バソン - Basson(French Bassoon)

ファゴット(=バスーン)は主にドイツ式(ヘッケル式)とフランス式(ビュッフェ式)があり、今日一般的なのはヘッケル式です。「バソン」という言葉はファゴットのフランス語ですが、フランス式の楽器を指すために呼ばれます。

ファゴットは音量の増大や機敏性など現代オーケストラに適合するために改良されました。一方バソンはそれを最低限に留め、より原始的な機構で管が細くて音量も小さいです。調和と重厚さを重視するファゴットに比べてソリスティックで明るい音色が特徴で、ラヴェル等フランスの作曲家もバソンを想定していたはずです。

かつてはバソンも広く使われていましたが、1969年にカラヤンがパリ管弦楽団の音楽監督に就任したのをきっかけに世界的にファゴットが主流になっていきました。現在では本国フランスでもファゴット化が進み、一部の愛好家が演奏するのみとなっています。

材質はローズウッド系でクラリネットやオーボエのグラナディラに近く、ファゴットのメイプル(カエデ)と比べて硬くて重い木です。リードもファゴットとは寸法や削り方の異なる専用のものを使います。主なメーカーはビュッフェ・クランポンとデュカス(H.セルマーの技術者が独立)です。

日記タグ「バソン」もご覧ください。

写真

所有楽器の機種

メーカー:Buffet Crampon(ビュッフェ・クランポン)
製造番号:4000番台
仕様:右手親指Fキー付き
購入時期:2018年7月

2017年1月にビュッフェ・クランポンとデュカスを試奏(その時の記事はこちら)して以来バソンのことが気になって漠然と探していましたが、そのことを発信していたこともあり、縁がありバソンを買い替える人から連絡が来て買い取るに至りました。

1960年代の古い楽器ですがそれを感じさせないぐらい状態が良くきれいです。価格が高い新しい楽器の方が吹きやすく改善されていますが、まずは古き良きバソンの本質を経験してからステップアップするのが良いかと思っています。

購入時の記事はこちら