松前城の桜 〔北海道

2018年5月、北海道旅行に行きました。松前城は北海道最南端の町、松前町に建つお城で、福山城とも呼ばれます。日本式城郭としては日本で最後かつ北海道唯一のものです。松前城は慶長11年(1606年)に初代藩主松前崇広が築城し、安政元年(1854年)には外国船への警備のために拡張を行い松前城が完成しました。戊辰戦争末期の明治元年(1868年)には旧幕府軍(土方歳三率いる)との闘いで落城しました。天守は昭和24年(1949年)6月5日に出火の飛び火で焼失し、昭和36年(1961年)5月16日に鉄筋コンクリート構造で再建されました。本丸御門(国の重要文化財)、本丸表御殿玄関、旧寺町御門が創建当時から現存しています。松前城址を中心とする松前公園には約250種・8000本の桜が植えられ、「松前さくらまつり」が開催されます。日本100名城の1つに選ばれています。

タグ:北海道    歴史    道南旅行2018

松前城の桜(57枚)
撮影時期2018年05月
所在地北海道松前郡松前町松城144
アクセスJR「木古内」駅よりバス1時間30分
地図

松前城入口

松前城入口へ。桜が出迎えます。
松前城入口へ。桜が出迎えます。

松前城入口へ。桜が出迎えます。


色の違う美しい桜が並びます。
色の違う美しい桜が並びます。

色の違う美しい桜が並びます。


美しい桜を見上げる。
美しい桜を見上げる。

美しい桜を見上げる。


こちらは色の濃い八重で、南殿(なでん)という品種。
こちらは色の濃い八重で、南殿(なでん)という品種。

こちらは色の濃い八重で、南殿(なでん)という品種。


南殿の花びら。
南殿の花びら。

南殿の花びら。


松前城を含む松前公園一帯に桜が点在する。
松前城を含む松前公園一帯に桜が点在する。

松前城を含む松前公園一帯に桜が点在する。


心地よい桜のアーチを進みます。
心地よい桜のアーチを進みます。

心地よい桜のアーチを進みます。


右手にはたんぽぽが沢山。
右手にはたんぽぽが沢山。

右手にはたんぽぽが沢山。


最初の通りだけでも美しい桜を堪能できました。濃淡2色なのが良いですね。
最初の通りだけでも美しい桜を堪能できました。濃淡2色なのが良いですね。

最初の通りだけでも美しい桜を堪能できました。濃淡2色なのが良いですね。


分かれ道。左は二ノ丸、直進は三ノ丸。
分かれ道。左は二ノ丸、直進は三ノ丸。

分かれ道。左は二ノ丸、直進は三ノ丸。


二ノ丸

二ノ丸方向の道へ。こちらもきれいな桜が並ぶ。
二ノ丸方向の道へ。こちらもきれいな桜が並ぶ。

二ノ丸方向の道へ。こちらもきれいな桜が並ぶ。


大手門跡付近からの桜と天守。
大手門跡付近からの桜と天守。

大手門跡付近からの桜と天守。


訪れる人も多く和風のBGMが響き祭りの雰囲気。
訪れる人も多く和風のBGMが響き祭りの雰囲気。

訪れる人も多く和風のBGMが響き祭りの雰囲気。


櫓の跡。奥には海が見えます。
櫓の跡。奥には海が見えます。

櫓の跡。奥には海が見えます。


本当に美しい満開の桜がいっぱい。
本当に美しい満開の桜がいっぱい。

本当に美しい満開の桜がいっぱい。


目前の桜のはなびら。
目前の桜のはなびら。

目前の桜のはなびら。


本当に見事で美しい桜の木々が続きます。
本当に見事で美しい桜の木々が続きます。

本当に見事で美しい桜の木々が続きます。


天守入口の門。天守へは後ほど。
天守入口の門。天守へは後ほど。

天守入口の門。天守へは後ほど。


搦手二ノ門。
搦手二ノ門。

搦手二ノ門。


搦手二ノ門前より。
搦手二ノ門前より。

搦手二ノ門前より。


お祭りの雰囲気。
お祭りの雰囲気。

お祭りの雰囲気。


三ノ丸

搦手二ノ門をくぐります。
搦手二ノ門をくぐります。

搦手二ノ門をくぐります。


大きな三本松。
大きな三本松。

大きな三本松。


三の丸から下る馬坂。
三の丸から下る馬坂。

三の丸から下る馬坂。


馬坂の先は街に出ます。
馬坂の先は街に出ます。

馬坂の先は街に出ます。


天神神門。
天神神門。

天神神門。


堀の先はさきほどの分かれ道に合流。たんぽぽ等の草花も良い。
堀の先はさきほどの分かれ道に合流。たんぽぽ等の草花も良い。

堀の先はさきほどの分かれ道に合流。たんぽぽ等の草花も良い。


天神神門の先、ソメイヨシノと南殿の夫婦桜。
天神神門の先、ソメイヨシノと南殿の夫婦桜。

天神神門の先、ソメイヨシノと南殿の夫婦桜。


三ノ丸の土手から見た天守。
三ノ丸の土手から見た天守。

三ノ丸の土手から見た天守。


本丸周辺

二ノ丸へ戻る。美しい水の流れ。
二ノ丸へ戻る。美しい水の流れ。

二ノ丸へ戻る。美しい水の流れ。


桜前線本道上陸標準木があります。満開で美しい。
桜前線本道上陸標準木があります。満開で美しい。

桜前線本道上陸標準木があります。満開で美しい。


桜は続きます。
桜は続きます。

桜は続きます。


道が曲がるところ、桜があふれます。
道が曲がるところ、桜があふれます。

道が曲がるところ、桜があふれます。


天守と桜。広場では憩う人々。
天守と桜。広場では憩う人々。

天守と桜。広場では憩う人々。


天守と内堀と桜。
天守と内堀と桜。

天守と内堀と桜。


桜見本市方面も桜がびっしり。
桜見本市方面も桜がびっしり。

桜見本市方面も桜がびっしり。


北側の広場より。
北側の広場より。

北側の広場より。


広場ではカラオケ大会(だが人が集まっていない)。
広場ではカラオケ大会(だが人が集まっていない)。

広場ではカラオケ大会(だが人が集まっていない)。


北側の松前神社方面。
北側の松前神社方面。

北側の松前神社方面。


福山城という別名を持ちます。
福山城という別名を持ちます。

福山城という別名を持ちます。


西側

西側の土手上も桜がいっぱい。
西側の土手上も桜がいっぱい。

西側の土手上も桜がいっぱい。


水路を囲うきれいな桜。
水路を囲うきれいな桜。

水路を囲うきれいな桜。


松前線のトンネルがふさがれた跡。
松前線のトンネルがふさがれた跡。

松前線のトンネルがふさがれた跡。


斜面に咲く桜。
斜面に咲く桜。

斜面に咲く桜。


鉄道遺構を囲う桜とたんぽぽの道。
鉄道遺構を囲う桜とたんぽぽの道。

鉄道遺構を囲う桜とたんぽぽの道。


西側の道を進みます。
西側の道を進みます。

西側の道を進みます。


お城を一周して再び入口の道へ。
お城を一周して再び入口の道へ。

お城を一周して再び入口の道へ。


本丸内

天守に入場し展示物を見学、出た所の重要文化財の本丸御門。
天守に入場し展示物を見学、出た所の重要文化財の本丸御門。

天守に入場し展示物を見学、出た所の重要文化財の本丸御門。


天守と本丸御門。
天守と本丸御門。

天守と本丸御門。


門の先の南側の広場、周囲に桜がいっぱい。
門の先の南側の広場、周囲に桜がいっぱい。

門の先の南側の広場、周囲に桜がいっぱい。


本丸表御殿玄関。
本丸表御殿玄関。

本丸表御殿玄関。


再建された天守。
再建された天守。

再建された天守。


天守と本丸御門のセット、お城らしい風景。
天守と本丸御門のセット、お城らしい風景。

天守と本丸御門のセット、お城らしい風景。


天守の記念撮影場所。
天守の記念撮影場所。

天守の記念撮影場所。


桜越しに天守を見上げる。
桜越しに天守を見上げる。

桜越しに天守を見上げる。


美しい桜の花びら。
美しい桜の花びら。

美しい桜の花びら。


石垣には戊辰戦争で土方軍から砲撃された弾痕が残る。
石垣には戊辰戦争で土方軍から砲撃された弾痕が残る。

石垣には戊辰戦争で土方軍から砲撃された弾痕が残る。


「桜」の写真ページ一覧(54件)はこちら


「城」の写真ページ一覧(47件)はこちら


「松前城の桜」の周辺地図


近隣の写真ページ(2km以内・近い順)
松前神社の桜(14枚)  |  光善寺の桜(12枚)


全国(475件、10664枚) 北海道(43件)

← 前に戻る 次に進む →
白神岬の写真ページへ

白神岬(12枚)

松前神社の桜の写真ページへ

松前神社の桜(14枚)



タグ:北海道    歴史    道南旅行2018


松前城の桜と関連する「道南旅行2018」の日記があります。