みやだい日記 * カテゴリ[MUSIC]の日記一覧

「みやだい」の日記

287件中 15件目の記事

■投稿日時:2018/02/05(月) 23:49    ■カテゴリ:MUSIC

圧倒的な表現力、カリスマ性を持つ平手友梨奈がセンターを務める欅坂46。前回の夏の全国ツアーとその後の方向の続き、色々と話題になった年末年始の出来事について書きます。

平井堅「ノンフィクション」とのコラボ


年末には平井堅と平手友梨奈のコラボレーションが話題になった。ノンフィクションの歌のバックに平手がソロダンスを踊った。自ら命を絶ってしまった友人の事を想って書かれている悲しい歌詞と、それに同調するかのような16歳とは思えない見事な表現力のダンスが世間に強いインパクトを与えた。欅坂でも歌詞の意味をよく理解した上でそれを表現するようにパフォーマンスをしているのだが、「僕はあなたに あなたに ただ 会いたいだけ」、その強い想いを気持ちを込めて本気で伝えようとしたパフォーマンスは、無言ながらまるで全身から言葉を発しているようなオーラを感じた。どちらかというと負の感情を込めるこのような表現は平手が得意としていて、世界観に入り込み憑依することで人の心を引き付ける魅力的で少し怖いぐらいのパフォーマンスができるのだ。まさに魂の叫び、若いながら表現とはこういうものだと教えられた。振り付けを担当したCRE8BOYも平手をダンサーとして完成されていると絶賛した。

紅白歌合戦での過呼吸


欅坂は紅白歌合戦に2年連続で出場を果たした。今回は4thシングルの「不協和音」を披露したのだが、この曲は夏のツアーでの体調不良もあったようにエネルギーを使う「魔曲」として知られている。特に表現のために曲への入り込みが強い平手にとっては非常に消耗が激しい曲と言える。渾身のパフォーマンスの後、欅坂にハマっていると公言する内村光良とのコラボレーションを行った。その際、平手は見るからにフラフラになりながら辛そうな様子を見せ、他の2人のメンバーと共に過呼吸に陥っていた。幸いにも看護師の対応ですぐに回復したようだが、1回でもきついこの曲を2回もやるのは危険であることが露になった。「一度妥協したら死んだも同然」という歌詞があるこの曲を、平手が妥協できるわけがない。魂のパフォーマンスをして限界を超えてしまう弊害に対し、今後欅坂や運営スタッフはどう対処していくのだろうか。

ひらがなけやきの武道館ライブ


そして1月30日から2月1日までの3日間に欅坂は武道館でのライブが決定し、その内2日は欅坂(漢字欅)、1日をけやき坂(ひらがなけやき)が行うことになっていた。ところが平手は右腕の上腕三頭筋を骨折していることが判明し、万全のパフォーマンスができないために3日間共ひらがなけやきのライブに変更となった。骨折の原因は不明だが、「不協和音」で倒れるシーンがあり可能性の1つと推測される。漢字欅としてはライブが中止になってしまった形だが、欅坂は平手だけではないし平手抜きでライブはできないのか、平手に負担が集中していないか等、様々な議論が飛び交った。漢字欅とはカラーが違うひらがなけやきは「ハッピーオーラ」をモットーにしていて、表現力を重視する漢字欅に対してよりアイドル的だ。ライブは大成功を収め、ひらがなけやきのアルバムの発売が発表された。メディア出演の少なさ、方向性の不明瞭さといった不利な状況であるが、それを乗り越えようとする努力、ドラマRe:Mindの経験などから、漢字欅をも脅かす存在へと成長している。

6thシングル


そして今日6thシングルのフォーメーションが発表された。曲はまだ発表されていないが、今回も漢字欅のみの「全員選抜」で平手が6作連続のセンターであり、今までの体制を継続することになる。平手が持つ圧倒的な表現力は世間を驚かせ、従来のアイドルという枠に収まらない新しいジャンルを生み出しているようなものだ。しかしグループとして満身創痍なこの状況で、次のステップはどのようなものになるのだろうか。全身全霊のパフォーマンスは人の心を動かすが、限界を超えて痛々しい姿を見るのは辛い。平手中心でリスクのある欅坂はどのような方向に進んでいくのだろうか。

【関連】日記タグ「欅坂46」



タグ:音楽 欅坂46 平手友梨奈コメント(0)

■投稿日時:2018/01/22(月) 12:20    ■カテゴリ:MUSIC

プリモアンサンブル東京 第30回定期記念公演を無事盛大に終演しました。今回もホールを埋める沢山のお客さんの中で演奏ができました。集客力が強いのもこの楽団の特徴の1つです。

・文京シビックホール
文京シビックホール文京シビックホール文京シビックホール文京シビックホール
30回記念ということで演奏した「山に祈る」。演奏に朗読と合唱が加わる編成でした。遭難した息子を想う悲しい曲で、死を目前にした場面の「おかあさん、ごめんなさい」は演奏していてもうるうるしてしまいます。吹雪を表すウィンドマシンが効果的でした。音楽は喜怒哀楽様々な感情を表現・共有することができます。悲劇を繰り返してほしくないという作者のメッセージが伝わればと思います。朗読も合唱も素晴らしかったです。

ベルキスは再演奏のリクエストが多かったため選曲されたそうです。ベルキスは中学時代から聞いていた個人的にも好きな曲で、その当時から持っているイメージからすると大人な演奏ができた気がします。ファゴットのハーモニーにイングリッシュホルンのソロという中東の雰囲気が魅力的です。本来チェロが弾いている超ロングトーンを吹くのは大変でしたが…。4楽章の舞台裏はトランペットの版が多いですが今回はソプラノサックスでした。

モンタニャールの詩は山に暮らす人たちの自然、戦争、統治者を表現した曲で、多彩かつ壮大な曲でした。変拍子のリコーダーアンサンブルというルネサンス期の音楽を思わせるような場面もありました。吹奏楽オリジナル曲では珍しく(委嘱作品に多いパターンですが)コントラファゴットも深みを増したり暗い深い響きを作ったり、効果的に使われていました。

アンコールは真島俊夫編曲の「あの日聞いた歌」、「哀愁のアダージョ」、「マーチ『一度っきりの人生』」を演奏しました。終演後2つの楽器を片付けてから行ったロビーにはまだ大勢の人だかり。本当にお客さんとの繋がりを感じられる愛されてる楽団だと思います。

ホールのファゴットとコントラファゴットホールのファゴットとコントラファゴット
ご来場いただいた方々、ありがとうございました。今回も長くてハードでしたが(第20回の時はもっと長かったですが)、無事終わったのが何よりです。打ち上げでは今回受付やバンダ等でお手伝いしてくれた東海大吹研の現役生と話もできました。活発に音楽活動をしているOBとしてたまには大学にも顔を出さなきゃと思います。

文京シビック・打ち上げ会場文京シビック・打ち上げ会場

プリモアンサンブル東京 第30回定期記念公演


【日時】2018年01月21日(日) 12:30開場/13:30開演 (13:05よりロビーコンサート)
【場所】文京シビックホール 大ホール
【入場料】一般:1,000円 小学生以下:無料 (全自由席)
【指揮】上原 圭詞
【朗読・司会】片桐 八千代
【曲目】
ドミートリイ・ショスタコーヴィチ/祝典序曲
オットリーノ・レスピーギ/バレエ音楽「シバの女王ベルキス」より
清水脩/合唱組曲「山に祈る」
ヤン・ヴァン=デル=ロースト/交響詩「モンタニャールの詩」
あの日聞いた歌
哀愁のアダージョ
マーチ『一度っきりの人生』
※HP:http://www.primoensemble.tokyo/concert/index.html
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会後記 吹奏楽 ファゴットコメント(0)

■投稿日時:2018/01/18(木) 21:47    ■カテゴリ:MUSIC

1/21(日)にプリモアンサンブル東京 第30回定期記念公演があります。

各曲目の概要について:

・ドミートリイ・ショスタコーヴィチ/祝典序曲
独裁者スターリンに翻弄されたショスタコーヴィチ、彼本来の作風とは異なる簡潔で明るく華々しい序曲。

・オットリーノ・レスピーギ/バレエ音楽「シバの女王ベルキス」より
「紀元前9世紀頃、シバ国の女王ベルキスがイスラエルのソロモン王を訪問し、その子がエチオピア皇帝となった」旧約聖書を元にしたバレエ音楽。

・清水脩/合唱組曲「山に祈る」
昭和33年3月、上智大学山岳部OBだった1人が来たアルプスで遭難し亡くなった。息子が残した言葉、母の悲しみ、繰り返される悲劇をなくしたい想いが込められた曲。ナレーション・合唱入り。

・ヤン・ヴァン=デル=ロースト/交響詩「モンタニャールの詩」
モンブラン麓街アオスタは交通の要衝。豊かな自然、様々な民族により侵略の歴史、1400年代の統治者カトリーヌ・ド・シャランを表した曲。

また、13:05よりロビーで「木管三重奏」 & 「サクソフォーン四重奏」の演奏もあります。よろしければお越しください!

プリモアンサンブル東京 第30回定期記念公演


【日時】2018年01月21日(日) 12:30開場/13:30開演 (13:05よりロビーコンサート)
【場所】文京シビックホール 大ホール
【入場料】一般:1,000円 小学生以下:無料 (全自由席)
【指揮】上原 圭詞
【朗読・司会】片桐 八千代
【曲目】
ドミートリイ・ショスタコーヴィチ/祝典序曲
オットリーノ・レスピーギ/バレエ音楽「シバの女王ベルキス」より
清水脩/合唱組曲「山に祈る」
ヤン・ヴァン=デル=ロースト/交響詩「モンタニャールの詩」
※HP:http://www.primoensemble.tokyo/concert/index.html
演奏会チラシ演奏会チラシ



タグ:音楽 演奏会案内 ファゴットコメント(0)

■投稿日時:2018/01/06(土) 16:24    ■カテゴリ:MUSIC

『年末年始に全国から精鋭が集まり京都府宮津で合宿、1/4に尼崎のアルカイックホールで演奏会』の吹奏楽団Festaで音楽と真摯に向き合う濃い時間を過ごし、演奏会を無事盛大に終えました。今回もとても充実した活動ができて強い余韻が続いています。

乗った曲について


今回はコントラファゴットが編成に入る曲が多く、乗り曲としては主にコントラファゴットを吹いて本編最後のジャポニスムでようやくファゴットという珍しいパターンでした。大きい楽器への切り替えは楽だけど逆は難しいので、常にファゴットを基準に状態を整えていました。

・ステージ上のコントラファゴット
ステージ上のコントラファゴットステージ上のコントラファゴット
・アルカイックホール、リハーサル時
吹奏楽団Festa・あましんアルカイックホール吹奏楽団Festa・あましんアルカイックホールあましんアルカイックホールの客席あましんアルカイックホールの客席
軽騎兵。中橋愛生アレンジで大編成用、コントラファゴットの他アルトフルートなども入っています。かなり分厚い編成はこの時代の管弦楽の素直なサウンドとは全く異なり賛否両論あるかもしれません。シャープ系で低音楽器同士で音程を合わせるのに苦労しました。クラリネットの速い連符はかなり難しそうでした。

ロシアンクリスマス。A.リードの初期作品、ロシアでは1月7日がクリスマスということで選曲。クラリネット属のハーモニーやイングリッシュホルンのソロ、コントラバスのピッツィカートの連続が印象的、それぞれ見事でした。吹く所は多くありませんでしたが、チューバやコントラバスクラよりオクターヴ低いLowDで全体を根底から支えるのは醍醐味でした。ちなみにスコア通りに演奏するにはバスサックスの他、コントラバスクラが2本必要ですが今回は片方はコントラアルトクラで演奏しました。

アスファルトカクテル。ニューヨークのタクシーが疾走するスリルを表した曲で変拍子や攻撃的なサウンドが特徴的。騒がしくカオスになりがちですが統制がとれていました。ファゴットもですがコントラファゴットが単独で動く部分が珍しくあって楽しんでバリバリ吹きました。この曲の後は熱すぎて高揚感を抑えて切り替えが必要でした。なおファゴットは1stと2ndの音域がなぜか完全に逆転しています。

三つのジャポニスム。ありのままの日本ではなく、フランス的なセンスを通して見た日本を日本人が作曲するという珍しい作品。ここでようやくファゴットに持ち替え、ファゴットらしいスタッカート、滑らかなハーモニー、短いソロ等を頑張りました。一度演奏したことがありますが当時よりも楽曲を理解し、周りの各楽器らしさも活きていてのめり込んで演奏でき、日本らしいサウンドが改めて好きになりました。見所は和太鼓等多彩な打楽器、特に巨大な桶太鼓はステージ上で非常にインパクトがありました。
巨大な桶太鼓巨大な桶太鼓
アンコール1曲目はキャラバンの到着。リズムが難しいアレンジでしたがドラムはとても上手いしブラスセクション等もポップスの吹き方で本編とのギャップ、Festaの幅広さを出せたと思います。

アンコール最後は定番のアッピア街道の松。フェスタの元になったバンドフェアから続いています。ソロがあるバスクラ、イングリッシュホルン、ファゴットにとって特に緊張感があります。クライマックスに向けてコントラファゴットで根底から支えました。

本番演奏について


本番は今回出られない人やスタッフと共にステージに乗ったつもりです。本番中は緊張の中でとにかく「今を楽しまなきゃ」と思っていました。これだけのスキルや仲のメンバーが集まってできる今回最後のチャンスであるし。出入りする時に全体を見渡して改めてそんなことを実感していました。アンコールラストの「アッピア街道の松」の後半からはそういう想いが強くなり、終わってほしくない名残惜しさがあふれました。

全体的に振り幅の広い曲目だったと思いますが、あらゆる楽器の各奏者のセンスが光ってFestaらしい素晴らしい演奏ができたと思います。合宿では楽曲の理解や同じセクションとの合わせを通じてどんどん一体感が増していくのを感じていました。レベル高いメンバーによる自発性と修正スキルによって急成長していく充実の日々でした。ただの合同演奏ではない、自己満足でもない、録音も活用し、短期間ながら皆で真摯に作り上げた奇跡的な演奏だったと思います。最近は管弦楽を演奏する機会も多いですが、吹奏楽の良さを再認識してとても刺激になりました。

合宿について


年越しアンサンブルはファゴット四重奏、P.D.Q.Bach(ピーター・シックリーの冗談音楽名義)の Lip My Reeds を演奏しました。最低音を半音下げる筒を使ったりリードでだけで吹いたり通常出せない高い音を出したり(難しいHighFが全て当たって良かった)する変わった曲でした。毎回パートには苦労をかけますが何かしら挑戦的な要素を入れています。

・簡易LowA延長管、100均の色画用紙一枚で十分
ファゴットの簡易LowA延長管ファゴットの簡易LowA延長管
人数の多かった同学年は今回は7人にまで減ってしまいました。今回は本番が木曜日で仕事の都合だったり結婚が増えたりとそれぞれ事情がありました。東海大も自分1人だし、後輩を連れてきたいですね。

最後に


今回もスタッフの皆様に本当にお世話になりました。様々に想定された運営で色々お気遣い頂いたり見えないところでも沢山のサポートをして頂き、音楽作りに集中できました。ありがとうございましたm(_ _)m

去年2月に救急車で運ばれた経験もあり、いつも出られるとは限らないし貴重な時間を大切にしようと臨んでいました。また是非今回乗ったメンバーや今回出られなかった方々、皆さんが紹介する新規メンバーと一緒に演奏したいです。関係者の皆様、ありがとうございました!

・演奏会翌朝のアルカイックホール
あましんアルカイックホールあましんアルカイックホール
P.S. 今回のファゴットパートの4人5楽器の定価総額は1130万円…!!みんな世間一般より高い楽器を使っていてこんな豪華な吹奏楽団はなかなかありません。

・自分のファゴットとコントラファゴット
ファゴットとコントラファゴットファゴットとコントラファゴット

吹奏楽団Festa ~ New Year Concert 2018


【日時】2018年01月04日(木) 12:00当日券販売 13:00開場 14:00開演
【場所】兵庫県・尼崎市総合文化センター あましんアルカイックホール
【指揮者】濱本 広洋、田中 智章
【入場料】全席指定、有料 ※吹奏楽団Festa公式サイト参照
【曲目】
◆1部◆
ラデッキー行進曲【原調版】(J.シュトラウス1世/高橋徹)
喜歌劇「軽騎兵」序曲(F.v.スッペ/中橋愛生)
斐伊川に流るるクシナダ姫の涙(樽屋雅徳)
ロシアン・クリスマス(A.リード)

◆2部◆
アスファルト・カクテル(J.マッキー)
シンコペーテッド・クロック/ブルー・タンゴ/そりすべり(L.アンダーソン)
三つのジャポニスム(真島俊夫)

◆アンコール◆
キャラバンの到着(Michel Jean Legrand/真島俊夫)
ジャパニーズ・グラフィティXVI 坂本冬美メドレー(Koushou Inomata,Masaaki Mori,Takashi Miki/Takashi Hoshide)
交響詩「ローマの松」より「アッピア街道の松」(O.レスピーギ)
Festa演奏会チラシFesta演奏会チラシhttp://www.appiafesta.com/official/main.html



タグ:音楽 演奏会案内 吹奏楽 ファゴット コントラファゴットコメント(0)

■投稿日時:2017/12/29(金) 10:34    ■カテゴリ:MUSIC

毎年恒例になりました「年末年始に全国から集まり京都府で合宿、1/4に尼崎で本番」の吹奏楽団Festa、今回も参加します。今回で9年連続9回目の参加となり、もはや欠かせない生活の一部になっています。

吹奏楽団Festaは年末年始の6日間だけ活動する団体で、そこに集まるのは音楽に対する意識や技術のレベルが本当に高いメンバーばかりです。各地から全国大会に出たり指導者になったりして活躍したり、音大に入り直してプロ活動をしている人もいたり、それぞれが音楽に対する豊富な経験や考え方を持っていて、リスペクトできる人達ばかりです。最初の合奏時点でも完成度が高く、そこからさらに修正を繰り返し急成長していく濃い日々は他では味わえません。ハイレベルな音楽作りに参加できて本当に刺激になります。

そしてテーマとして「絆」を掲げ、仲間意識が高いのも特徴です。単なる技術集団であれば、どこか感動が薄い演奏になってしまいます。演奏者としてのお互いのリスペクトや、また同じメンバーで演奏をしたいという想い、参加できないメンバーへの想い、専属スタッフへの感謝、様々な想いを持つことで、その技術という素材の良さを魅力的に活かすことができるのだと思います。

そんな技術も仲間意識もあるメンバーで実質4日半の合宿で大きな演奏会を作り上げます。そのためにも合宿前から演奏者もスタッフも様々な準備が進んでいます。曲目は以下に書きますが、第一印象は「なぜ年明けにクリスマス?」かと思いますが、ロシアのクリスマスは1月7日なのです。それぞれ表現のテイストの異なる曲目で、各曲の意味すること、背景は何であるか、それぞれを理解して音楽を作り上げていきます。

今回もファゴットとコントラファゴットを持って行きます。真摯に音楽作りに取り組みつつ絆を深め、良い緊張感の中でFestaらしい熱く一体感のある演奏ができたらと思います。関係者の皆様よろしくお願いします!そして関西方面の方はぜひお越しください!

・合宿場のファゴットとコントラファゴット
合宿場のファゴットとコントラファゴット合宿場のファゴットとコントラファゴット
・あましんアルカイックホール
演奏会演奏会演奏会演奏会あましんアルカイックホールあましんアルカイックホール

吹奏楽団Festa ~ New Year Concert 2018


【日時】2018年01月04日(木) 12:00当日券販売 13:00開場 14:00開演
【場所】兵庫県・尼崎市総合文化センター あましんアルカイックホール
【指揮者】濱本 広洋、田中 智章
【入場料】全席指定、有料 ※吹奏楽団Festa公式サイト参照
【曲目】
ラデッキー行進曲【原調版】(J.シュトラウス1世/高橋徹)
喜歌劇「軽騎兵」序曲(F.v.スッペ/中橋愛生)
斐伊川に流るるクシナダ姫の涙(樽屋雅徳)
ロシアン・クリスマス(A.リード)
アスファルト・カクテル(J.マッキー)
シンコペーテッド・クロック/ブルー・タンゴ/そりすべり(L.アンダーソン)
三つのジャポニスム(真島俊夫)
演奏会チラシ演奏会チラシ
P.S. 過去のFestaで達成感が特に大きかったのは2011年に演奏したバーンズの交響曲第3番、その時のライブ録音がCDになっています!あの壮大な曲をコントラファゴットで根底から全体を支えました。「やりきった!」その後は客席というステージからの盛大な拍手の演奏をステージという客席で聴いているかのような、とても感動的な初めての感覚になりました。




タグ:音楽 演奏会案内 吹奏楽 ファゴット コントラファゴットコメント(0)