みやだい日記

福岡旅行2日目まとめ

■投稿日時:2014/10/06(月) 23:23    ■カテゴリ:PHOTO

1日目に続き、2日目は午前中は少し離れた太宰府へ、午後は再び博多に戻ってきました。

太宰府


太宰府は西鉄福岡(天神)駅から西鉄大牟田線で行きましたが偶然専用の急行列車、太宰府観光列車~旅人(たびと)が来たので乗りました。特別料金不要だし本当にナイスタイミングで雰囲気を味わえました。
太宰府観光列車~旅人(たびと)太宰府観光列車~旅人(たびと)
車内は広告変わりに太宰府の紹介
太宰府観光列車~旅人(たびと)太宰府観光列車~旅人(たびと)
■3.太宰府天満宮
太宰府天満宮太宰府天満宮天神から急行列車で30分ほどで到着、菅原道真を祭る学問の神様として知られる神社。学問の神様ということですが夫婦円満、除災、招福など様々なご利益があります。参道は商店が並び名物「梅ケ枝餅」を売っています。外国人も多いエリアでしたね。裏の茶屋に居た猫とすぐ仲良くなれました。

■4.天開稲荷神社
天開稲荷神社天開稲荷神社太宰府天満宮の裏手の山にある九州最古の稲荷神社。千本鳥居で有名な京都の伏見稲荷退社をコンパクトにしたような雰囲気です。神社裏の「奥の院」は雰囲気のある石室でした。

太宰府を去り再び天神に戻ります。

天神・中洲・昼食


■5.天神・中洲
天神・中洲天神・中洲天神は大きなデパートや地下街のある九州一の繁華街。中洲は飲み屋さんやホテルが多い九州一の歓楽街。いずれも夜は屋台でにぎわう。

那珂川の橋は海風が心地よい。徐々に晴れてきて足も大分疲れてきた。天神の地下街で食事。南北に伸びる長い地下街なので食事処まで歩くのが結構疲れました。
天神地下街での昼食天神地下街での昼食
カフェで休んでからホークスタウンへ。

ホークスタウン・福岡タワー


■6.ホークスタウン
ホークスタウンホークスタウン地下鉄から海側に15分ほど歩く所にある複合商業施設。ショッピングモールと天井開閉式の福岡ドーム(ヤフオク!ドーム)、高さ143mの大きなホテルのヒルトン福岡シーホークがあります。モールにはAKB48の姉妹グループのHKT48劇場がありました。スタジアムもあるし東京なら地下鉄がありそうな場所ですがちょっと不便に感じました。モールはシャッター街の所もありややさびれぎみ?というのが本音。

大きな福岡ドームから離れヒルトン福岡シーホークを横目に進んでいきます。ヒルトンは大きくてきれいでとても絵になる建物です。
絵になるヒルトン福岡シーホーク絵になるヒルトン福岡シーホーク
海沿いに歩く道はきれいに整備されたみなとみらいのようなエリアで心地よかったです。
心地よい並木道心地よい並木道
■7.福岡タワー
福岡タワー福岡タワー福岡タワーは平成元年にアジア太平洋博覧会(よかトピア)の時に建てられた海沿いにある高さ234mのタワーで日本一高い海浜タワー。高さ123mの展望室から多湾や市街地を幅広く見渡せます。悪天候続きだった福岡ですがなんとか遠くまで景色をが見ることができました。広い博多湾には金印発見場所の志賀島、自然豊かな能古島、玄界島などがあります。

ここは特に中国や韓国の観光客が多かった印象です。思えば博多は地理的に大陸に近いですね。大阪とソウルがほぼ同じ距離と知って驚き。
さて足はもうかなり疲れたのでタワーのロビーで長い休憩。ここでお土産で買った福岡八女茶ダクワーズは美味しかった。

博多に戻る時に乗った路線バスは珍しく高速道路を通りました。それでも普通の220円!臨海ルートで湾を眺めたり巨大な客船が居たり、図らずも港湾地区の心地よい風景を堪能できました。横浜なら本牧から湾岸の高速に乗って横浜駅前に着くイメージですかね。

夕食


博多といえばとんこつラーメン。天神、中洲、長浜の屋台が有名ですが、博多駅の筑紫口側の街中にあるラーメン屋さんに行きました。とろとろ炙りチャーシューが名物の「めんくいや」さん。
博多「めんくいや」博多「めんくいや」本場の博多ラーメンにチャーシュー尽くしで幸せでした!

食後は駅前のヨドバシカメラに寄りもっと良いカメラがほしいなぁと商品を眺めたり、博多駅で土産を買ったりしました。明太子系が大量にありましたね。

さて次は最終日の3日目。文章を書くは得意ではないのでだいぶ辛くなってきましたが(^^;)旅が充実していただけに全部書こうとして破綻するパターンでしょうか…。がんばってまとめていきます。

☆続きの3日目はこちら

【関連】日記:福岡旅行1日目まとめ日記:福岡旅行3日目まとめタグ:旅行まとめ



タグ:旅行 写真 九州 福岡 旅行まとめ 福岡旅行2014コメント(0)


東海大学吹奏楽研究会・全国大会金賞!サイト上掲載写真のご利用と禁止事項について



コメント一覧

この記事へのコメント一覧

コメントがありません。


コメントを書く

この記事へのコメントを投稿

記入者(*)

コメント(*)

(*)は入力必須項目