ウクレレ - Ukulele

ウクレレはハワイアン音楽で代表的な弦楽器。ポルトガルの楽器が起源で、ハワイに持ち込まれて現在の形となった。ギターに似た形をしているがそれより小ぶりで、4つの弦を持つ。ソプラノが一般的なウクレレで、その他にコンサート、テナー、バリトンと、4種類のサイズがある。ソプラノは、通常の弦楽器では一番低いはずの弦だけが1オクターヴ高く調弦される。ウクレレの名前はハワイ語の「飛び跳ねる蚤(ノミ)」で、演奏する時の指の動きの様子から付けられた。ギター同様に単板・合板の種類があり、材質もマホガニー、ハワイアンコアなど様々な種類がある。特にソプラノが、軽やかで素朴な音色を持ち、コードや旋律を弾ける手軽な楽器として人気がある。

写真

機種

メーカー:Gstring
機種:LGSTM1 - Soprano Standard
定価:$450(日本では約9万円)
仕様:ハワイアンコア単板、17フレット
購入時期:2005年
付属品:

購入経緯

2005年にハワイに行ったとき、できれば現地でウクレレ買いたいと思い、アラモアナショッピングセンターにあるウクレレハウスというお店に行きました。日本語の達者な店員さん(日系の方?)に薦められつつ、ある程度の質と手軽さのバランスを考え、GStringというメーカーに決定、コンサートタイプとソプラノとで迷い、最終的にソプラノをを購入しました。1ドル=110円周辺の当時、日本で売っているものよりかなり安く買うことができました。本場ハワイアンコア製のウクレレのボディの木目は本当に美しく、楽器本体からはハワイの空気を思い出す香りがします。