みやだい日記

【欅坂46】過去最大の試練?夏の全国ツアーとロック系フェス、その後の方向性

■投稿日時:2017/12/07(木) 02:29  ■カテゴリ:MUSIC

前回は欅坂46・平手友梨奈は天才という記事を書きました。その圧倒的な表現力、カリスマ性に惹かれ、欅坂46への興味が続いています。今回はその続編を書いてみます。

夏の全国ツアーとフェス


8月に神戸から始まった初の全国ツアー、タイトルは1stアルバムと同じ「真っ白なものは汚したくなる」。最高の野外ライブだった「欅共和国2017」の後で期待感が高まっていたが、欅坂46史上最大の試練となった。センターの平手友梨奈が体調不良で演目の終盤で退出したり、欠席したりする公演があった。ツアー前の握手会での発煙筒事件や「月曜日の朝、スカートを切られた」の歌詞への批判などが影響したのではとも思われた。平手はそのカリスマ的オーラから忘れられがちだが、欅坂46の中で最年少、高校1年生の16歳であった。

・未来の憂鬱を予見するようなアルバムのジャケット写真
欅坂46・1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」欅坂46・1stアルバム「真っ白なものは汚したくなる」
さらに8月は全国ツアー以外も ROCK IN JAPAN FESTIVAL や SUMMER SONIC、TOKYO IDOL FESTIVAL といった外部のフェスにも出演予定という怒涛のスケジュールで心配された。特にロッキンはGRASSステージという6万人もの客の前でのパフォーマンス、しかも客層はジャンル違いのロックファンであり、場違いのアイドルが登場することで客の退場やブーイングなどの可能性もあった。結果としてロッキンは攻めのセットリストでロックファンを巻き込んで大成功を収めたが、TIFでは明るい曲でも顔面蒼白でうつむいて髪で顔を隠したり、メンバーに支えられる場面があり、体調が心配された。

そんな満身創痍で駆け巡った全国ツアーの千秋楽、幕張2日目では他の公演にはないダブルアンコール。「自分の棺」という平手のソロの不気味な曲の後、不穏な空気の中でメンバー同士が灰を掛け合ってTシャツを破り、平手が打たれて倒れて血糊が付く演出から「不協和音」が始まる。不協和音はかなりエネルギーの要る曲で、体力の限界を超えた状態からの気迫のパフォーマンス。血まみれの平手は不敵な笑み。私は行っていないが、この一連の演出に客は度肝を抜かれ不気味なぐらいの恐ろしさを感じただろう。もはやアイドルのコンサートの演出ではない。

全国ツアー後も平手はTV番組では表情が暗くなり病んでいるかのように見える場面も何度となくあった。インタビューによると、曲に入り込み過ぎて「戻ってこれなくなる」という事があったようだ。憑依型と言われる平手のパフォーマンススタイルの弊害とも言える。特に不協和音は強い曲のようで、今後は安易に選曲できないかもしれない。平手の調子が悪かったり不在という予想外の事態の試練からメンバーにも変化があったようだ。誰かがいなくてもその穴を埋めるぐらいの意識で頑張ること、孤高の平手を気にかけること、そして1人1人の意識が高まり結束はより固くなった。初めての全国ツアーとフェスは未熟な欅坂にとって危うさを感じたと共に成長する良い機会になっただろう。

5thシングル「風に吹かれても」


全国ツアーの爪痕とでも言うべきか、闇が残る状態から発表された5thシングル「風に吹かれても」。そこにあったのは、平手を含みメンバー全員がスーツ姿で笑顔で軽快に踊る姿だった。今までとは系統の違う明るい曲調、軽快なダンスによる表現、男性的なスーツ衣装。曲が持つメッセージも従来の「大人への反抗」から、歌詞で何度も出てくる"that's the way"=「そんなもんさ」という「受容」へと様変わりした。欅坂46には今まで「レジスタンス」という一貫したテーマがあったように見えたが、今作で大きく変化した。

・欅坂46の5thシングル「風に吹かれても」


欅坂46のカラーは一体何なんだろうか?と考えさせられる。でもそこに欅坂46の面白さがある。次に何が来るのだろう?とワクワクさせられる。平手がインタビューで「ちょうど思っていた事が曲になって現れる」という風に語っていた。もしかしたらプロデューサーの秋元康氏が平手の心情を一歩先取りして曲を用意しているのではないか。欅坂46のテーマは実は平手の変化そのものを具象化するものなのではないか。

欅坂46が向かう方向


欅坂46は女性アイドルグループであり、基本的な客層は男性である。しかし乃木坂46の清楚なイメージとは全く異なり、女性的というよりはカッコいいイメージで主張もロックだ。アイドルなのかアーティストなのかという議論も巻き起こる程、従来の女性アイドルの概念に当てはまらない存在だ。様々なアーティスト、芸能人、政治家にも影響を与え、アイドルに興味がなかった層の取り込みにも成功している。そんな中、渡邉理佐、渡辺梨加といったビジュアルメンバーがファッション誌の専属モデルになるなど、ある意味でアイドルらしい面も出てきた。このことで女性のファン層を増やすこともできた。

・平手はロック専門雑誌「ROCKIN'ON JAPAN」の別冊で44ページも特集された
ロッキン・平手友梨奈ロッキン・平手友梨奈
しかし欅坂46には、カリスマの平手が中心になっていることや、メンバーの絆が強いが上の危うさがある。女性アイドルはいわゆる「賞味期限」が短く、女優やアーティストなど次のステップへの足がかりとして加入しているのであり、いずれは誰からか将来に向かって旅立つことになる。他のグループならばメンバーの卒業というものを何度となく経験しているが、欅坂46はいまだにない。もし誰かが卒業した時に、何かが一気に崩れてしまいそうな危うさがある。特に平手が卒業する時、欅坂46は無くなってしまうかもしれない。

欅坂46はどこへ向かうのだろうか。それが分からないから面白いのかもしれない。前例のないグループとして今しかできないことを全力でやり遂げて成長していき、驚くような結果を楽しませてくれる。そんなパイオニア的存在だからワクワクするし魅力的なのかもしれない。

♪平手友梨奈がセンターを務める欅坂46の1stアルバム(Type-A)はこちら:




【関連】日記タグ「欅坂46」



タグ:音楽 動画 欅坂46 平手友梨奈コメント(0)


← 次の記事[2017年の振り返り、自分にとっての「今年の漢字」と「今年の一枚」は?

【演奏会後記】ヨコハマベイフィルハーモニー Winter Concert 2017(潮田地区センター)]前の記事→



コメント一覧

この記事へのコメント一覧

コメントがありません。


コメントを書く

この記事へのコメントを投稿

記入者(*)

コメント(*)

(*)は入力必須項目