みやだい日記

3.11から4年を迎えて

■投稿日時:2015/03/11(水) 23:34  ■カテゴリ:DIARY

今日は「3.11」からちょうど4年の日。

都内に居た自分にとっても、人生で最も衝撃的な出来事で、人生観が大きく変わった日でした

あの日体感した事を記した生々しい長いメモを読み返し、改めて3.11と向き合いました。

少し忘れ始めている事も感じ、忘れてはいけないと、より詳しく加筆して記録に残しました。

少しそのときの事を書くと、地震直前に建設中だった東京スカイツリーを見に行っていました。
日本一高いタワーを見上げて、もし今地震が起きたらとふと考えてしまった事を覚えています。

そしてこの場所で、大きな揺れに見舞われました。今までに体感した最大の揺れで、とても恐ろしかった…。

その日の体験の詳細については、書くかどうかまだ迷っているというのが本音です。

でも4年目を迎え「風化してしまう事が恐い」と思うようになったので、いつかどこかにまとめようと思います。

最近知ったのは不幸中の幸い、東京スカイツリーの工事現場ではけが人すらいなかったそうです。本当に良かった…。

改めて、本当の意味での「完全復興」を強く願います。

特に、原子力発電所、放射性廃棄物の問題。今の文明では抱えきれない、巨大な負の遺産です。

文明の一員として、結果的にでもその恩恵を受けている身として、他人事であってはいけません。

原発によって故郷を奪われている人達の事を考えると、心が苦しいです…。

自分が携われることについて、改めて考えて行動していきます。



タグ:時事ネタ 災害コメント(0)


← 次の記事[昨日開業した上野東京ラインに乗ってみた

2015年3月JRダイヤ改正を考える]前の記事→



コメント一覧

この記事へのコメント一覧

コメントがありません。


コメントを書く

この記事へのコメントを投稿

記入者(*)

コメント(*)

(*)は入力必須項目