で一体感を楽しみました。ダブルアンコールで急遽2回演奏し、指揮者は椛澤先生から足立先生にバトンタッチし、盛大に終演しました。

世代を超えた一体感、本当に楽しい演奏会で幸せな時間でした。温かく優しい雰囲気に包まれて居心地が良く、清々しい気持ちでした。社会に出てからはなかなか味わえない素直で純粋な感覚です。素晴らしい母校を持てて本当に幸せです。先生方、運営スタッフの方々、現役の子達、OBOGの皆さん、素晴らしい演奏会をありがとうございました。自分の大切な音楽の原点として、これからも大切にしていきます。

・演奏会を終えたみなとみらいホール
みなとみらいホールのステージみなとみらいホールのステージ
そして足立先生は、二度とないと思っていた青ブレの前での指揮がまたできて幸せだとおっしゃっていましたが、4月から再び他校へ移られます。でも今回は、前回の離任の時の悲しい雰囲気とは違い、先生の幸せそうな姿が見られて良かったです。足立先生は今後もずっと桜一家の一員です!

大盛り上がりの打ち上げでの過去の演奏会の映像。今は減りましたがピーク時は現役がこんな大人数の時代もありました。ファゴットも1学年2~3人!
高校の演奏会高校の演奏会
P.S.参加したOBOGの中でも自分はほぼ最年長世代となってしまいました。同学年は0で近い学年もほぼ居ない、とても寂しい状況でした。今後の機会にぜひご参加下さい!

横浜市立桜丘高校 第7回OB・OGジョイントコンサート


【日時】2018年3月24日(土) 開場17:30 開演18:00
【場所】みなとみらいホール 大ホール
【指揮】椛澤風太、小澤哲朗、足立昭夫
【入場料】S席:600円、A席:500円、P席:200円
【曲目】
・第1部 現役ステージ
虹色の未来へ
ローマの祭り
トゥッティ
キューティーハニー
・第2部 OB・OGステージ
セレモニアルマーチ
カンタベリーコラール
もののけ姫セレクション
ブラボーブラス
・第3部 ジョイントステージ
ゴジラファンタジー
春の猟犬
サザンオールスターズコレクション
さくら
ディスコキッド
・アンコール
木陰の散歩道(2回)
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会後記 吹奏楽 ファゴット コントラファゴット 横浜コメント(0)

■投稿日時:2018/03/23(金) 00:27  ■カテゴリ:MUSIC

普門館といえば一昔前まで吹奏楽コンクール全国大会の中学と高校の部が開催されていた施設です。そのため「吹奏楽の甲子園」とも言われて親しまれている吹奏楽の聖地です。そんな普門館が解体されるという悲しいニュースが昨日22日に飛び込んできました。

普門館は東京都杉並区にある宗教法人「立正佼成会」が所有するホールで、1970年4月28日に落成しました。約5000人という巨大なキャパシティを持っています。音楽用ホールとして設計された訳ではないが、カラヤン指揮のベルリンフィルらが来日公演を行っています。吹奏楽コンクール全国大会でも1972年と1977年から2011年まで(2005年を除く)使用されています。

普門館は東日本大震災をきっかけに耐震調査を行った結果、震度6以上で天井の崩落の恐れがあることが明らかになり、2012年から使用を中止していました。その間、中学・高校の全国大会の会場は同じく巨大なホールである名古屋国際会議場センチュリーホールにその場を移しています。そして昨日、立正佼成会から今年の冬に解体する事が発表されました。

吹奏楽関係が多い私のFacebookにも解体を惜しむ声があふれています。私は高校では東関東大会までしか出場していませんが、大学の東京都大会(地方大会相当)で普門館で演奏したことがあります。空間がかなり広大で音が吸い込まれるデッドな響きという感じで、一般的なホールとは演奏感覚が大きく異なるので戸惑いました。あの黒い床も独特な雰囲気を作っています。演奏環境としては最適とはいえないかもしれませんが、コンクールの最上級クラスとしての風格がありました。

実はそんな「普門館の床」を持っています。とある吹奏楽関係者からもらいました。これはますます貴重な宝物になりそうです。
普門館の床普門館の床
普門館が吹奏楽コンクールの目標、憧れとして果たしてきた役割はとても大きいです。沢山の生徒が青春をかけてきた想いが詰まっています。そのシンボルが解体されるというのは悲しいことです。これを期に久しぶりに元吹奏楽員で集まって語り合ってみてはいかがでしょうか。普門館世代で語り継いで心の中に残していきたいですね。

【関連】日記「吹奏楽コンクールの新たな聖地?~名古屋国際会議場」



タグ:音楽 吹奏楽 東京 吹奏楽コンクールコメント(0)

■投稿日時:2018/03/22(木) 11:46  ■カテゴリ:MUSIC

昨日は桜丘高校OBOGジョイントコンサートの最後の練習でした。横浜もまさかのガッツリの雪で大変でした。東京は雪でも神奈川は雨というパターンが結構あるので。校内で咲き始めた桜も雪を被っていました。

・校内に積もった雪
雪
・中庭の桜の木にも雪が積もる
雪
練習は現役当時の顧問の足立先生(現在副校長)、今回も幸せなひとときでした。演奏は世代を超えて一体感があり、楽しくてずっと吹き続けていたかったです。本当に素直で優しく清い人達の集まりです。昨日の純粋な涙も忘れません(詳細は演奏会後に)。行くたびに温かい心になって帰っています。本当に素晴らしい先生とメンバーと環境に恵まれていたんだなぁと思います。土曜日はそんな温かい桜丘の雰囲気が伝わるような演奏会にします!

・母校に持ち込んだMy楽器達
ファゴットとコントラファゴットファゴットとコントラファゴット
・並べて撮りたくなります
ファゴットとコントラファゴットファゴットとコントラファゴット
・コックピット、周りは人でひしめき合い暑い
高校で練習高校で練習
・青春を過ごした音楽室
高校で練習高校で練習
・名残惜しい帰り
高校で練習高校で練習
※ここではプライバシーを配慮してひと気のない写真ばかりですが、Facebook(友人向け)には合奏風景等も載せています。

横浜市立桜丘高校 第7回OB・OGジョイントコンサート


【日時】2018年3月24日(土) 開場17:30 開演18:00
【場所】みなとみらいホール 大ホール
【入場料】S席:600円、A席:500円、P席:200円
※チケットの申し込みと残数確認は Twitterアカウント より。
【曲目】
・第1部 現役ステージ
課題曲
ローマの祭り、他
・第2部 OB・OGステージ
もののけ姫セレクション、他
・第3部 ジョイントステージ
ゴジラファンタジー
春の猟犬、他
演奏会チラシ演奏会チラシ
【関連】前回の演奏会の日記



タグ:音楽 練習記 吹奏楽 ファゴット コントラファゴット 横浜コメント(0)

■投稿日時:2018/03/17(土) 22:01  ■カテゴリ:MUSIC

母校のOBOGジョイントコンサート、何度かその練習に行ってきました。練習した高校や当時からよく使ったホールは当時のままで懐かしい。そこに行くと現役当時と同じような雰囲気が受け継がれていてとにかく懐かしくて心地よさを感じます。現役生は素直で擦れていなくてひたむきさがあるのが母校の特徴に思っていて、とても清々しさを感じます。OBOG達も含め、一体感のある温かくて居心地が良い雰囲気が好きです。社会に出て忘れていたこの清い感覚、世の中のすべてが母校のようだったらいいのにと思ってしまいます。
アートホール練アートホール練
現役当時の顧問の足立先生もいらっしゃいました。先生が他校へ転勤になる際は先生自身も辛かったとのことです。生徒たち、OBOG達も当時のジョイントコンサートでもステージ上で200人以上の純粋な涙の嵐、あの光景は忘れられません。年数が経ち先生は母校に戻ることになり、こうして指揮ができることが幸せとおっしゃっていました。自分たちも同じ想いです。お互いに清い心でつながっています。
アートホール練アートホール練
練習は懐かしく温かく清々しい雰囲気に浸り、とても幸せなひと時でした。日常の様々な悩みや迷いも、心が洗われて正されました。母校は自分の音楽の原点でありとても大切な場所です。そこで音楽ができたことは本当に幸せです。年数が経つほどその想いは強くなります。近い世代のOBOGは徐々に減りましたが、今後も誰よりも長くずっと関わっていきたいです。
高校正門高校正門
今回ファゴットは合計6人(過去のピーク時は13人!)。今回はコントラファゴットを2つ使う可能性があります。全体の人数も約200人、公立ながらコントラバスクラもハープもある母校なので、編成の大きさも注目です。桜丘らしい温かく清々しい雰囲気が伝わる演奏会になると良いなと思います。自分が大切にしている音楽や人間性の雰囲気、ぜひ体感してもらえると嬉しいです。
高校練高校練

横浜市立桜丘高校 第7回OB・OGジョイントコンサート


【日時】2018年3月24日(土) 開場17:30 開演18:00
【場所】みなとみらいホール 大ホール
【入場料】S席:600円、A席:500円、P席:200円
※チケットの申し込みと残数確認は Twitterアカウント より。
【曲目】
・第1部 現役ステージ
課題曲
ローマの祭り、他
・第2部 OB・OGステージ
もののけ姫セレクション、他
・第3部 ジョイントステージ
ゴジラファンタジー
春の猟犬、他
演奏会チラシ演奏会チラシ
【関連】前回の演奏会の日記



タグ:音楽 演奏会案内 吹奏楽 ファゴット コントラファゴット 横浜コメント(0)