クラリネット - Clarinet

クラリネットは木製の木管楽器の1種で、円筒形の管を持ちシングルリードで演奏する。様々な調の楽器があるが、Bb管を中心に使用されている。クラシック、ジャズなどをを中心に幅広いジャンルで使用されているポピュラーな楽器。18世紀にシャリュモーという古楽器を元に作られたため、他の木管楽器と比べると比較的歴史は浅く、モーツァルトの名曲・クラリネット協奏曲イ長調は比較的初期の作品となる。クラリネットは音程が安定していて広い音域を利用した早いパッセージも得意で、音域別にまろやかな音・鋭い音など特徴はあるが、ダブルリード楽器よりアゴーギグがつけやすい。ビブラートをかけない事が原則で、独特のゆったりとしたカンタービレも美しい。小型のソプラニーノクラリネット(特にEb管・D管)はより鋭く明るい音色を持ち、バスクラリネットは太く重厚な響きに加え、ファゴットの苦手な弱音を補うこともある。アルト・バスクラリネットはサキソフォン発明者アドルフ・サックスが設計したといわれている。

写真

機種

メーカー:Buffet Crampon (ビュッフェ クランポン)
機種:E-11 student model
仕様:アフリカ産グラナディラ製、ベームシステム、17キー(洋銀・銀メッキ)、
定価:約22万円
付属品:マウスピース、リガチャー、クロス、コルクグリス

購入経緯

早い時期の大学受験に受かり、高校の吹奏楽部も卒部していて暇をもてあましていたので、お遊び気分で購入。高3の時に大学ではクラリネットがとても少なかったため、演奏したこともありました。以後大学でも1年間は人数の少なかったクラリネットを優先して吹き、2年時以降もドリル・パレードの時だけクラリネットを吹きました。ファゴットと両方吹く経験により、音楽の「イメージ」というものが頭の中に存在し、何の楽器であっても共通であることに気づき、良い経験となっています。ファゴットとクラリネットは音域感覚が近く、特にFg→Clは運指も簡単になるので移り易いと思いました。ちなみに楽器屋さんで楽器を出して試し吹きしてくれて店員さんもなぜかファゴット吹きの人とのことでした。付属ケースはいまいちだったので別途上位機種と同じケースを購入しました。

アクセサリ

  • 上位機種のハードケース
  • スタンド
  • マウスピース - VANDOREN 5RV