みやだい日記

ビュッフェ・クランポンとデュカスのバソンを試奏しました

■投稿日時:2017/01/07(土) 13:45  ■カテゴリ:MUSIC

兵庫県尼崎市で行われた吹奏楽団フェスタの演奏会の翌日、大阪の楽器屋さんのアトリエアルファを訪れました。アトリエアルファさんは過去にファゴッティーノとファゴットアンサンブルの譜面の購入でお世話になっていましたが、場所が大阪ということもあり実際にお店に訪れるのは初めてでした。

お店は新大阪駅と西中島南方駅(御堂筋線)の中間のマンションの一室にあります(普通のマンションの中なので迷いました)。

・西中島南方駅
御堂筋線の西中島南方駅御堂筋線の西中島南方駅・アトリエアルファのあるマンション
アトリアルファのあるマンションアトリアルファのあるマンション店長さんにバソンに興味があることを話ししたら親切にバソンについて色々と教えて頂き、店内にあった楽器も吹かせて頂きました。吹いたのはビュッフェ・クランポンとデュカス(セルマーの技術者が製作)の2本です。

バソンを吹いた感想


吹いた感想は(あくまで少し吹いただけの私見ですが):

まず指の位置と手の角度の違いに苦労しました。特に右手はハンドレストがない関係で持つ角度が少し異なり、余計なキーを押してしまったり大きいLowEホールを親指で完全にふさぎきれなかったりしました。ウィスパーキーとC#キーが左手小指にあったり、ロングジョイントもすべて親指キーで操作したり等、とにかく指の慣れが必要です。まるでファゴットを始めた時のようなぎこちない音の出し方になりました。

音色はファゴットよりも芯がはっきりして明るく、軽く鳴らすような感じでした。リードはファゴットのものより若干長い形で薄い削り方のように感じました。薄いためか発音はファゴットより抵抗が少なくて楽かもしれません(同じくフランスのサリュソフォーンの時も感じました)。面白いのはファゴットのリードに替えるとファゴットのような柔らかな響きに包まれた音色に変わるのです。

クランポンよりデュカスの方が操作がしやすく、若干ファゴットに近い響きで音量も大きいような気がしました。おそらくクランポンは伝統を守っている楽器で、デュカスはファゴットも参考にして様々な改良を加えているのだと思います。
バソンバソン

所感


バソンを体験した結果、ファゴットが吹けてもそのままバソンが吹けるわけではないということを実感しました。楽器の納期はクランポンは2年以上と長く、楽器が入手できたとしてもレッスンは必須ですがただでさえプロ奏者は少ないので、そこからハードルは高いですね(リードの手配も同様)。オケでファゴットとバソンが共存することについては、ファゴット同士でも機種によって性格が異なるぐらいだから問題ないともおっしゃっていました。周りの奏者もその違いにあまり気づかないようです(クラリネットは敏感なようですが)。楽器やリードによって音色が随分変わるので、あえてバソンを使ってどんな音を出したいかも重要になってきます。

実際に触れてお話を聞いてバソンの理解を深めることができました。今のところ興味はありますがまだ踏み切れない(安易に踏み込んではいけない?)ような気がしています(もちろんお金の問題もありますが)。今後も動向を追いつつきっかけがあればバソンを始めることもあるかもしれません。バソンに興味がある方はぜひアトリエアルファさんに相談してみると良いと思います。

今回は棚に大量にあるファゴットアンサンブルの譜面をいくつか購入して帰りました♪
ファゴットアンサンブルの譜面を購入ファゴットアンサンブルの譜面を購入
吹奏楽団フェスタで使ったファゴット属3種(ファゴット、コントラファゴット、ファゴッティーノ)と新幹線で帰宅。3つを吹いたフェスタと試奏したバソンと、ファゴットまみれを楽しみました♪
ファゴット属3種と新幹線に乗るファゴット属3種と新幹線に乗る※3席使ってますが自由席で停車ごとに楽器をどかして座る人が居ないのを確認してこのような置き方をしています。



タグ:音楽 バソン 大阪コメント(0)


← 次の記事[コントラファゴットのスタンドの比較 ~ コンパクト軽量から安定性重視まで

【演奏会後記】吹奏楽団Festa ~ New Year Concert 2017]前の記事→



コメント一覧

この記事へのコメント一覧

コメントがありません。


コメントを書く

この記事へのコメントを投稿

記入者(*)

コメント(*)

(*)は入力必須項目