ソプラノサックス - Soprano Saxophone

サキソフォンは19世紀にベルギーの楽器製作者アドルフ・サックスが開発した、金属製の木管楽器の一属。ソプラニーノからコントラバスまで、半オクターヴずつ大小さまざまな楽器がある。クラリネット同様にシングルリードで演奏する。木管楽器でありながら太く華やかな響きと大きな音量と幅広いダイナミクスを持ち、柔軟で自由な演奏ができる。吹奏楽では木管楽器・金管楽器の中間として融合させる役割がある。ジャズを中心にポピュラーミュージックでもソロ楽器として人気がある。クラシックでは「アルルの女」「ガイーヌ」「ボレロ」等でも取り入れられ、年々使用するケースが増えていて、ジャズのような鋭い音とは異なるソフトなサウンドが聞ける。比較的複雑で合理的な機構設計で運指を楽にし、他の木管楽器と比べると均一で安定した倍音構造となっている。一般的にアルト・テナーが多く使われ、それにソプラノ・バリトンが次ぐ。下端でカーブしたベルが前方を向く形状を持つが、ソプラノより小さい楽器はクラリネットのようにストレートな形状である事が多い。

写真

カーブドソプラノサックス
ソプラノでは一般的な「ストレートタイプ」に対して、アルト以上サイズの楽器と同じ「カーブドタイプ」。音色が若干柔らかくなり息の抵抗が強くなると言われています。また譜面台にぶつかりにくく、バンドではマイクが拾いやすい等のメリットも。

機種

メーカー:Kaerntner(ケルントナー)
機種:KSX-86 カーブドソプラノサックス
仕様:Bb管、カーブドタイプ、HighF#付き、彫刻有り、クリアラッカー仕上げ
定価:約9万円
付属品:マウスピース、ストラップ、ハードケース、白手袋、クロス、ドライバー、ピンセット

購入経緯

安物でいいのでソプラノサックスが欲しいと思いネットオークションで探していましたが、ある時中古品が格安で出ていた(質屋とかそういう系)ので衝動買いしました。エントリーモデルながらベル彫刻やHighF#キー付きだったりと仕様も充実していて、心配だったコンディションも全く問題なかったので、本当にいい買い物でした。一般的にはストレートタイプの方が人気があるので、カーブドは穴場だったのかもしれません。

アクセサリ

  • ニクタニ ウクレレ・ヴァイオリン兼用スタンド - どこかにカーブドソプラノでも使えるという情報があって買いました。