大阪城3:京橋口 〔近畿地方

2018年8月、大阪・京都旅行に行きました。大阪城は1583年(天正11年)に豊臣秀吉により築城され、1615年(慶長20年)の大坂夏の陣で落城しました。二代目は1629年(寛永6年)に徳川秀忠が豊臣色を払拭する形で改修しましたがその後落雷で消失し、1931年(昭和6年)には現在の三代目の天守閣が再建されました。京橋口は大阪城の北西側の入口で、元和6年(1620年)に造られた内枡形の門です。門は昭和20年(1945年)の空襲で焼失しましたが、現在も見事な巨石の石垣が残っています。

大阪城3:京橋口(27枚)
撮影時期2018年8月
所在地大阪府大阪市中央区大阪城2丁目
アクセス大阪メトロ谷町線・京阪本線「天満橋」駅徒歩
地図

大阪城・京橋口

天守閣の北側の極楽橋。
天守閣の北側の極楽橋。

天守閣の北側の極楽橋。


天守閣の良く見える場所の1つです。
天守閣の良く見える場所の1つです。

天守閣の良く見える場所の1つです。


SL型のロードトレインが発着します。
SL型のロードトレインが発着します。

SL型のロードトレインが発着します。


豊臣家の家紋の旗と天守閣。
豊臣家の家紋の旗と天守閣。

豊臣家の家紋の旗と天守閣。


売店とトイレがあります。桜門側ほど賑わいはないが拠点の1つ。
売店とトイレがあります。桜門側ほど賑わいはないが拠点の1つ。

売店とトイレがあります。桜門側ほど賑わいはないが拠点の1つ。


内濠沿いを歩きます。
内濠沿いを歩きます。

内濠沿いを歩きます。


極楽橋を横から。
極楽橋を横から。

極楽橋を横から。


遊覧船の発着場があり船が行き来します。
遊覧船の発着場があり船が行き来します。

遊覧船の発着場があり船が行き来します。


堀の水は途中まで。桜門側は空堀。
堀の水は途中まで。桜門側は空堀。

堀の水は途中まで。桜門側は空堀。


遊覧船を楽しむなら北側の極楽橋。
遊覧船を楽しむなら北側の極楽橋。

遊覧船を楽しむなら北側の極楽橋。


天守閣を見上げる。
天守閣を見上げる。

天守閣を見上げる。


西の丸庭園とを隔てる黒い北仕切門は閉じられています。
西の丸庭園とを隔てる黒い北仕切門は閉じられています。

西の丸庭園とを隔てる黒い北仕切門は閉じられています。


狛犬は明の時代の物で日中友好の象徴となっています。
狛犬は明の時代の物で日中友好の象徴となっています。

狛犬は明の時代の物で日中友好の象徴となっています。


「中日友好万古長青」の碑。
「中日友好万古長青」の碑。

「中日友好万古長青」の碑。


現在は建物は無く緑の心地よい遊歩道。
現在は建物は無く緑の心地よい遊歩道。

現在は建物は無く緑の心地よい遊歩道。


京橋口の石垣が現れます。
京橋口の石垣が現れます。

京橋口の石垣が現れます。


他の門同様に大きな石でできています。
他の門同様に大きな石でできています。

他の門同様に大きな石でできています。


京橋口桝形の巨石、とても大きな石です。
京橋口桝形の巨石、とても大きな石です。

京橋口桝形の巨石、とても大きな石です。


他にも巨石があります。
他にも巨石があります。

他にも巨石があります。


静かな京橋口ですが巨石が見所。
静かな京橋口ですが巨石が見所。

静かな京橋口ですが巨石が見所。


桝形の外へ出ます。
桝形の外へ出ます。

桝形の外へ出ます。


外濠のアプローチ部分。
外濠のアプローチ部分。

外濠のアプローチ部分。


京橋口の入口側。かつての建物は緑に。
京橋口の入口側。かつての建物は緑に。

京橋口の入口側。かつての建物は緑に。


城外の歩道からの外濠。
城外の歩道からの外濠。

城外の歩道からの外濠。


広い外濠。
広い外濠。

広い外濠。


角には大きな乾櫓。大阪城で最古の建物の1つ。
角には大きな乾櫓。大阪城で最古の建物の1つ。

角には大きな乾櫓。大阪城で最古の建物の1つ。


奥には大手門と千貫櫓。ここからは天満橋駅が最寄です。
奥には大手門と千貫櫓。ここからは天満橋駅が最寄です。

奥には大手門と千貫櫓。ここからは天満橋駅が最寄です。


「城」の写真ページ一覧(47件)はこちら




タグ:大阪    歴史  大阪・京都旅行2018


大阪城3:京橋口と関連する「大阪・京都旅行2018」の日記があります。