エレキベース - Electric Bass

一般的にバンドでベースパートを演奏しているポピュラーな低音弦楽器。正式名称はエレクトリックベース。エレキギター同様の空洞のないソリッドボディに、4つの弦をコントラバスと同じ音に調弦、つまりギターの低い4つの弦(低い方からE/A/D/G)をオクターヴ低くした調弦が基本。ピックアップやフレットなど、構造的にはエレキギターに近い。本体のみでは大きな音は出せず、弦の振動をピックアップから電気的に拾い、アンプから音を出す。エレキベースはレオ・フェンダーによってウッドベースの代用としてその弱点を克服し、新たな可能性を模索して生まれた。フェンダー社の「プレシジョンベース」(プレベ、PB)とそれを拡張した「ジャズベース」(ジャズベ、JB)、それらに準じたタイプが広く普及している。ツーフィンガー、ピック、スラップなどの奏法がある。4弦が基本だが、低音域や高音域を拡張した5弦・6弦などの「多弦」タイプや、E弦をDに変える機構がついた楽器、コントラバスのようにフレットレスの楽器もあり、様々な種類の楽器がある。

写真

機種1

メーカー:YAMAHA
機種:Attitude 65M サンダーブルー
仕様:Mr.BIGのビリー・シーン コンセプトモデルのコスパモデル。ロングスケール、ボルトオンネック、22フレット、コントロール:1ボリューム・1トーン・3PセレクターSW(フロント・リア・両方)。
材質:本体:アルダー、指板:メイプル、ペグ:クローム仕上げ、フロント&リアピックアップ
定価:

機種2

メーカー:Bacchus
機種:BJB5-550R 3TS
仕様:5弦(LowB)のジャズベースタイプ。21フレット、2ボリューム・2イコライザ
材質:本体:アルダー、指板:ローズウッド、フロント&リアピックアップ
定価:

購入経緯

ATTITUDE:大学時代に知人が楽器本体とアンプをもらってくれる人を募集していたので、タダでもらいました。当時アコースティックギターを始めていてコードを覚える事に挫折気味だったので、ベースならなんとかなるかと思い、始めてみようと思い立ちました。純粋にポピュラーな楽器を手にしたのは初めて。とても手軽に扱える楽器なので、気がむいたら弾いています。

Bacchus:色々曲を聴きながら弾いてるうちにEより低い音を出しているケースを知り、「五弦タイプ」の存在を知りました。四弦の楽器ではオクターブ上げるしかなく、元々重厚な音が好きなのでいつか欲しいと思っていましたが、2011年に購入。

アクセサリ