増上寺(2019年)(35枚) [東京都・内陸部]

2019年1月、港区を訪れました。増上寺は港区芝公園四丁目にある浄土宗の仏教寺院です。9世紀頃に空海の弟子の宗叡が建立した光明寺が前身といわれ、明徳4年(1393年)に聖聡(しょうそう)が真言宗から浄土宗に改宗し、増上寺と改めました。聖聡は松平氏や徳川氏とつながりが深く、徳川家の菩提寺となり、徳川将軍の内、秀忠、家宣、家継、家重、家慶、家茂が葬られています。元和8年(1622年)建立の重要文化財の三解脱門は戦災を免れ、大殿は昭和49年(1974年)の再建で室町期の阿弥陀如来像等が祀られ、安国殿は「黒本尊」といわれる室町期の秘仏・阿弥陀如来を祀っています。地名にもなっている大門は増上寺の旧総門で、昭和12年に東京市が再建し、平成28年(2016年)に増上寺に返還されました。東京タワーは境内の墓地の一部を提供して建てられました。

画像の無断利用を禁じます。写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details

増上寺(2019年)
撮影時期2019年1月
エリア東京都・内陸部
所在地東京都港区芝公園4丁目7−35
アクセス都営三田線「御成門」駅・「芝公園」駅、都営浅草線・大江戸線「大門」駅 徒歩数分、JR・東京モノレール「浜松町」駅 徒歩10分
地図

大門

地下鉄の大門駅を出た浜松町駅方面。
地下鉄の大門駅を出た浜松町駅方面。

地下鉄の大門駅を出た浜松町駅方面。


増上寺方面には道路をまたぐ大門があります。
増上寺方面には道路をまたぐ大門があります。

増上寺方面には道路をまたぐ大門があります。


寺域はまだ先で、一般道路上の門は独特の存在感。
寺域はまだ先で、一般道路上の門は独特の存在感。

寺域はまだ先で、一般道路上の門は独特の存在感。


大門の後ろより。車が沢山くぐります。
大門の後ろより。車が沢山くぐります。

大門の後ろより。車が沢山くぐります。


大門の先、東京タワーを眺めながら増上寺へ。
大門の先、東京タワーを眺めながら増上寺へ。

大門の先、東京タワーを眺めながら増上寺へ。


増上寺

交差点に重要文化財の巨大な三解脱門。
交差点に重要文化財の巨大な三解脱門。

交差点に重要文化財の巨大な三解脱門。


門の正面は車通りの多い道路。
門の正面は車通りの多い道路。

門の正面は車通りの多い道路。


増上寺境内へ。大殿と背後には大きな東京タワー。
増上寺境内へ。大殿と背後には大きな東京タワー。

増上寺境内へ。大殿と背後には大きな東京タワー。


都心部の広々とした空間に見上げる東京タワー、解放感があります。
都心部の広々とした空間に見上げる東京タワー、解放感があります。

都心部の広々とした空間に見上げる東京タワー、解放感があります。


くぐって来た大きな三解脱門。
くぐって来た大きな三解脱門。

くぐって来た大きな三解脱門。


左側には聖観世音菩薩像。
左側には聖観世音菩薩像。

左側には聖観世音菩薩像。


その先には手水舎。
その先には手水舎。

その先には手水舎。


右側には鐘楼。
右側には鐘楼。

右側には鐘楼。


その先には写経塔。東京タワーに似ています。
その先には写経塔。東京タワーに似ています。

その先には写経塔。東京タワーに似ています。


正面に堂々と鎮座する大きな大殿(本堂)。
正面に堂々と鎮座する大きな大殿(本堂)。

正面に堂々と鎮座する大きな大殿(本堂)。


左側には増上寺会館と光摂殿。
左側には増上寺会館と光摂殿。

左側には増上寺会館と光摂殿。


境内からは常に東京タワーの存在感。
境内からは常に東京タワーの存在感。

境内からは常に東京タワーの存在感。


線香が香る大殿前からの眺め、大きなビルも見えます。
線香が香る大殿前からの眺め、大きなビルも見えます。

線香が香る大殿前からの眺め、大きなビルも見えます。


左側、東京タワー方面へと人が流れて行きます。
左側、東京タワー方面へと人が流れて行きます。

左側、東京タワー方面へと人が流れて行きます。


三解脱門、浜松町方面。境内には外国人を含む沢山の人が行き交います。
三解脱門、浜松町方面。境内には外国人を含む沢山の人が行き交います。

三解脱門、浜松町方面。境内には外国人を含む沢山の人が行き交います。


大殿脇から見える東京タワー。
大殿脇から見える東京タワー。

大殿脇から見える東京タワー。


地下には宝物展示室があります。
地下には宝物展示室があります。

地下には宝物展示室があります。


安国殿越しの東京タワー。
安国殿越しの東京タワー。

安国殿越しの東京タワー。


大きな岩があります。
大きな岩があります。

大きな岩があります。


「黒本尊」と呼ばれる阿弥陀如来の秘仏が祀られる安国殿。
「黒本尊」と呼ばれる阿弥陀如来の秘仏が祀られる安国殿。

「黒本尊」と呼ばれる阿弥陀如来の秘仏が祀られる安国殿。


巨大な大殿。
巨大な大殿。

巨大な大殿。


増上寺の境内図と解説は英語でも書かれています。
増上寺の境内図と解説は英語でも書かれています。

増上寺の境内図と解説は英語でも書かれています。


道路沿いには子供の健康と成長を願う千躰子育地蔵尊が並びます。
道路沿いには子供の健康と成長を願う千躰子育地蔵尊が並びます。

道路沿いには子供の健康と成長を願う千躰子育地蔵尊が並びます。


西向聖観世音菩薩は江戸三十三観音札所で、子育て、安産にご利益があります。
西向聖観世音菩薩は江戸三十三観音札所で、子育て、安産にご利益があります。

西向聖観世音菩薩は江戸三十三観音札所で、子育て、安産にご利益があります。


安国殿脇の徳川将軍家墓所への入口を入ります。
安国殿脇の徳川将軍家墓所への入口を入ります。

安国殿脇の徳川将軍家墓所への入口を入ります。


ここにも千躰子育地蔵尊が並びます。赤い帽子と開店する風車が印象的。
ここにも千躰子育地蔵尊が並びます。赤い帽子と開店する風車が印象的。

ここにも千躰子育地蔵尊が並びます。赤い帽子と開店する風車が印象的。


徳川将軍家墓所前の小庭園。
徳川将軍家墓所前の小庭園。

徳川将軍家墓所前の小庭園。


徳川将軍家墓所前、6人の将軍が葬られています。
徳川将軍家墓所前、6人の将軍が葬られています。

徳川将軍家墓所前、6人の将軍が葬られています。


近くに四菩薩像。
近くに四菩薩像。

近くに四菩薩像。


墓所横にも地蔵の列が続きます。
墓所横にも地蔵の列が続きます。

墓所横にも地蔵の列が続きます。


画像の無断利用を禁じます。写真の利用と禁止事項
*Use of images is prohibited. Details

「増上寺(2019年)」の周辺地図

所在地東京都港区芝公園4丁目7−35
アクセス都営三田線「御成門」駅・「芝公園」駅、都営浅草線・大江戸線「大門」駅 徒歩数分、JR・東京モノレール「浜松町」駅 徒歩10分

「増上寺(2019年)」と類似、関連する写真ページ

類似する写真ページ
浅草寺の写真ページ

浅草寺(16枚)

上野恩賜公園の写真ページ

上野恩賜公園(55枚)

築地本願寺の写真ページ

築地本願寺(11枚)

竹芝桟橋の写真ページ

竹芝桟橋(36枚)