四稜郭の桜 〔北海道

2018年4月、北海道旅行に行きました。四稜郭は明治2年(1869年)4月下旬に五稜郭の北東約3km、函館市陣川町に築かれた四つの突起を持つ堡塁です。蝶が羽を広げたような形をしており、東西幅100m、南北幅70mの土塁と空堀に囲まれ、四つ角には砲座があります。五稜郭を護衛する支城として、また函館東照宮(現・権現台場跡)の守護として突貫工事で作られて建物は無く、5月11日に新政府軍の攻撃を受けて数時間で陥落しました。現在は土塁が復元されて公園として整備され、国の史跡に指定されています。GLAYのメンバーの1人が幼い頃に遊んでいた場所としても知られています。

【タグ】北海道  歴史    北海道旅行2018

四稜郭の桜(29枚)
撮影時期2018年04月
所在地北海道函館市陣川町
アクセス「四稜郭」バス停徒歩1分
地図

四稜郭

四稜郭の形をした看板。
四稜郭の形をした看板。

四稜郭の形をした看板。


駐車場にも桜が見られます。
駐車場にも桜が見られます。

駐車場にも桜が見られます。


葉っぱが多く色の濃い品種。
葉っぱが多く色の濃い品種。

葉っぱが多く色の濃い品種。


四稜郭は蝶が羽を広げたような形状。
四稜郭は蝶が羽を広げたような形状。

四稜郭は蝶が羽を広げたような形状。


中へ、右側に土塁、周囲には桜の木。
中へ、右側に土塁、周囲には桜の木。

中へ、右側に土塁、周囲には桜の木。


白樺と桜の組み合わせは北海道ならでは。
白樺と桜の組み合わせは北海道ならでは。

白樺と桜の組み合わせは北海道ならでは。


四稜郭周辺の広場は桜が囲う。
四稜郭周辺の広場は桜が囲う。

四稜郭周辺の広場は桜が囲う。


入口側へ。小さな堀と土塁が続く。
入口側へ。小さな堀と土塁が続く。

入口側へ。小さな堀と土塁が続く。


入口前にきれいな桜の木々が並ぶ。
入口前にきれいな桜の木々が並ぶ。

入口前にきれいな桜の木々が並ぶ。


桜の枝と四稜郭。
桜の枝と四稜郭。

桜の枝と四稜郭。


四稜郭の入口へ。
四稜郭の入口へ。

四稜郭の入口へ。


史跡四稜郭。旧幕府軍は五稜郭の背後の防衛のために西洋式台場を急造、建物は無く数日で突貫工事、函館総攻撃時に五稜郭へ敗走。
史跡四稜郭。旧幕府軍は五稜郭の背後の防衛のために西洋式台場を急造、建物は無く数日で突貫工事、函館総攻撃時に五稜郭へ敗走。

史跡四稜郭。旧幕府軍は五稜郭の背後の防衛のために西洋式台場を急造、建物は無く数日で突貫工事、函館総攻撃時に五稜郭へ敗走。


木に覆われて石碑は正面から見られない。
木に覆われて石碑は正面から見られない。

木に覆われて石碑は正面から見られない。


小さな通路と土塁の入口。
小さな通路と土塁の入口。

小さな通路と土塁の入口。


中の広場へ、すぐに角が見える狭さ。
中の広場へ、すぐに角が見える狭さ。

中の広場へ、すぐに角が見える狭さ。


角へはスロープがあります。
角へはスロープがあります。

角へはスロープがあります。


建物跡もない広場。
建物跡もない広場。

建物跡もない広場。


土塁の先の桜。
土塁の先の桜。

土塁の先の桜。


土塁の角より。
土塁の角より。

土塁の角より。


四稜郭の外の北側の広場には桜の木々。
四稜郭の外の北側の広場には桜の木々。

四稜郭の外の北側の広場には桜の木々。


これがほぼ全景、簡単に攻め落とせそうですね。
これがほぼ全景、簡単に攻め落とせそうですね。

これがほぼ全景、簡単に攻め落とせそうですね。


周囲を囲う土塁が続く。
周囲を囲う土塁が続く。

周囲を囲う土塁が続く。


北側の桜の木々。
北側の桜の木々。

北側の桜の木々。


角の土塁からの空堀。
角の土塁からの空堀。

角の土塁からの空堀。


簡単に超えられそうなさほど高くない土塁。
簡単に超えられそうなさほど高くない土塁。

簡単に超えられそうなさほど高くない土塁。


四稜郭全景。
四稜郭全景。

四稜郭全景。


駐車場側の角より。
駐車場側の角より。

駐車場側の角より。


一本だけの白樺。
一本だけの白樺。

一本だけの白樺。


可憐な桜の花びら。
可憐な桜の花びら。

可憐な桜の花びら。


「四稜郭の桜」の周辺地図


近隣の写真ページ(2km以内・近い順)
北海道東照宮(14枚)


北海道(43件)はこちら   全国(452件、9890枚)はこちら



【タグ】北海道  歴史    北海道旅行2018